予算1000万円でできる古民家リフォームとは?プロ提案の予算配分も

予算1000万円の古民家リフォームは、可能な工事が限られてしまいます。

古民家リフォームは通常、1500〜2000万円の出費を前提に計画されることが多いからです。

しかし今回は、限られた予算の中で古民家リフォームを実現させたいという方のために、予算1000万円でどのようなリフォームが可能なのか解説していきます。

ぜひ最後までお読みいただき、予算内でできる古民家に適切な工事を知り、満足度の高いプランを計画できるようにしましょう。

[関連記事:予算1,000万円で戸建てをどこまでリフォームできる?]


1.1000万でどこまでリフォームできるのか?

ここでは、予算1000万円で古民家をどこまでリフォームすることができるのか、解説します。

1-1.1000万円でできる3つの工事

予算1000万円の古民家リフォームでは、以下の3つの工事が可能です。

  • 雨漏り対策
  • 構造躯体の劣化対策
  • 耐震工事

予算が限られている中での古民家リフォームについて、注文住宅やリフォームに多く携わり、古民家リフォームも数多く手がけた経験のあるあなぶき・きなりの家の谷口さんに詳しいお話を伺いました。

古民家リフォームの場合、以上の3つの工事で費用1000万円に達してしまうことが多いです。築年数が古い物件の場合、建物の安全性を高める工事が最優先となります。以下でそれぞれの工事の内容について詳しく解説します。
谷口さんアイコンあなぶき・きなりの家
谷口さん

雨漏り対策

古民家リフォームでは、雨漏りを防ぐための屋根・外壁工事が必要です。古民家で雨漏りが発生する原因として、屋根や外壁のひび割れ・隙間などが考えられます。雨漏りを放置しておくと水が建物内部に侵入し、腐食に繋がりますので必ず工事を行いましょう。

古民家の屋根・外壁工事にかかる費用は以下の通りです。

古民家の屋根・外壁工事にかかる費用
屋根
葺き替え284~320万円(参考:18000円/㎡)
外壁 ※劣化状況に応じていずれか適切な工事を選択
塗装60~180万円
重ね張り130~230万円
張り替え150~400万円

雨漏り対策についてもっと詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

雨漏りの原因を特定する方法から発生した際の対策までを解説
雨漏りの原因を特定する方法から発生した際の対策までを解説
雨漏りの原因を特定する方法から発生した際の対策までを解説
記事を読む

構造躯体の劣化対策

古民家リフォームでは、構造躯体の劣化に対する基礎の補強も必須の工事です。築年数の古い建物の場合、基礎が弱っていると災害時の危険性が高まるほか、住宅の重みに耐えられず倒壊に繋がる恐れもあります。

なお、古民家の基礎補強の費用は基礎に石またはコンクリートどちらが用いられているかによって変動します。

古民家の基礎補強にかかる費用
玉石基礎(石を用いた基礎)100万円~
コンクリートブロック基礎50~100万円

耐震工事

古民家をリフォームする際は耐震工事も行うべき工事です。築年数の古い建物の場合、現在の建築基準法に合わせる必要があるほか、耐震工事を怠ると地震発生時倒壊の恐れがあります。

以下では、築40年以上の木造住宅の耐震工事にかかる平均費用をまとめています。

床面積別 築40年以上の木造住宅の耐震工事平均額
1階床面積補強工事平均額
60㎡未満130万238円
60~80㎡未満200万7500円
80㎡以上253万6765円

出典:日本木造住宅耐震補強事業者協同組合

1-2.古民家リフォームの費用相場は1400万円~

一般的に古民家リフォームをする際、かかる費用は1400万円~となります。

古民家をリノベーションする際にかかる費用相場