和式トイレから洋式にするリフォームを完全解説【種類・費用相場や補助金も】

和式から洋式トイレ

古い家を手に入れたとき、和式トイレを洋式にするリフォームは優先順位の高い工事です。
洋式トイレには「膝や腰など身体への負担が少ない」「衛生的」といったメリットに加え、実は1回あたりの流す水の量が1/3程度になる「節水」という意外なメリットもあります。
また、温水洗浄機能や便座暖房機能など、洋式トイレには、快適に使える機能をつけることができます。

ここでは、和式トイレから洋式トイレにリフォームしたい方のために、できる工事の種類や費用相場、補助金情報などを解説します。


1.和式トイレからリフォームする洋式トイレの種類と費用

まずはどのような洋式トイレを選ぶかを考えましょう。選ぶトイレのタイプによって、工事費が大きく変わります。
洋式トイレのタイプは大まかに「組み合わせトイレ」「一体型トイレ」「タンクレストイレ」の3つに分かれます。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

トイレの種類 組み合わせトイレ 一体型トイレ タンクレストイレ
イメージ 組み合わせトイレ 一体型トイレ タンクレストイレ
リフォーム費用 35~48万円程度 43~54万円程度 48~59万円程度
特徴 便器・タンク・便座が独立
ウォシュレットは別売り
便器・タンク・便座
(ウォシュレット)が一体型
水を溜めるタンクがない
省スペーストイレ

この中では、組み合わせトイレが35~48万円程度と、最も安価でポピュラーです。
また、リフォーム費用は商品のグレードによっても変わります。比較的高価な一体型トイレやタンクレストイレでも、低グレードの商品であれば費用は抑えられます。

和式から洋式トイレにリフォームする際の費用感の詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

和式トイレを洋式にするリフォーム費用を完全解説!費用抑える方法も
和式トイレを洋式にするリフォーム費用を完全解説!費用抑える方法も