成功事例付き!マンションの子供部屋リフォームのポイントを完全解説

マンションの子ども部屋リフォームポイントを完全解説

「マンションで子供部屋リフォームしたいが、どのようにリフォームするのがいいの?」

このように悩んでこのページにたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

マンションの子供部屋リフォ―ムと一口に言っても、お子さんの年齢によってやるべきリフォームの方向性は変わるものです。

そこで今回は、マンションの子供部屋リフォームのやり方や費用・期間について解説します。

さらに、マンションの子供部屋リフォームを行う際の注意点や、リフォームを成功させる業者選びの方法もご紹介します。

この記事を読めば、マンションでの子供部屋リフォームのポイントがわかります。さらに、リフォームの具体的な手順もわかり、スムーズにリフォームを実現できるようになります。


1.マンションの子供部屋リフォ―ムをする上で考慮すべきことは?

マンションの子供部屋リフォ―ムで考慮すべき点は、お子さんの年齢によって考え方が変わってきます。

子供の年齢を踏まえた、マンションの子供部屋リフォームで考慮すべき点をまとめました。

マンションの子供部屋リフォ―ムで考慮すべきこと

小学校低学年程度のお子さんは、まだ何をするかわからないというリスクがあります。そのため、ある程度は親の目が届く場所に子供部屋を設置するとよいでしょう。その一方で、少しずつ自立するように仕組みを作っていくことも大切です。

お子さんが小学校高学年以上になると、プライバシーに配慮してお子さんの数だけの子供部屋を作ることが望ましいです。また、勉強机やベッド、収納を設置しても手狭にならない空間づくりも重要です。


2.【子供が小学校低学年以下の場合】 マンションの子供部屋リフォームのポイントと施工事例

「子供が小学校低学年以下だけど、具体的にはどんなリフォームをすればいいの?」と感じた方も多いのではないでしょうか。

この章では、子供が小学校低学年以下の場合のマンションの子供部屋リフォ―ムのやり方と実際の施工事例をご紹介いたします。

2-1.リビングに隣接させ、学習空間や収納に配慮したリフォームをしよう

まだお子さんから目が離せない小学校低学年段階のリフォームで押さえるべきことは、間取りと勉強机・収納です。

それぞれ詳しくご説明します。

子供部屋はリビングに隣接させるような間取りに

ある程度目が届く範囲にお子さんがいる環境を作れば、お子さんが何をしているか把握できます。万が一のリスクを回避することができ、さらに、一緒に勉強をしたり、収納のしかたを教えてあげたりできます。

それらを考慮すると、子供部屋はリビングの隣に設置するのがいいでしょう。

設置するのに適した場所
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/297

リビングに隣接し、かつ、日常生活にあまり使っていないスペースを子供部屋にするのがベストです。そのようなスペースがない場合は、リビング内に子供部屋を設置することが望まれます。

学習スペース、子供の背の高さにあわせた収納の設置を検討しよう

市販の勉強机や収納を購入し設置するのもいいですが、せっかくリフォームするのならより機能的な子供部屋づくりをしていくといいでしょう。

ここでご提案したいのが、学習スペースとお子さんの身長に配慮した収納の設置です。

お子さんが勉強のやり方を身につけるため、学習スペースはお子さんと親御さんが一緒に取り組めるようにするという観点で設計するといいでしょう。

ダイニングに学習スペースを設置した例
出典:http://www.nikka-home.co.jp/selection/20161031172457.html

このスペースは子供部屋に設置するのもいいですが、キッチン隣やリビングに併設する形をとると料理をしている際にもお子さんのことを見ながら作業することが可能になります。

収納に関しては、お子さん自身が自主的に片づけをするために、出し入れしやすい収納にするのがポイントです。

子供の高さに合わせて整理整頓
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation051/

上の事例のように、収納をお子さん背の高さにすることや、勉強中にモノが取りやすい位置に収納スペースを設けることで、お子さん自身の収納への取り組み方も変わっていくでしょう。そして、整理整頓する習慣が身につくことも期待できます。

2-2.実際の施工事例

この項では、「リビングに隣接し、勉強机や収納に配慮した子供部屋リフォーム」の事例をご紹介します。

リビング横に、勉強机や収納に配慮した子供部屋を設置した事例