戸建ての浴室リフォームの費用、浴室を広げる方法や施工事例10選

戸建て風呂リフォーム

「昔ながらのタイル張りの浴室を、思いきって最新の浴室にしたい!」

「築10年以上経って、老朽化してきたお風呂をそろそろリフォームしたい!」

など、戸建ての浴室リフォームを検討中ではありませんか?

戸建ての浴室リフォームで気になるのは、

「費用はどのくらい?」 「どんなお風呂にできるの?」 「リフォーム業者はどこがいい?」 「工事の日数はどのくらい?」 「サイズアップは可能なのか?」などではないでしょうか。

この記事では、これらの疑問にお答えしていきながら、「理想の浴室リフォームを最安値でできるよう」、リフォーム会社を選ぶノウハウや見積もりを取る際のポイントも解説します。

意外と知らないリフォームを進める際の裏技もお伝えするので、ぜひ読み進めてみてください。

お風呂リフォームの費用と相場


1.戸建ての浴室リフォームのパターンと費用

戸建ての浴室のリフォームをする際、

まず聞かれることは、

「今の浴室は在来浴室ですか?ユニットバスですか?」

そして在来浴室であれば、

「ユニットバスにしますか?それとも在来のままのリフォームですか?」

の2点です。

なぜなら、今の浴室の状態と、どんな浴室にしたいかで、工事の内容、日数、費用が変わってくるからです。

「在来浴室」とは、在来工法と言い、その家に合わせた広さ、形、自由な素材でオーダーメイドする浴室のことです。古い家の浴室に見られ、防水のためタイル貼りになっています。

これに対し、「ユニットバス」とは、寸法や素材などの規格があり、工場で生産されたものを言います。TOTOなどのメーカーが商品化しているものを、施工会社が現場で組み立てる、という工事になります。

「現在の浴室がどちらのタイプ」で「リフォームでどんな浴室にしたいのか」のイメージが持てましたら、それぞれのリフォームパターンの費用相場を見ていきましょう。

戸建ての浴室リフォームの3パターン 費用相場
1-1.タイル張り(在来浴室)をユニットバスへリフォーム 80~200万円
1-2.タイル張り(在来浴室)のままリフォーム 浴槽のみ交換:20万円~
浴槽交換+パネル上貼り:60万円~
浴槽交換+タイル貼り換え:60万円~
1-3.ユニットバスを交換するリフォーム 70~110万円

1-1.タイル張り(在来浴室)をユニットバスへリフォーム

戸建ての在来浴室のリフォームを検討される方は、掃除の楽さ、防水、施工性の高さ、費用、バリアフリーなどさまざまな観点から、「ユニットバス化」を選ぶ場合が多いです。

タイル張りの在来浴室をユニットバスにするリフォームは、主に以下のような工程でリフォーム工事が進みます。

  • タイルの解体工事
  • 基礎のコンクリート打ち
  • ユニットバスの組み立て

タイル張りをユニットバスへリフォームした事例