新築マンションリフォームはどこまで可能?事例やアドバイスも

新築マンションを購入する場合、オプションで間取りや内装など一部を変更することができます。しかし「オプションでは個性が出せない」「意外にも見積もりが高くて驚いた」といった声も少なくありません。

新築マンションのオプションだけでは納得のいく住まいが作れないと感じたら、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

「新築なのにリフォームってありなの?」と思うかもしれませんが、新築だからこそリフォームがおすすめ。長く住むことになるため、リフォームして満足した状態で新生活をスタートさせましょう。

今回は新築マンションのリフォームでできる工事内容をお伝えし、実際のリフォーム事例やアドバイスもご紹介します。


1.新築マンションのリフォームは引き渡し後に行う

新築マンションのリフォームは、原則として「引き渡し後」に行われます。

「引き渡し前」に実施するなら、マンションを建設しているデベロッパーのオプション内でのカスタマイズがほとんどです。
引き渡し前なのか後なのかでリフォームできる内容は違ってくるので、それぞれの段階でできることを整理したいと思います。

引き渡し前:オプション範囲内のカスタムのみOK

メリット:引き渡し時には工事が完了した状態なのですぐに住める
デメリット:オプションの選択肢は少ない

引き渡し前の段階では、基本的にオプションの範囲内でカスタマイズすることになります。

というのも、引き渡し前のマンションの所有権はデベロッパーにあるため、買主が外部の業者を入れてリフォームすることはできないからです。

オプションでカスタマイズできる例

  • 棚やミラーを設置する
  • エコカラットの取り付け
  • コンセントを増設する
  • キッチンや浴室のアップグレード

購入後に開催されるオプション会で注文すると、引き渡しまでにすべての工事が完了するため、入居後すぐに快適な生活を始められます。

なお、デベロッパーによってはオプション外の対応をしてくれる場合もありますが、基本的にオプションでできる選択肢はあまり多くないと思っておきましょう。

引き渡し後:自由度の高いリフォームができる

メリット:間取り変更など自由度の高いリフォームが可能
デメリット:引き渡し後からの着工になるため入居までに時間がかかる

「オプションで気に入るものが見つけられなかった」「もっと考える猶予がほしい」と思ったら、引き渡し後にリフォームするのがおすすめです。

部屋の所有権がデベロッパーから自分たちに移った状態なので、間取り変更などの大胆なリフォームも自由度高く行えます。オプションは限られた選択肢から選ばなくてはいけませんが、引き渡し後のリフォームなら素材も大きさも自由に選べるのもメリット。

またオプション会は申し込み締切が決まっているため、じっくり考える猶予がないこともあります。内装にこだわりがあり、じっくりと考えたい場合は引き渡し後にリフォームするのもよいでしょう。


2.新築マンションリフォームでできること

ここでは、新築マンションのリフォームでできることを紹介します。

床材や壁材の変更

オプションで気に入る壁材や床材が見つからなかった場合、リフォームしてお気に入りの素材に変更できます。

変更できる床材の例

    • 無垢材
    • フロアタイル
    • クッションフロア
    • 合板フローリング
    • カーペット
    • コルク

 

変更できる壁材の例

  • アクセントクロス
  • 塗り壁
  • タイル
  • エコカラット

例えばマンションの床は防音規定の関係で、合板フローリングを採用することが多いのですが、無垢材の温かみのある雰囲気を楽しみたい場合もあるでしょう。

オプションで無垢材のフローリングを取り扱っていない場合、引き渡し後にリフォームすることで無垢材のフロー