古民家リノベーションで実現できる3つのこと!費用相場・事例とともに解説

「古民家リノベーションはいくらくらいかかって、どんな風になるのだろうか?」
「古民家を所有しているけれど、建て替えとリノベーションどちらがいいの?」

古民家のリノベーションに興味がある方なら、このような点が気になるのではないでしょうか。

古民家はリノベーションすることで昔ながらの風情を残しつつ、機能的にも使いやすい住まいになります。しかし、建て替えるよりもむしろ費用がかかるこ場合があるのも事実です。

この記事では、古民家をリノベーションする際にかかる費用相場や実際の実例をご紹介します。また、そもそも古民家のリノベーションとはどんなリフォームなのかや、お得に古民家をリノベーションする方法もご紹介します。

>>実際の見積もりデータから算出した戸建てのリフォーム費用と相場をチェック!


1.古民家をリノベーションすると実現できる3つのこと

「”リノベーション”はオシャレなイメージだけど、どんな施工をするの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

リノベーションとは、既存の建物に大規模な工事を行い、新築同然まで作り変え建物自体の価値を高めることを指しています。

古民家リノベーションを行うと、住まいづくりで以下の3つのことが実現できます。

1-1.現在のライフスタイルや家族構成に応じた自由な間取りが実現できる

古民家のリノベーションでは壁をすべて解体した状態から作り直すことが可能なため、オシャレで使い勝手の良い間取りを実現することができます。

リノベーションで自由な間取りを実現できる!!

事例

出典:https://www.artreform.com/example/810/

こちらは築52年の古民家をリノベーションした事例です。部屋数が多く住みにくい間取りがお悩みでしたが、和室を撤去し、広々としたLDKに変更しました。水回りも近くにまとめ、動線を意識した住み心地の良い仕上がりになっています。

このように、古民家をリノベーションすることで、古く懐かしい見た目を維持しつつ、現代の暮らしにあった間取りを実現することができます。

1-2.耐震補強や断熱対策など新築同然の機能が実現できる

効果的な耐震補強や断熱対策などが可能になるのは、柱や基礎だけの状態から作り直すことができるリノベーションならではです。古民家であっても過ごしやすく、安全な住まいにすることができます。

また、給排水管も一新するため、古い給排水管から漏水する不安もなくなります。