廊下リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

廊下DIY

廊下は住宅の中でもっとも傷みやすい場所であり、適切な頻度でのリフォームが必要です。

とはいえ、業者へ依頼してリフォームするとそれなりな費用がかかります。
よって、「廊下についてはDIYする」という方向で検討している人も多いでしょう。

しかし、廊下をDIYするときでも、リフォームと同様に費用は気になるところです。

本記事では、廊下をDIYする際の費用相場について解説します。
廊下のDIYを予定している人は、ぜひ参考にしてください。

また、DIYができるケースや、DIY実施中の注意点などについても触れています。


1.廊下をDIYする場合の費用相場は、どのくらい?

さっそく、廊下をDIYする場合の費用相場について解説します。

各DIYの内容に応じて、おおむね以下のとおりだと考えておきましょう。

DIYの内容 費用相場
フローリングシートの張り替え 5,000〜50,000円
タイルへの張り替え 5,000〜20,000円
壁面に棚をつける 1,000〜5,000円
照明でライトアップする 5,000〜20,000円
天井・壁も含めた全張り替え 15,000〜60,000円
手すりをつけてバリアフリーにする 5,000〜20,000円

たとえば「壁面に棚をつける」といったことであれば、たった1,000円くらいでやり切れることも。廊下のDIYについては、基本的に費用はさほど高くなりません。

ただし天井や壁を含めたクロスの張り替えになど、大規模なDIYでは、さすがに費用が高くなってきます。

費用と予算を見比べつつ、DIYするかどうか検討しましょう。


2.廊下はDIYと業者依頼どっちがいい?

 家の中を変えたいと考えるときは、やはり

  • 業者へ依頼するか
  • 自分でDIYするか

というのが、ひとつのポイントとなります。

業者へ依頼すれば、費用はかかるものの、廊下の仕上がりは素晴らしいものとなるはずです。

一方でDIYをする場合は、手間はかかっても費用がかかりません。
だからこそ、業者へ依頼するかDIYするか、悩んでいる人も多いでしょう。

下記では、業者へ依頼するべきケースと、DIYできるケースについて解説します。

2-1.業者にリフォームを依頼すべき人   

以下のような場合は、廊下はDIYせず、業者へリフォームを依頼するのがおすすめです。

  • DIYの経験が浅いが、直したところは多い人
  • 長い間、廊下が使えなくなるのを避けたい人
  • 下地などに、なんらかの問題があるケース

まず、「DIYの経験が浅いけれど、直したいところは多い人は」、業者を頼るのが無難です。

廊下のDIYは、一つひとつのことであれば、基本的にはさほどむずかしくありません。
しかしいくつも直さないといけないところがあると、ちょっとむずかしくなるし、途中で辛くなってきます。

いろいろと直す部分があるなら、DIYよりもリフォーム業者にやってもらうのがおすすめ。
また、廊下が使えなくなるのが困る人も、業者にリフォームを依頼するのがおすすめ。

なぜなら廊下をDIYするとなると、長い間廊下が通れなくなることもあるからです。特に廊下は、生活するうえでは必ず必要な部分。ここがDIY中使えないとなると、かなり不便にはなってしまいます。

業者へリフォームを依頼する場合も、廊下が使えなくなる期間はあります。
しかし、ゆっくりとDIYしている場合と比較すれば、その期間はかなり短くなるでしょう。

そして、廊下の下地などに問題があれば、業者へリフォームを依頼するのがおすすめ。

下地とは、カンタンに言えば廊下の裏側にある、基礎的な板のこと。下地については専門業者でなければ手を入れづらく、ちょっとした専門的な知識も必要となります。

DIYできないこともないですが、よほど慣れた人でない限りは、業者にリフォームの依頼を出すのがおすすめです。

無理にむずかしい廊下のDIYをすると、取り返しがつかないことになるかもしれません。

2-2.自分でDIYしてもよい人 

いっぽうで、以下のような条件に当てはまるなら、廊下は自分でDIYするのがよいでしょう。     

  • 簡単なDIYでおしゃれにしたい人
  • どうしても費用をおさえたい人

まず、簡単なDIYであれば、積極的にトライして問題ありません。
たとえば壁紙や床シートの張り替えなどであれば、初心者でも時間をかければ実現できます。

こういったDIYは、簡単ではありますが、うまくやればたいへんおしゃれな仕上がりになるはずです。

簡単な廊下のDIYには、積極的にチャレンジしましょう。また、業者へ依頼したくても、費用の面からそれが実現できないケースもあるでしょう。

だとすれば、廊下のDIYにはチャレンジする価値があります。

ただし費用を惜しんで高度なDIYに初心者がトライするのは、少し無謀です。
無理を感じたのであれば、費用が用意できるようになってから、依頼するのがよいでしょう。