築60年の家はリフォームできる?工事内容・費用・事例など徹底解説

長年住み続けた家の思い出や、古い日本家屋ならではの趣を残したい場合、リフォームが検討されます。しかし築60年ともなると、家のあちこちが古くなっており、耐震性なども気になるところ。リフォームで対応できるのか、建て替えるしかないのかと迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は築60年の戸建て住宅がリフォームできるのかどうか、迷ったときの判断軸とともに解説します。優先的に実施したいリフォーム内容や費用、築60年以上の家のリフォーム事例も紹介するので、ぜひ参考にしてください。


1.築60年の戸建て住宅はリフォームできる?

そもそも築60年の戸建て住宅は、リフォームできるのでしょうか。リフォームが可能かどうかの判断は、元の家の状態によって大きく変わります。

建物の状態がよければリフォームできる

築60年の戸建て住宅は、建物の状態さえよければリフォーム可能です。内装や設備などの表面的な部分はリフォームすればいいので、家の骨組みとなる構造体の状態が重要になります。定期的にメンテナンスされていて、構造体の腐食なども少なければ、リフォームできるでしょう。

構造体の劣化がかなり進んでいるとリフォームできない

しかし構造体がボロボロになっている場合、高額な費用をかけて無理にリフォームをしたところで、一定以上に性能を回復させるのが難しくリフォームを断念せざるを得ないこともあります。

長い間人が住んでいなかった家や、点検や修理がほとんど行われていなかった家では、とくに注意が必要です。雨漏り・漏水・腐食・シロアリ被害などは、部分的な傷みであればそこを修繕すれば問題ありませんが、家全体に被害が及んでいる場合はリフォームが難しいこともあるでしょう。


2.築60年の戸建て住宅をリフォームするかどうかの判断軸

物理的にリフォーム可能であっても、建て替えとどちらを選ぶかは迷うところです。そんなときは「費用・今後の居住年数・再建築不可物件」の3つの判断軸で考えてみましょう。

関連記事:リフォームか建て替えか?どちらがいいか徹底比較|費用・寿命・工事制限など

[費用] 建て替えと変わらない費用がかかる場合も

まずは今の建物を調査して、リフォームと建て替えにどのくらいの費用がかかるのか、見積もりを出してもらうとよいでしょう。基本的にはリフォームの方が費用を抑えられますが、建物の状態が悪いと建て替えと同じくらい高額なリフォーム費用がかかることもあるので注意が必要です。

[今後の居住年数] あと20年以上住みたいなら建て替えも検討

リフォームや建て替えをした後、その家に何年くらい住みたいかも重要な判断軸になります。これから先10〜20年程度暮らせればいい、その後また改めて建て替えや住み替えを検討したいという場合、今回はリフォームでも十分かもしれません。20年以上住む予定がある方、そのまま子や孫へ引き継ぎたい方は、建て替えも検討したほうがよいでしょう。

[再建築不可物件] 建て替えができない住宅ならリフォームしかない

そもそも建て替えしようとしても建築確認申請が通らず、リフォームを選ぶしかないケースもあります。例えば、土地が幅4m以上の道路に2m以上接していない(接道義務を満たしていない)場合などは、原則として建て替えができません。

また2025年の建築基準法改正で、木造二階建ての大規模リフォームでも建築確認申請が必要になります。再建築不可物件で大規模リフォームを検討中の方は、改正前に済ませるのがおすすめです。

法改正でリフォームできなくなる?2025年建築基準法改正の影響
法改正でリフォームできなくなる?2025年建築基準法改正の影響
法改正でリフォームできなくなる?2025年建築基準法改正の影響
記事を読む