フルリフォームにかかる期間はどれくらい?パターン別に流れを解説

アイキャッチ

「フルリフォームを検討しているけれど、どれくらい期間がかかるの?」

「フルリフォームの期間に合わせて、今後のライフイベントに備えたい」

このようにお考えではありませんか?

フルリフォームにかかる期間は、中古物件を購入してリフォームする場合は半年〜1年程度、既存(今住んでいる家等)の物件をリフォームする場合は3.5〜7ヶ月程度となります。

こちらの記事では、フルリフォームにかかる期間を流れとともに解説するほか、フルリフォームの期間に関するよくある質問にもお答えしています。

記事を最後までお読みいただくことで、満足度の高いフルリフォームを実現するための予定が立てられるはずです。

ぜひ参考にしてください。


1.フルリフォームにかかる期間は?流れとともに解説

フルリフォームにかかる期間は、

  • 中古物件を購入し、フルリフォームする場合:半年~1年程度
  • 既存(今住んでいる家等)の物件をフルリフォームする:3.5~7ヶ月程度

となります。

同じリフォームの内容でも、それぞれで段取りや必要な手続きに差があるため、期間は異なります。

ここでは、フルリフォームにかかる期間を流れとともに解説していきます。

💡上記の期間はリフォームの工事期間ではなく、工事以外の手順もすべて含めた必要期間です。工事期間だけではなく、すべての行程にどれくらい期間がかかるのか把握しておくことで、余裕をもって満足度の高いリフォームを実現することができます。

ご自身の計画に合わせて、リフォームの期間を確認してみましょう。

1-1.中古物件を購入し、フルリフォームする場合の期間:半年~1年程度

中古物件を購入し、フルリフォームする場合の期間は、半年~1年程度は考えておきましょう。

以下の図をご覧ください。

中古物件購入の場合のフルリフォームの流れ

 

要望の整理から内見までは、ある程度期間を確保するようにしましょう。3〜4ヶ月程度まとまった期間を設け、良い物件が見つかるまで集中的に活動するのがおすすめです。

物件の契約はローンの審査が通った後に行いますので、ローンの申請から1ヶ月ほど待つ必要があります。

物件の契約日が決まると、リフォーム会社が見積もりを作成するためにリフォーム会社に直接建物の状態を確認してもらう「現地調査」が実施可能となります。現地調査に来てもらう会社は2〜3社に絞り、全社同じ内容で見積りを作成してもらいましょう。

物件の契約からリフォーム業者探し、リフォーム業者契約までは約1〜2ヶ月程度を見込んでおきましょう。

そのほか、着工から完工までの期間は1.5ヶ月から4ヶ月程度です。なお、工事期間は工事面積や工事の内容、購入した物件の状態によって異なります。

完成後すぐに入居したい場合は引っ越しの準備をしておきましょう。

中古物件のリフォームについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【プロ監修】中古住宅リフォーム完全ガイド!費用~流れまで徹底解説
【プロ監修】中古住宅リフォーム完全ガイド!費用~流れまで徹底解説
【プロ監修】中古住宅リフォーム完全ガイド!費用~流れまで徹底解説
記事を読む

1-2.既存住宅(今住んでいる家など)をフルリフォームする場合の期間:3.5~7ヶ月程度

既存住宅(今住んでいる家など)をリフォームする場合の期間は、3.5~7ヶ月程度は考えておきましょう。