除湿機の電気代は高い?エアコンとの比較と節約方法

除湿器電気代

室内干しが多くなる梅雨や雪の時期には、部屋の湿度を下げてくれる除湿機が大いに役立ちます。

一方で、湿度の高い季節は使用頻度が高く一日中つけっぱなしにすることも少なくなく、電気代が高額にならないか心配という声も多く聞かれます。

本記事では除湿機を使用するとどれくらいの電気代がかかるのかを、エアコンだけを使う場合と比較して解説します。電気代の節約方法や、湿度に強い家づくりのポイントも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。


1.除湿機の電気代の計算方法

除湿機を含む電気製品の1ヶ月の電気代は、下記の計算式で算出します。

消費電力(W)÷1,000×使用時間(h)×使用日数×1kWhあたりの電気料単価※(円)

※電気料金の単価について
地域によって多少のばらつきはありますが、全国家庭電気製品公正取引協議会で目安としている31円/kWh(税込)で計算します(2023年12月時点)。

計算例:1ヶ月間、毎日8時間除湿機を使用した場合の電気代

除湿機には大きく分けて3つの種類があり、タイプごとに消費電力も200W~700W程度と開きがあります。
消費電力400Wの除湿機の場合、1ヶ月間の電気料金は下記のとおりです。

400W÷1,000×24時間×30日×31円=2,976円


2.【タイプ別】除湿機の電気代

ここではより具体的に、除湿機の種類ごとの電気代の違いと性能の特徴を見ていきましょう。

種類消費電力の目安1時間あたりの電気代1ヶ月(30日)あたり
の電気代*
コンプレッサー方式125~400W3.9~12.4円936~2,976円
デシカント方式285~480W8.8~14.9円2,112~3,576円
ハイブリッド方式275~300W8.5~9.3円2,040~2,232円

*1日8時間使用の場合

2-1.コンプレッサー方式

コンプレッサー方式の除湿機の電気代は、1時間あたり3.9~12.4円です。

コンプレッサー方式は、本体内部に取り込んだ空気を冷やし、結露を発生させることで除湿するタイプの除湿機です。熱が発生しないため、蒸し暑い夏場に使用しても室温が上がらず快適に過ごせます

3つのタイプの除湿機の中で、最も消費電力が少ないというのも特徴のひとつ。在宅時間が長く使用頻度が高い方でも、電気代を抑えながら除湿機を使用できる点はメリットです。

デメリットとしては運転音の大きさが挙げられます。メーカー各社も静かに作動する除湿機の開発を進めていますが、それでも就寝時など静かな場所や時間帯での使用にはあまり向いていません。また、室温が低いと結露を作るのに時間がかかります。室内に干した洗濯物を早く乾かすことを目的に使用するにはやや力不足です。

2-2.デシカント方式

デシカント方式の除湿機の場合、1時間あたりの電気代は8.8~14.9円です。

デシカント方式は、本体内部にあるゼオライトという乾燥剤に、水分を吸わせることで除湿するタイプの除湿機です。水分を含んだゼオライトを内部のヒーターで乾燥させ、乾燥した空気を排出するという仕組みです。取り除いた水分は熱交換器で水滴に変え、タンクに貯められます。

空気をあたためて除湿することから、室温の低い冬でも除湿機能が下がりにくい傾向にあります。また作動音も静かな製品が多いのも特徴です。

ただし、ヒーターを使用するぶん消費電力が多く、電気代が高くなる傾向にあります。またあたたまった空気が排出されることで室温も上がるため、夏の暑い時期の使用には向いていないと言えます。

2-3.ハイブリッド方式

ハイブリッド方式の除湿機は、1時間あたりの電気代は8.5~9.3円ほどです。

コンプレッサー方式は夏、デシカント方式は冬の使用に適していると解説しましたが、ハイブリッド方式は2つの良いところを組み合わせたタイプの除湿機です。

室温や湿度に応じて運転比率を自動的に調整してくれるので、どの時期に使用してもしっかり除湿してくれる点が大きな魅力と言えます。

難点を挙げるとすると、いいとこどりをしているぶん本体価格が高い点です。また、メーカーにもよりますが、電気代も上記の2種類と比較して高くなる傾向にあります。

しかし、季節に左右されず一年中使用できるということを加味すると、使用頻度によってはコストパフォーマンスの良い買い物とも言えます。