除湿機の電気代は高い?エアコンとの比較と節約方法

除湿器電気代

室内干しが多くなる梅雨や雪の時期には、部屋の湿度を下げてくれる除湿機が大いに役立ちます。

一方で、湿度の高い季節は使用頻度が高く一日中つけっぱなしにすることも少なくなく、電気代が高額にならないか心配という声も多く聞かれます。

本記事では除湿機を使用するとどれくらいの電気代がかかるのかを、エアコンだけを使う場合と比較して解説します。電気代の節約方法や、湿度に強い家づくりのポイントも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。


1.除湿機の電気代の計算方法

除湿機を含む電気製品の1ヶ月の電気代は、下記の計算式で算出します。

消費電力(W)÷1,000×使用時間(h)×使用日数×1kWhあたりの電気料単価※(円)

※電気料金の単価について
地域によって多少のばらつきはありますが、全国家庭電気製品公正取引協議会で目安としている31円/kWh(税込)で計算します(2023年12月時点)。

計算例:1ヶ月間、毎日8時間除湿機を使用した場合の電気代

除湿機には大きく分けて3つの種類があり、タイプごとに消費電力も200W~700W程度と開きがあります。
消費電力400Wの除湿機の場合、1ヶ月間の電気料金は下記のとおりです。

400W÷1,000×24時間×30日×31円=2,976円


2.【タイプ別】除湿機の電気代

ここではより具体的に、除湿機の種類ごとの電気代の違いと性能の特徴を見ていきましょう。

種類 消費電力の目安 1時間あたりの電気代 1ヶ月(30日)あたり
の電気代*
コンプレッサー方式 125~400W 3.9~12.4円 936~2,976円
デシカント方式 285~480W