コの字キッチン(コの字型キッチン)の特徴・リフォーム事例を紹介|料理時間を楽しみたい人におすすめな理由

コの字キッチン

「料理を思う存分楽しみたい」
「キッチンをLDKの主役にしたい」
「友人を招いてホームパーティーをしたい」

そんな方におすすめなのが、コの字キッチン(コの字型キッチン)へのリフォームです。広々としたワークトップで作業効率がよく、収納スペースもたっぷりとることができます。

今回は、料理時間を楽しみたい人にコの字キッチンをおすすめする理由や、リフォーム事例をご紹介します。


1.コの字キッチン(コの字型キッチン)とは

コの字キッチンイメージ

コの字キッチン(コの字型キッチン)とは、上から見た時の形が「コ」に見えるキッチンのこと。アルファベットの「U」にも見えるため、「U型キッチン(U字型キッチン)」と呼ばれることもあります。

キッチンには他にも「I型」「Ⅱ型」「L字」などの種類がありますが、コの字キッチンは他のレイアウトに比べて作業スペースが広いのが特徴。料理する人を取り囲むようにコンロ・シンク・作業スペースが並んでおり、効率よく作業を進められることから、料理好きの方に人気のレイアウトです。

ただしキッチン本体のサイズが大きめなので、I型キッチンなどと比べると広い設置スペースが必要になります。約6㎡以上のスペースを確保できれば設置可能なので、対面キッチンからのリフォームであれば問題なく実施できることが多いでしょう。

1-1.コの字キッチンのリフォーム事例をご紹介

※横にスクロールできます

事例1-1
事例1-2
建物種別 マンション
間取り 4LDK(メゾネットタイプ)
平米数 60.00㎡

こちらは、壁付けキッチンをコの字キッチンにリフォームした事例です。リフォーム前のキッチンに比べると、作業スペースは倍以上。たくさんの食材やお皿を並べられるようになり、作業効率もアップしました。シンク側に立つとリビング全体を見渡せるので、家族とコミュニケーションを取りながら楽しく料理や片付けができそうです。

出典:https://www.artreform.com/example/835/L

1-2.コの字キッチンの種類

コの字キッチンは、独立タイプと対面タイプの2種類に分けられます。
料理に集中したいか、家族とコミュニケーションを取りたいかが選ぶときの主な判断ポイントです。

<独立タイプ>

独立タイプイメージ

3方向を壁に囲まれて