雨漏りの原因を特定する方法から発生した際の対策までを解説

雨漏りの原因を特定する方法から発生した際の対策まで

「雨漏りが起こったので直したい」
「雨漏りの原因を調査したい」

こう考えて記事を見ている人は多いことでしょう。

この記事では、雨漏りが起こった際に原因を特定する方法や、発生時にどうやって防げばいいのかについて解説いたします。

雨漏りに悩まされる生活を脱したいと考えているのなら欠かせない情報ですので、見逃さないようにしましょう。


1.雨漏りの原因には何があるのか

雨漏りの原因を特定できなければ修理はできません。

原因としてあげられるものには以下があります。

  1. 屋上の防水処理の劣化
  2. 屋根の防水シートの劣化
  3. 建築時の手抜き工事
  4. 屋根の塗装やコーキング処理のミス
  5. ベランダの防水処理の劣化
  6. 屋根のトップライト周辺
  7. 雨どいからの侵入
  8. サッシの劣化
  9. 屋根の劣化
  10. 太陽光発電パネル

具体的に確認していきましょう。

1-1.屋上の防水処理の劣化

屋上の防水処理の劣化

住宅の屋上には防水処理がほどこされているため普通なら雨漏りがすることはありません。

しかし、防水処理が劣化してくることで亀裂が生まれ、隙間から雨水が侵入することがあります。

防水処理をした屋上は10年程度で補修が必要です。放置すると雨漏りがひどくなりますので定期的にメンテナンスをしておきましょう。

1-2.屋根の防水シートの劣化

1-2.屋根の防水シートの劣化

屋根素材の内側には防水シートがとりつけられています。

防水シートの耐用年数は15年程度で、劣化が激しくなると雨漏りの原因となります。

屋根工事は10〜20年程度に1度行うことが多いので、補修時には防水シートを必ず取り替えましょう。

1-3.建築時の手抜き工事

1-3.建築時の手抜き工事

新築であっても雨漏りすることがあります。

悪質業者に建築を依頼してしまうと雨漏り対策が不十分なために築1年や2年で天井から雨水が漏れ出てきます。

1-4.屋根の塗装やコーキング処理のミス