築60年の家はリフォームできる?工事内容・費用・事例など徹底解説

長年住み続けた家の思い出や、古い日本家屋ならではの趣を残したい場合、リフォームが検討されます。しかし築60年ともなると、家のあちこちが古くなっており、耐震性なども気になるところ。リフォームで対応できるのか、建て替えるしかないのかと迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は築60年の戸建て住宅がリフォームできるのかどうか、迷ったときの判断軸とともに解説します。優先的に実施したいリフォーム内容や費用、築60年以上の家のリフォーム事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


1.築60年の戸建て住宅はリフォームできる?

そもそも築60年の戸建て住宅は、リフォームできるのでしょうか。リフォームが可能かどうかの判断は、元の家の状態によって大きく変わります。

建物の状態がよければリフォームできる

築60年の戸建て住宅は、建物の状態さえよければリフォーム可能です。内装や設備などの表面的な部分はリフォームすればいいので、家の骨組みとなる構造体の状態が重要になります。定期的にメンテナンスされていて、構造体の腐食なども少なければ、リフォームできるでしょう。

構造体の劣化がかなり進んでいるとリフォームできない

しかし構造体がボロボロになっている場合、高額な費用をかけて無理にリフォームをしたところで、一定以上に性能を回復させるのが難しくリフォームを断念せざるを得ないこともあります。

長い間人が住んでいなかった家や、点検や修理がほとんど行われていなかった家では、とくに注意が必要です。雨漏り・漏水・腐食・シロアリ被害などは、部分的な傷みであればそこを修繕すれば問題ありませんが、家全体に被害が及んでいる場合はリフォームが難しいこともあるでしょう。