トイレの寸法完全ガイド 空間と便器の良いバランスとは?

トイレは一日に何度も使用するスペースです。トイレがリラックス空間に生まれ変われば日々のストレスも少し和らぐのではないでしょうか。この記事では、リラックスして使えるトイレにするために、トイレスペースと便器のバランスや、トイレ全体を広く見せるための方法などをご紹介いたします。

▼関連記事

トイレリフォームの費用・おすすめ・事例・業者など詳しく解説!
トイレリフォームの費用・おすすめ・事例・業者など詳しく解説!
トイレリフォームの費用・おすすめ・事例・業者など詳しく解説!
記事を読む

1.一般的なトイレスペースと便器の寸法

ご自宅のトイレスペースや便器が大きめなのか小さめなのか把握していただくために、一般的なトイレスペースと便器の大きさについて紹介いたします。

1-1.一般的なトイレスペースは0.4坪・0.5坪・0.75坪の3種類

まず、住宅ごとに一般的なトイレスペースをご紹介します。

0.4~0.5坪のトイレが一般的です。戸建ての二階や階段下のトイレなどは0.4坪が多く、0.75坪はやや広めのゆったりとしたトイレとなります。

1-2.便器の一般的な寸法はタンクの有無で異なる

便器はタンクありのトイレかタンクレスのトイレかによって寸法が変わります。二つのパターンに分けて一般的な寸法をご紹介します。

タンクありトイレの場合

タンクありトイレの一般的な寸法は、高さ100㎝、幅45㎝、奥行80㎝です。

タンクトイレ

タンクレストイレの場合

タンクレストイレの寸法は、高さ45㎝、幅40㎝、奥行70㎝が一般的です。
タンクレストイレ


2.トイレスペースと便器の丁度良いバランスとは?

続いては、トイレスペースと便器のバランスについて解説いたします。

2-1.トイレの必要最低寸法を知る

トイレのスペースと便器の丁度良いバランスを考えるために、まずトイレの必要最低寸法についてご説明いたします。下の図のように便器の先からドアまで最低40㎝そして、便器の左右は最低15㎝あけましょう。