外より家の中が寒いときの対策。新築や春でも寒い原因は?

外より家の中が寒い

冬の時期に「外より家の中が寒い……」と感じることはありませんか?春になっても暖房や暖かい衣服を手放せない方もいるかもしれません。進学や就職を機に引越し先の住居の寒さに悩んでいる方もいるでしょう。

家が寒くなるのは、経年劣化や断熱性能の低下などいくつかの理由があります。たとえ新築でも断熱性能が不十分な場合、家の寒さに悩まされることもあるのです。

この記事では、家が寒い理由や対策を詳しく解説します。
また、寒さ対策におすすめなリフォーム事例も紹介しますので「寒い原因を根本から解消したい!」という方はぜひ参考にしてください。


1.外より家の中が寒くなる原因

部屋の冷気対策をお伝えする前に、まずは外より家の中が寒くなる原因を解説します。

家の中が寒くなるのは築古物件に限らず、新築でも起こり得る悩みです。また戸建てやマンション、アパートなど住宅にはさまざまな種類がありますが、どのような住まいでも、以下のような原因があれば、部屋の温度は下がってしまいます。

1-1.すき間風

すきま風が入る家

築年数の古い家などで気密性が低い家などでは、すき間風が原因で家の中が寒くなることがあります。

築古物件は経年劣化によって歪みやひび割れが生じ、家の至るところに隙間ができます。そこから外の冷気が室内に入り込み、家の中が寒くなるのです。特にドアや窓、コンセントスイッチ周りは構造上どうしても隙間ができやすく、冷気が室内に流れ込む原因となる場所です。

1-2.コールドドラフト現象

家の中が寒くなる原因のひとつに、コールドドラフト現象があります。物件の築年数や住宅の種類に関係なく起こります。

コールドドラフト現象とは、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へ流れる空気の動きのことです。足元が冷えて実際の室温より体感温度が低くなるため、室内でも寒さを感じます。

1-3.建物自体の冷気

建物自体が冷えて寒さを感じるケースもあります。

例えば鉄筋コンクリート構造の建物では、一度冷えると温まりにくい性質が特徴です。建物自体にたまった冷気によって家の中が冷やされるだけでなく、暖房をつけても室内を温めるのに時間がかかります。その結果、外より家の中が寒いと感じる場合もあるでしょう。

1-4.断熱性が弱い

断熱性能が不十分な場合、新築でも冬の時期や春先に寒さを感じることがあります。

外気温は屋根や窓、壁を通して室内に伝わります。断熱性能の低い家は外の冷気が室内に侵入しやすく、家の中が寒くなりやすいのです。築古物件の場合、そもそも断熱材が入っていないケースもあります。

室内が寒く感じる主な原因は、窓やドアなどの開口部から外の空気が入ってくることや、壁や床などから伝わる外部の冷えです。それぞれで対策をとって解消しましょう!
回答

 

 


2.【今すぐできる】DIYや暖房器具による家の寒さ対策

外よりも家の中が冷える悩みを対策するには、暖房器具の種類や置き場所を工夫するのがポイントです。カーペットを敷いたり、断熱性能があるカーテンを窓に取り付けたりする方法は、大きな費用をかけず手軽にできる寒さ対策として効果的です。

戸建て暮らしの方はもちろん、アパートやマンションでの一人暮らしを始めて家の寒さに悩まされている方は以下の対策を一度試してみてください。

2-1.輻射熱(ふくしゃねつ)が出る暖房を使う

外より家の中が寒いと感じる場合、輻射熱(ふくしゃねつ)を利用した暖房を使用するのがおすすめです。輻射熱とは、赤外線の熱線により伝わる熱で、暖かい空間を維持するのに向いています。

輻射熱を利用した暖房にはいくつかの種類があります。例えば、オイルヒーターは温度ムラなく、部屋全体をじんわりと暖めるのが特徴です。すぐに暖まりたいなら電気ストーブやこたつがよいでしょう。ただしどちらも局所暖房のため、オイルヒーターと併用するのがおすすめです。

2-2.窓下に暖房器具を置く