子供部屋の間取りはこれだ!人数、思春期も配慮で徹底解説

子ども部屋の間取り

「子供部屋の広さはどれくらいあれば十分だろうか?」

「間仕切りしてあげたいけどどんな方法があるのだろう?」

「レイアウトはどうすればいいか?」

などなど、子供部屋の間取りは悩む点が多いですよね。

1つでも思い当たる方にぜひ読んでいただきたい内容となっています。

こちらではお子さんの人数や思春期、性別も配慮しながら、このようなお悩みを解決するための情報を紹介しています。こちらを参考に、できる範囲でお子さんの気持ちをくみ取った子供部屋を作ってあげてください。


1.子供部屋にはどのくらいの広さが必要?

子供部屋にどの程度の広さを用意するか迷っていませんか?一般的に子供部屋としてよく使われるのが6畳と4.5畳です。それぞれ解説いたします。

1-1.適度なゆとり 6畳の子供部屋

1-1.適度なゆとり!6畳の子供部屋

6畳のイメージはこのような感じです。ベッドと学習机を置いてもスペースにゆとりがあります。友達を呼べるスペースもありそうですし、1人で使うには十分と言えます。

1-2.少し窮屈 4.5畳の子ども部屋

1-2.少し窮屈!4.5畳の子ども部屋

4.5畳のイメージはこのような感じです。ベッドと学習机を置いたらいっぱいになるイメージです。

友達を呼ぶとなると狭く感じるかもしれませんが、主にリビングで過ごし、勉強するときと寝る時だけ部屋を使う程度なら十分な広さと言えるでしょう。

1-3.狭くてもどうにかなる

可能なら6畳以上の部屋を用意してあげたいところですが、無理に用意する必要はありません。子供部屋はずっといる場所ではなく「勉強する時」「寝る時」「一人になりたい時」に活用する場ですからリビングのように高い快適性を求めなくても良いのです。工夫次第で4.5畳あるいはそれより狭くても充分な子供部屋が作れます。

「6畳+クローゼット」と「6畳(クローゼット込)」に注意

%e5%9b%b31

「6畳」と言ってもクローゼット込かどうかで実際に使えるスペースが変わることに注意しましょう。6畳でも1畳のクローゼット込みだと5畳しか使えないことになります。

さらにクローゼットの扉が開閉に場所を取るタイプだと、扉の前のスペースも空けておかなくてはならないので実質4.5畳程度しか使えないことになります。


2.子供部屋のレイアウト例【人数別】

子供部屋のレイアウトは、学習机とベッドの配置で決まると言っても過言ではありません。この2つの配置が決まればその他も必然的に決まってきます。こちらではどんな配置方法があるのかいくつか紹介していきます。

2-1.【1人】で使う場合のレイアウト

ベッドを奥に寄せたレイアウト

ベッドを奥に寄せたレイアウト

このように家具と壁との接地面を4面あるうち2面に抑えると広いスペースを確保することができます。小さいテーブルを置いてゆったりするならこんなレイアウトがお勧めです。

ベッドと机を壁に寄せたレイアウト

ベッドと机を壁に寄せたレイアウト

部屋の奥まで一直線で何も置いていないスペースがあり、視野が開けて開放感を感じられます。

ベッドを壁から離したレイアウト