今すぐできる、木造住宅の音漏れ対策、防音術

アイキャッチ

木造住宅は音漏れがどうしても気になってしまいます。楽器を使う場合や、集合住宅だった場合はなおさらでしょう。ここでは初めて木造アパートに住む方には、どの程度音漏れがするものかといった、音漏れの程度についてを。既に木造住宅に住んでいらっしゃる方には簡単にできる防音対策と、リフォーム会社にお願いする本確的な防音対策についてそれぞれご説明いたします。  


1.木造アパートはどの程度音漏れするの?

木造アパートに住む場合に気になるのが、近所の音漏れについてです。気になるかならないかは本人の主観に依存する部分も大きいのですが、実はアパートのつくりによっても聞こえ方はだいぶ変わってきます。 次の表は日中と夜間で近隣住民からどの程度の音量が聞こえるかを目安として示したものになります。

<
騒音レベル デシベル 身近な例 日中聞こえる 夜間聞こえる
極めて
うるさい
120デシベル ドラム音
110デシベル 車のクラクション
100デシベル 電車通過時のガード下
90デシベル カラオケ店
80デシベル ピアノ音
うるさい 70デシベル テレビの音
60デシベル 水を流す音  
普通 50デシベル 冷房の吹き出し音