「パイロット確認のお願い」が届いたら?流れでわかる漏水の確認と対処法

パイロット確認

帰宅したら郵便受けに「パイロット確認のお願い」の通知チラシ。
何が起こっているのか、不安になる方も多いのではないでしょうか。

この通知は、水道の利用量が急激に増えた家庭に対して、漏水の恐れがあるとして水道局・自治体から確認を依頼するものです。放置していると水道代が上がって家計を圧迫することになるので、通知が届いた機会に必ず点検して、必要に応じて修繕などの対応を進めましょう。

この記事では、「パイロット確認お願い」の通知を受け取って漏水の可能性を知った人がやるべきことを、筆者の体験談を交えてご説明します。一つ一つ進めれば解決できる問題ですので、慌てずに対応を始めましょう。


1.「パイロット確認のお願い」通知が届いたら、まず水道メーターを確認

検針時に前回より利用量が急激に増えていたり、水がずっと使われている状態であることが確認できたりした場合、水道局・自治体より「パイロット確認のお願い」という通知が郵便受けに投函されます。
これは住宅内外のどこかで漏水が発生している疑いがあるということで、放置すると無駄な水道代を支払い続けることになります。

一般的に、1,800円~2,000円程度以上水道料金が増えたときは漏水の疑いがあると言われます。
家計と水資源の保護のために、早めに対処しておきたいですね。

1-1.漏水の心当たりを確認する

まずは、漏水に心当たりがあるか確認しましょう。
こんな症状があれば漏水の原因となっている可能性があります。

  • 蛇口が閉まらない
  • 水を使う設備(洗面台下・トイレ・給湯器)から常に水の音がする
  • 水を使う家電(洗濯機・浄水器等)から漏水している
  • 壁・床や敷地内の地面が常に濡れている

1-2.水道メーターを探す

次に、本当に漏水しているかどうかを確認しましょう。水道メーターにある「パイロット」の状態を確認します。水道メーターは一般的に下記の場所にあります。わからない場合は管理会社や水道局などに問い合わせてみましょう。

水道メーターの場所:戸建の場合

戸建ての水道メーター

玄関や駐車場などの道に面した場所の地面に、「水道」「量水器」といった蓋があるので開けてみましょう。中には水道メーターと元栓があります。水道メーターには保護カバーがついているので、めくって確認してみましょう。

水道メーターの場所:マンション・アパートの場合

マンション・アパートの水道メーターの場所

一般的には各住戸の玄関横などにあるメーターボックスの中にあります。メーターボックスの下部に水道メーターがあるので、保護カバーをめくって確認してみましょう。

アパートの場合では、駐車場などに全戸分の水道メーターが並んでいるケースもあるようです。自分の住戸のメーターを開いて確認してみましょう。

水道メーターが全戸分まとまっている場合

1-3.パイロットの状態を確認し、原因を特定する

パイロット
引用元:東京都水道局「漏水は早期発見・早期修繕を!

水道メーターの中の丸い部分が「パイロット」です。これが回っているときは、水が使われている状態です。電子式のメーターの場合は、数値の下で黒い■が点滅している状態が水の使用中です。

家で水を使っていない状態で、このパイロットが回り続けていることが確認できたら、心当たりの設備の元栓を締めたり、水を使う家電の電源を切ったりして確実に水が使われていない状態にします。それでパイロットの回転が止まったら、漏水箇所が特定できます。

もしも配管やダクトの目に見える場所で水漏れが発生しているなら、防水テープなどで一旦応急処置をしておきましょう。

ここで原因が特定できないときは、専門業者に調査してもらう必要があります。

1-4.水道局・自治体に対応方針を報告する

対応方針が決まったら、「パイロット確認のお願い」通知に記載されている連絡先に報告しましょう。
水道局・自治体からは、修繕内容を水道局・自治体に報告するための「修繕報告書」が届きます。

洗濯機のダクトからの水漏れなど、住宅の設備ではない部分が原因であれば、自分で修理したり家電を買い替えたりすることで「パイロット確認のお願い」への対応は完了となります。

<筆者の場合>浴室水栓からの水漏れを確認

郵便受けにはこのような通知が入っていました。

パイロット確認のお願い通知