壁付けキッチンは省スペースが魅力!工事費用や工夫ポイントを事例で解説

壁付けキッチン

リフォームや新築の際に、壁付けキッチンと対面キッチンどちらにするか迷う人も多いでしょう。壁付キッチンは省スペースで換気扇や窓を配置しやすく、ニオイや煙を逃がしやすいなどのメリットがあります。集中して作業したい場合にも便利で、目隠しや収納を工夫することで、実用性がありすっきりとしたキッチンに仕上げることが可能です。

本記事では、壁付けキッチンのメリットとデメリットとともに、配置の注意点についてレイアウト実例を踏まえて解説します。要望に合ったキッチンを実現するために、ぜひ参考にしてください。


1.壁付けキッチンとは?

壁付キッチンのイメージ

壁付けキッチンとは、キッチンの正面が壁を向いているキッチンスタイルです。ウォール型キッチンとも呼ばれ、日本の住宅で以前から多く採用されてきたキッチンでもあります。

対して、リビングやダイニングに向くようにキッチンの正面を配置するタイプは、対面キッチンと呼ばれます。


2.壁付けキッチンのメリット

壁付けキッチンには、省スペースや実用面などさまざまなメリットが期待できます。ここでは、主な5つのメリットについて見ていきましょう。

2-1.省スペースで設置でき、部屋を広々使える

イメージ

壁付けキッチンは、部屋の壁に沿ってキッチンを配置するため、限られたスペースを有効活用できます。また、アイランドキッチンや対面キッチンなどに比べてデッドスペースができにくく、キッチンと隣接するリビングやダイニングスペースを広く使用できます

面積を節約しつつ、キッチン本体と冷蔵庫、人が作業する最小限のスペースを確保できるでしょう。

2-2.集中して調理できる

キッチンの正面が壁を向いているため、調理に集中しやすい点も壁付けキッチンのメリットです。対面キッチンなどではリビング・ダイニングを向いている