廊下リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

廊下は住宅の中でもっとも傷みやすい場所であり、適切な頻度でのリフォームが必要です。

とはいえ、業者へ依頼してリフォームするとそれなりな費用がかかります。
よって、「廊下についてはDIYする」という方向で検討している人も多いでしょう。

しかし、廊下をDIYするときでも、リフォームと同様に費用は気になるところです。

本記事では、廊下をDIYする際の費用相場について解説します。
廊下のDIYを予定している人は、ぜひ参考にしてください。

また、DIYができるケースや、DIY実施中の注意点などについても触れています。

1.廊下をDIYする場合の費用相場は、どのくらい?

さっそく、廊下をDIYする場合の費用相場について解説します。

各DIYの内容に応じて、おおむね以下のとおりだと考えておきましょう。

DIYの内容 費用相場
フローリングシートの張り替え 5,000〜50,000円
タイルへの張り替え 5,000〜20,000円
壁面に棚をつける 1,000〜5,000円
照明でライトアップする 5,000〜20,000円
天井・壁も含めた全張り替え 15,000〜60,000円
手すりをつけてバリアフリーにする 5,000〜20,000円

たとえば「壁面に棚をつける」といったことであれば、たった1,000円くらいでやり切れることも。廊下のDIYについては、基本的に費用はさほど高くなりません。

ただし天井や壁を含めたクロスの張り替えになど、大規模なDIYでは、さすがに費用が高くなってきます。

費用と予算を見比べつつ、DIYするかどうか検討しましょう。

2.廊下はDIYと業者依頼どっちがいい?

 家の中を変えたいと考えるときは、やはり

  • 業者へ依頼するか
  • 自分でDIYするか

というのが、ひとつのポイントとなります。

業者へ依頼すれば、費用はかかるものの、廊下の仕上がりは素晴らしいものとなるはずです。

一方でDIYをする場合は、手間はかかっても費用がかかりません。
だからこそ、業者へ依頼するかDIYするか、悩んでいる人も多いでしょう。

下記では、業者へ依頼するべきケースと、DIYできるケースについて解説します。

2-1.業者にリフォームを依頼すべき人   

以下のような場合は、廊下はDIYせず、業者へリフォームを依頼するのがおすすめです。

  • DIYの経験が浅いが、直したところは多い人
  • 長い間、廊下が使えなくなるのを避けたい人
  • 下地などに、なんらかの問題があるケース

まず、「DIYの経験が浅いけれど、直したいところは多い人は」、業者を頼るのが無難です。

廊下のDIYは、一つひとつのことであれば、基本的にはさほどむずかしくありません。
しかしいくつも直さないといけないところがあると、ちょっとむずかしくなるし、途中で辛くなってきます。

いろいろと直す部分があるなら、DIYよりもリフォーム業者にやってもらうのがおすすめ。
また、廊下が使えなくなるのが困る人も、業者にリフォームを依頼するのがおすすめ。

なぜなら廊下をDIYするとなると、長い間廊下が通れなくなることもあるからです。特に廊下は、生活するうえでは必ず必要な部分。ここがDIY中使えないとなると、かなり不便にはなってしまいます。

業者へリフォームを依頼する場合も、廊下が使えなくなる期間はあります。
しかし、ゆっくりとDIYしている場合と比較すれば、その期間はかなり短くなるでしょう。

そして、廊下の下地などに問題があれば、業者へリフォームを依頼するのがおすすめ。

下地とは、カンタンに言えば廊下の裏側にある、基礎的な板のこと。下地については専門業者でなければ手を入れづらく、ちょっとした専門的な知識も必要となります。

DIYできないこともないですが、よほど慣れた人でない限りは、業者にリフォームの依頼を出すのがおすすめです。

無理にむずかしい廊下のDIYをすると、取り返しがつかないことになるかもしれません。

2-2.自分でDIYしてもよい人 

いっぽうで、以下のような条件に当てはまるなら、廊下は自分でDIYするのがよいでしょう。     

  • 簡単なDIYでおしゃれにしたい人
  • どうしても費用をおさえたい人

まず、簡単なDIYであれば、積極的にトライして問題ありません。
たとえば壁紙や床シートの張り替えなどであれば、初心者でも時間をかければ実現できます。

こういったDIYは、簡単ではありますが、うまくやればたいへんおしゃれな仕上がりになるはずです。

簡単な廊下のDIYには、積極的にチャレンジしましょう。また、業者へ依頼したくても、費用の面からそれが実現できないケースもあるでしょう。

だとすれば、廊下のDIYにはチャレンジする価値があります。

ただし費用を惜しんで高度なDIYに初心者がトライするのは、少し無謀です。
無理を感じたのであれば、費用が用意できるようになってから、依頼するのがよいでしょう。

3.廊下をDIYする際の注意点

ここまで、廊下のDIYに関する費用などについて解説しました。

廊下のDIYは、ちょっとしたことでも効果を感じられやすい部分です。費用をかけなくても、見違えるほどおしゃれに生まれ変わる場合もあります。

とはいえ、廊下のDIYをおしゃれにこなすには、いくつか注意点があるのです。

特に以下のような部分については知っておきましょう。

3-1.下地など、むずかしい部分には手を出さない

先ほども少し触れましたが、廊下をDIYする場合は、「下地」などには手を出さないようにしましょう。

他にも、たとえば大きな壁面収納を設置するといったことも、なかなかむずかしい部分です。
途中で何がなんだかわからなくなり、DIYを進められなくなったりするかもしれません。

また、本来は解体してはいけないところ解体してしまい、取り返しがつかなくなってしまうこともあります。

こうなるとDIYどころではなく、修繕費用を支払って現状回復しなければいけないケースも。

よって、廊下のむずかしい部分については、DIYよりも業者へ頼むのがよいでしょう。
まれに床下まで潜り込んだりして、徹底した廊下のDIYしている人もいます。

しかし、これは相当なDIYの技術を持っている人だからこそできることです。
初心者がいきなりできるものではないので、注意しましょう。

3-2.採寸をしっかり測る

また、廊下をDIYする場合は、採寸をしっかり測るようにしましょう。

なぜなら、採寸が間違っていると、後々で素材が噛み合わなかったりするからです。

たとえば、フローリングシートの採寸を間違えたりすると、「ちょっとだけ足りなくてスキマができる」なんてことが起こるかもしれません。場合によっては「やり直し」「買い直し」といったことにもなりかねないので、注意しましょう。

とはいえ、採寸はいくら気をつけていても間違えてしまうものです。

特に初心者に「採寸を1mmも間違えない」というのを求めるのは、ちょっと無理があります。採寸に自信がなければ、DIYのスキルを持っている人を頼るなどしたほうがよいでしょう。

もちろん、プロであるリフォーム業者へ依頼する方法も考えられます。

3-3.カンタンなDIYのやり方を意識する

廊下をDIYする場合は、できるだけカンタンなDIYのやり方を意識しましょう。

なぜならカンタンなDIYであればあるほど、正確かつおしゃれに仕上げやすいからです。

たとえば、フローリングシートの張り替えをする場合について考えてみましょう。この場合、古いシートを外す「新規張り」と、古いシートの上に新しいシートを被せる「重ね張り」というふたつの方法が考えられます。

うち、カンタンなのは古いシートを外さずに済む「重ね貼り」。これなら採寸に従って新しいシートを貼っていくだけなので、初めてのDIYでもチャレンジできるでしょう。

というように廊下のDIYでは、できるだけカンタンなやり方を意識することが重要。

カンタンなやり方を知っていれば、ちょっとした作業で効果的でオシャレなDIYが実現できます。

4.参考にしたい!廊下をおしゃれにDIYした事例

ここまで、廊下のDIYについて、基本的な部分を解説してきました。

上記までのポイントをおさえて、無理のないDIYを実施しましょう。

とはいえ、理屈で解説しても「DIYのイメージが浮かばない」という人も多いはずです。

下記では、廊下をおしゃれにしたDIYの事例を紹介します。
事例を見れば、どういったDIYができるか、イメージが膨らむでしょう。

今回紹介している事例は、Twitterのハッシュタグ「廊下DIY」を参考としています。

<フローリングをフェルト生地に張り替えたDIYの事例>

フローリング材からフェルト生地へ張り替えを実施した事例です。

見た目の部分で、かなり大きな変化があったとわかります。
傷んでいる床でなくなり、キレイで清潔感のある空間へと変化しました。

また、木くずが発生しなくなり、快適に通過できる廊下へと変化しています。

5.まとめ

リフォーム費用をおさえたい人は、ぜひ一度廊下のDIYにチャレンジしてみてください。
大掛かりなものではなかぎり、DIY初心者でもおしゃれに仕上げられるはずです。

ただし、大掛かりな廊下のDIYは、経験がある人でも少したいへんだったりします。
自信がないときは、費用をかけてでもリフォーム業者へ依頼するのがおすすめです。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。