防音リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

暮らしぶりを大きく変えてくれる「防音リフォーム」。

しかし防音リフォームについては、

  • どの程度の防音効果があるのだろう?
  • どんな施工方法でリフォームできるのか?
  • 費用は、どれくらいかかるのか?

といった疑問を持っている人は非常に多いはずです。

今回は防音リフォームを検討している人向けに、

  • 防音リフォームを実施するメリット
  • 防音リフォームの種類
  • 防音室を作るために、必要な費用

などについて解説します。

1.防音リフォームのメリット

まずは、防音リフォームのメリットについて考えてみましょう。

具体的には、

  • 近所トラブルを回避できる
  • 外界騒音を防いで、快適に生活できる
  • 趣味を楽しめる

といったメリットがあります。

それぞれについて、詳しく解説します。

1-1.近所トラブルの回避

防音リフォームを施工なら、生活音を発端とした近隣トラブルが避けられるでしょう。

隣室や隣家から聞こえてくる音は、生活するうえでかなり大きなストレスです。

「隣の人に迷惑だったかも…」と思ったことがある人も、多いのではないでしょうか?

しかし防音リフォームをすれば、近所の人々に迷惑をかけることはグッと減るでしょう。

特にマンション住まいや、隣家が近い場所に住んでいる場合、防音リフォームはより効果的です。

防音リフォームなら、近隣トラブルのほとんどが避けられるでしょう。

1-2.外界騒音を防ぎ快適な生活

自宅からの音漏れをおさえられるなら、外から聞こえる音もおさえられます。

たとえば、

  • 電車の音
  • 自動車のエンジン音
  • 隣家の生活音

などですね。

やはり近隣の環境によっては、

  • 外から音がうるさい
  • 隣の人が、さわがしいな…

と感じる場面もあるでしょう。

しかし防音リフォームがあれば、外から聞こえてくる音はかなりおさえられます。

1-3.趣味を楽しめる

防音リフォームされている部屋があれば、音楽やダンスなどの趣味を存分に楽しめます。

防音室なら、音漏れについてはほとんど心配する必要はありません。

  • マイクを使って歌唱する
  • アンプにつないでギターを弾く
  • ダンスのレッスンをする

といったことも、なんの心配もなく楽しめます。

また、時間帯について心配する必要も、ほとんどなくなるでしょう。

2.防音リフォームの施工方法

一口の防音といっても、リフォーム内容はさまざまです。

防音リフォームを4つに分けるなら、

  • 遮音
  • 吸音
  • 防振
  • 制振

の4つに分けられます。

それぞれの施工内容と効果について解説するので、参考にしてください。

関連記事:目的別!防音リフォームの費用をわかりやすく解説

2-1.遮音

遮音とは、そのまま音を遮るという意味です。

これにより、内側からの音漏れや外側からの騒音をおさえられます。

また、音の残響をおさえる効果も。

床材の真下に「遮音材」や「遮音マット」を敷き詰めて、音が遮断されるようにします。

遮音材や遮音マットがあれば、

  • 何かが落ちた音
  • 人が歩く時の足音

などの音が緩和されるようになります。

また複数の遮音材や遮音マットを組み合わせて、より高い防音効果を得る、といった方法もあります。

遮音をほどこす防音リフォームの場合、おおむね30万円から60万円の費用が必要です。

遮音は、近所トラブルや外界騒音の社団、趣味を楽しむことまで、幅広い目的に合った方法と言えるでしょう。

2-2.吸音

吸音とは、簡単に言えば材料に音を吸収させることで防音効果を得ることです。

これにより、内部の音をおさえ、周りへの反響もおさえられるようになります。

吸音には、「吸音材」というものが利用されます。
これを壁内や床に挟み込むことで、内外からの音が吸収されるわけです。

素材としては、グラスウールなどの化学繊維がよく使われています。

吸音については、おおよそ15万円から40万円程度の費用がかかります。

吸音は、特に趣味を楽しむうえで役立ちます。
なぜなら楽器や運動の音を、しっかりとおさえてくれるからです。

もちろん、近所トラブルを避けるうえでも役立つでしょう。

2-3.防振

防振とは、音の振動をできるだけおさえて、音が伝わりづらくすること。

地震の揺れをおさえる、といったものではありません。

防振材を利用すれば、壁や床の向こう側に音が響きづらくなるわけです。
防音リフォームとしての防振では、フェルトなどが素材として利用されます。

費用としては、おおむね15万円から25万円ほどかかるでしょう。

特に趣味を楽しむうえで、防振は重要です。
もちろん、近隣に迷惑もかかりづらくなるでしょう。

2-4.制振

制振とは、音の振動自体をできるだけおさえること。
ゴムや鉛などでできた素材を当てることで、そもそも音が出ないようにします。

費用としては、おおむね15万円から25万円ほどかかるでしょう。

制振は自宅から出る音をおさえられるので、近所トラブルも避けやすくなります。
また、趣味を目一杯楽しむといって意味でも重要でしょう。

3.【場所別】防音リフォームの方法・費用・工期

防音効果を得るためには、

  • ドア

など、さまざまな場所を防音リフォームする必要があります。

そして、場所ごとでリフォームの方法や費用もさまざまです。

下記では、防音リフォームの場所・方法・費用について解説するので、参考にしてください。

3-1.床の防音リフォーム方法・費用・工期

場所 方法 施工内容 なに向け対策 費用 工期
遮音 防音機能の床材に張り替え ・近所トラブルの回避
・外界騒音を防ぐ
25〜30万円 1〜3日
吸音 吸音マットに張り替え ・趣味を楽しめる
・外界騒音を防ぐ
15〜40万円 1〜3日
防振 フェルト素材の防振材の張り替え ・近所トラブルを回避
・趣味を楽しめる
15〜25万円 1〜3日
制振 ゴムシートの制振材の張り替え ・近所トラブルの回避
・趣味を楽しめる
15〜25万円 1〜3日

 

3-2.壁の防音リフォーム方法・費用・工期

場所 方法 施工内容 なに向け対策 費用 工期
遮音 防音機能の壁材に張り替え ・近所トラブルの回避
・外界騒音を防ぐ
12〜15万円 1〜3日
吸音 壁を吸音マットに張り替え ・趣味を楽しめる
・外界騒音を防ぐ
12〜15万円 1〜3日
防振 フェルト素材の防振材の張り替え ・近所トラブルを回避
・趣味を楽しめる
15〜25万円 1〜3日
制振 ゴムシートの制振材の張り替え ・近所トラブルの回避
・趣味を楽しめる
15〜25万円 1〜3日

 

3-3.窓の防音リフォーム方法・費用・工期

場所 方法 施工内容 なに向け対策 費用 工期
遮音 二重窓を取り付ける ・近所トラブルの回避
・外界騒音を防ぐ
5〜10万円 1〜2日
吸音  複層ガラスに張り替える ・近所トラブルの回避
・外界騒音を防ぐ
5〜20万円 1〜2日

3-4.ドアの防音リフォーム方法・費用・工期

場所 方法 施工内容 なに向け対策 費用 工期
遮音 防音材が含まれたドアに交換 ・近所トラブルの回避
・趣味を楽しめる
15〜30万円 1〜2日
吸音 吸音材が含まれたドアに交換 ・近所トラブルの回避
・外界騒音を防ぐ
15〜30万円 1〜2日

3-5. 天井の防音リフォーム方法・費用

場所 方法 施工内容 なに向け対策 費用
天井 防振・制振

天井裏に空間がある場合:吸引材などの充填内容

構造躯体がむき出しで天井裏がない場合:天井に空間を作り、吸引材などを充填

上階の足音などの振動音を回避 40万円~

これは、天井から伝わる音というのは、上階にいる人の足音などの「振動」によって伝わるため、単に遮音シートを貼るなどの施工では防ぎきれないからです。天井の防音リフォームは、他の場所の防音リフォームに比べて難易度が高いと言われています。

現在の天井の状態によって施工できる・できないもあるので、一度業者に相談してみましょう。

4.防音室を作る場合の費用と期間

防音リフォームのひとつとして、「防音室を作る」といった方法も考えられます。

防音室の防音効果はとても強力で、音に関するトラブルや不便はほとんど解決できるでしょう。

防音室を作る方法としては、

  • 1室を防音室にリフォームする
  • 組み立て式の防音室を設置する

というふたつの方法があります。

関連記事:目的別!防音リフォームの費用をわかりやすく解説

4-1.部屋全体を防音環境にする

1室全体を防音室にして防音環境をつくる場合、費用としては160万円から700万円程度必要です。

なんとなくリッチな印象があると思いますが、実際に費用としては高額な部類に入ります。

この場合、吸音材や遮音材に加え、防振支持やコンクリート造など、さまざまな防音対策がなされます。

結果として、ピアノやギターを演奏したとしても問題ないほどの防音効果が得られるでしょう。

期間としては、7日程度かかると考えられます。

4-2.組み立て式の防音室を作る場合

1室を防音室にリフォームするのが難しければ、組み立て式防音室を利用する方法もあります。

組み立て式の防音室を作る場合、おおむね50万円から300万円の費用がかかるでしょう。

決して安いものではありませんが、1室を防音室に変えるリフォームと比較すれば、まだ現実的な範囲です。

組み立て式防音室の広さは、1畳から4畳までとさまざま存在します。

これによって価格も変動するので、フィットする広さを選びましょう。

期間としては短く、おおむね1,2日ほどで終わるはずです。

5.防音リフォームをする際の注意点

防音リフォームを実施する際は、さまざまな注意点があります。

特に

  • 住んでいる場所の賃貸契約
  • 安い見積もりが出された場合
  • ハウスメーカーから業者を紹介してもらう場合

については、特別な注意が必要です。

5-1.マンションなど賃貸契約の場合は規約の確認

まず、賃貸契約している場合は、規約をチェックしましょう。

規約を破って防音リフォームした場合、のちに契約トラブルへ発展するかもしれません。

マンションなどの防音アパートでは、窓などはリフォームしてはいけないと定められているケースが多くあります。

だから、自由に防音リフォームができるわけではないのです。

賃貸契約の場合は、きちんと契約を確認したうえで、リフォームを進めていきましょう。

5-2.安い見積もりを出す業者には注意    

また、安い見積もりを出す業者にも注意しなければいけません。

なぜなら見積もり金額が低いなら、材料費や工事費もおさえられている可能性があるからです。

つまり、じゅうぶんな材料が使用されず防音効果が得られない、といった問題に発展するかもしれません。

あまりにも安すぎる見積もりを提示してきた場合は、注意しましょう。

疑問を感じたら、

  • 「なぜ、ここまで安くなっているのか?」
  • 「これで防音効果は正しく得られるのか?」

といった形で確認することが重要です。

5-3.ハウスメーカ紹介だと高くなる

また、ハウスメーカーから紹介を受けると、費用が高くなる点についても注意しましょう。

なぜなら、業者を紹介してもらうには手数料が必要だからです。

ハウスメーカーから紹介された業者が安心できるのはたしかですが、費用が割高になる点には注意しなければいけません。

費用をおさえたい場合は、紹介ではなく自力で業者を探すといった方法も頭に入れておきましょう。

6.防音リフォームで使える補助金

防音リフォームを実施する場合、補助金が使えるかもしれません。

もし補助金が使えるなら、防音リフォームにかかる費用はかなりおさえられるでしょう。

具体的には、

  • 幹線道路に近い場所である
  • 周辺に自衛隊・在日米軍基地があり、軍用機の離発着がある
  • 空港の近くに住んでおり、航空機の離発着がある

といった場合は、補助金を使える可能性は高いでしょう。

「周辺からの騒音による影響が大きい」と判断されている場合、防音リフォームについて補助金や助成金が支給されます。

7.まとめ

防音リフォームは、普段の暮らしぶりを向上させるうえで、たいへん重要です。

防音リフォームを実施すれば、

  • 近所トラブルを防ぐ
  • 外界騒音を防ぐ
  • 目一杯、趣味を楽しむ

といったことが可能となります。

一口に防音といっても、その方法は遮音や球音に始まり、さまざまです。

また、防音する場所によっても効果や費用、あるいは工期が変化します。

本記事を参考に、よりよい防音リフォームを実施してください。

(防音リフォームの関連記事)

防音リフォームの全ノウハウまとめ

防音リフォームの関連記事

(防音リフォーム関連記事をもっと見る)


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。