トイレ・便器メーカー8社の比較一覧

トイレのリフォームをする際に、どのメーカーのトイレにすればよいか迷うことはありませんか?
ここでは代表的なトイレのメーカーの特徴を一覧にして説明しています。それぞれのメーカー毎に特徴があるので、トイレ選びの参考にしてください。


1.トイレメーカーの一覧比較

まずは人気のトイレメーカー8社を一覧としてまとめてあります。

それぞれの特徴を簡潔にまとめていますので、まずはこちらで比較して気になる会社があるかチェックしてみてください。

メーカー 特徴
TOTO 国内シェアNo.1、シンプルなデザインや機能性が人気
LIXIL 掃除のしやすさ、キャビネット付きのトイレが人気
Panasonic(パナソニック) 水垢に強い素材、専用の洗浄泡で汚れにくい
タカラスタンダード 壁や床がホーロー素材で耐久性、掃除のしやすさ、高級感
ジャニス工業 業界最小サイズのトイレ
JPK(ジャパンコーラ―) 日本製品にはない唯一無二のデザイン
アサヒ衛陶 柔らかな曲線美のデザイン
GROHE(グローエ) 洗練されたデザイン

>>【データで見るトイレリフォームの費用と相場】はこちら


2.人気のトイレメーカー評判や比較

人気なトイレメーカーと代表的な商品を紹介していきます。各メーカーの特徴をおさえて、トイレメーカー選びの参考にしてください。

TOTO株式会社

引用元:TOTO

TOTOのトイレは洗練されたデザイン性と、お手入れを楽にしてくれる機能性が特徴です。使うたび除菌ができ、汚れがつきにくい技術を取り入れています。またフチなし形状の便器が特徴で、フチの溝に汚れが溜まりやすいという従来の悩みを解決してくれています。

主力商品:GG/GG-800

引用元:TOTO

スリムな形状とシンプルなデザインで、狭めのトイレでも圧迫感を感じさせない商品です。「ウォッシュレット」のノズルは自動洗浄され、清潔に保つことができます。TOTO独自の洗浄技術で、汚れをしっかりと洗い流してくれるだけでなく、節水効果も期待できます。

LIXIL株式会社