天井リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

ここ数年、自分で家をリフォームする「DIYリフォーム」をよく耳にするようになりました。

なかでも、「天井のDIYリフォーム」に注目が集まっています。

コツさえつかめれば、天井のDIYは比較的カンタンにできるからです。

 とはいえ、DIY未経験者には敷居が高く感じてしまうと思います。

  • 「本当にDIYで天井をリフォームできるのかな?」
  • 「どれくらいの費用がかかるんだろう?」
  • 「失敗するよりは、業者に頼んだほうが間違いないのでは?」

分からないことだらけで、不安になってしまいますよね。

本記事は、

  • 天井のDIYにかかる費用は、どれくらいか
  • 天井のDIYには、どんなやり方があるのか
  • DIYに向いている人と、業者に頼んだほうがいい人の特徴

といった部分について解説します。

1.天井をDIYする際の相場費用

天井のDIYにかかる費用相場は、だいたい「3万~5万円」です。

もちろん、DIYする範囲や施工の種類によっては、値段も変わってきます。
最低限のDIYなら3万円以下になりますし、本格的にDIYするなら5万円以上になります。

また、DIYをする前に”リフォームのゴールを”決めておくと良いでしょう。

ここからは、天井をDIYする際の方法をお伝えします。
リフォームの方法・予算と照らし合わせて、DIYの内容を決めましょう。

2.実際に天井をDIYする方法

天井のDIY方法には、いくつか種類があります。

ここでは、初心者でも比較的おこないやすいDIYをご紹介します。

天井DIYの種類 難易度 注意点 費用
天井クロスの張替え ★☆☆☆☆
1人で作業可能
部屋の角や、クロスの継ぎ目などは、キレイに張るにはコツと、修正が必要になる。 20㎡(12畳)
2~5万円
穴あき補修 ★☆☆☆☆ 穴の大きさに合わせた適切な補修をする 2~3万円
天井の塗装 ★★☆☆☆
1人で作業可能
塗料が床に垂れる。
マスキングをしっかりおこなう必要アリ
20㎡(12畳)
2~5万円
天井石膏ボードの張替え ★★☆☆☆
1人~2人が望ましい
石膏ボードは重量があり、高所での作業はキケンが伴う。 20㎡(12畳)
6万円
天井の解体作業 ★★★★☆ 配管・電気・ガスの確認、粉塵・ごみ処理・屋根の構造理解など注意すべき点が多い 5~10万※
天井の高さを変える ★★★★★ 専門的な知識が必要になる。
大がかりな作業なので、時間がかかる
15~30万円
※アスベストが使用されている場合は、処理量が1㎠あたり万円かかる

天井のDIYといっても、これだけの種類と難易度の違いがあるのです。

3.天井はDIYと業者依頼どっちがいい?

DIYの内容を知り、「業者に頼んだほうが早いのでは?」と感じた方もいらっしゃると思います。

結論から言えば、これはケースバイケースです。

DIYしたほうがよい人もいれば、業者へ依頼したほうがよいこともあります

下記では、それぞれのパターンについて、詳しく解説します。 

3-1.業者にリフォームを依頼すべき人  

業者にリフォームを依頼したほうがいい人は、主に3つのパターンに分けられます。

  • 専門業者による修理が必要な人
  • 材料や道具を揃えるのがめんどうな人
  • 部屋を使えない期間があるのが嫌な人

一つずつ、確認していきましょう。

専門業者による修理が必要な人

修理内容によっては、専門業者に依頼しなければなりません。

専門業者による修理が必要とされるのは、おおむねえ下記のとおりです。

  • 断熱材の破損
  • 直径20cmを超える穴が空いている
  • 壁の中から切断された配線が出てきた
  • カギ・施錠等の防犯箇所

こういったケースでは、専門業者に任せるべきです。

業者以外が触れてしまうと、住環境が悪くなったり、防犯性が下がってしまいます。

また、配線作業は有資格者でなければ作業そのものが出来ません。

材料や道具を揃えるのがめんどうな人

天井のDIYでは、材料や道具を揃えなければなりません。

必要なものは、おおむね下記のとおりです。

  • カッター
  • かなづち
  • メジャー
  • のこぎり
  • 電動ドライバー
  • 水平器
  • ベニヤ板
  • フローリング材
  • カクシ釘
  • フロア釘etc…

思っていた以上に、用意するものが多いと感じたのではないでしょうか?

天井をDIYする楽しみよりも「用意する段階からめんどくさい」という感覚が強いなら、業者へ依頼するのがよいでしょう。

DIY中、部屋を使えない期間があるのが嫌な人

天井のDIY中は、終わるまでたいていは部屋が使えなくなります。

業者に頼めば、短期間でリフォームは終わりますが、DIYになるとそうはいきません。

やはり業者ほど手際よく天井をDIYできるわけではないので、どうしても作業に時間がかかってしまいます。

DIYが終わらないうちは、部屋が使えないので、しばらく不便な生活になる可能性も。
最近は在宅ワークも増えているので、仕事に支障をきたす方もいるでしょう。

部屋が使えず困るようでしたら、業者にたのんで早く終わらせることをおすすめします。

3-2.自分で天井をDIYしてもよい人 

自分で天井をDIYしてもよい人の特徴は、下記のとおりです。

  • 少しでも節約したい人(100均を有効活用する)
  • 簡単なDIYでおしゃれにしたい人
  • DIYすること自体が目的な人

該当される方はぜひ、天井のDIYにチャレンジしてみましょう。

少しでも節約したい人(100均を有効活用する)

天井について、リフォーム費用をおさえたい、お金をなるべくかけたくない人にはDIYに向いています。

この場合、100円均一を有効に活用するのがおすすめです。100均には、意外にも使用に耐えうる塗料やリメイクシートがあります。

これをうまく活用すれば、DIYを安価に済ませることが可能です。ただし、品質に関しては、専門的な資材と比べると、どうしても劣る部分があります。

この点を理解したうえで、上手く天井のDIYを進めていきましょう。

簡単なDIYでおしゃれにしたい人

  • 天井の色
  • 雰囲気を変える

こういった手軽なリフォームから始めたい方は、天井のDIYをしてもよいと言えます。

簡単でおしゃれな天井DIYには、下記のようなものがあります。

  • マスキングテープによる装飾
  • ペイント
  • ウォールステッカー
  • リメイクシート
  • 板の貼り付け
  • アイアンバーの設置
  • ラダーの設置
  • 流木アートの飾り付け

どれも、簡単で高い技術を必要としません。

簡単でオシャレな天井DIYを楽しみたい方にはかなりおすすめできます。
初心者の人でも、少し時間をかければトライできる内容です。

DIYすること自体が目的な人

「とにかくDIYを経験してみたい!」という方は、ぜひチャレンジしてみましょう。

天井のDIYは、先ほども触れたように初心者でもやりやすい部分です。
DIYに興味がある人なら、誰にとってもよい実践の場な訳ですね。

モチベーションが高ければ、たとえ初心者でもステキなDIYが実現できるはずです。

4.天井をDIYする際の注意点

天井をDIYする際には、注意すべき点が3つあります。

  1. DIYできない箇所や場所がある
  2. 採寸をしっかり測る
  3. 廃業ルールを確認する

これらを理解することが、天井のDIYでは重要となります。

また、最悪の場合は法律で罰則を科せられることもあるので、よく理解しておくことが重要です。

4-1.DIYできない箇所や作業がある

天井には、DIYできない、してはならない箇所や作業があります。

特に、天井のDIYで気を付けなければいけないのは、「電気配線が走る場所には触れてはいけない」ということ。
なぜなら、電気配線を触る場合には、「電気工事2種」の資格が必要だからです。

もし無資格者が、電気工事をした場合「3万円以下の罰金・または3ヶ月以下の懲役」に科せられます。
知識もなく修理をした結果、火災や死亡事故に繋がることもあります。

多くの人は電気工事2種を有していないはずなので、触らないようにしましょう。

4-2.採寸をしっかり測る

天井をDIYする際は、しっかり採寸をしてから行いましょう。
めんどくさがって、採寸せずにDIYを始めるのは危険です。

採寸せずにDIYを行うと、主に以下3つのデメリットが生じるからです。

  1. 非効率な作業になる(多すぎれば出費が増え、少なければ買い足す時間がかかる)
  2. 見た目が悪くなる
  3. スキマができてしまうかもしれない

メジャーなどを使い、きちんと採寸して記録しておきましょう。

その上で資材を購入するのが、DIYの基本となります。

4-3.廃棄ルールを確認する

天井をDIYすると、大量の廃材が出てきます。

特に天井を大掛かりに解体した場合は、相当な量になるでしょう。
こうして出た廃材を処分する場合は、きちんと廃棄のルールを確認しましょう。

廃材の種類によっては廃棄方法が違うからです。たとえば、大きな木材は基本的に産業廃棄物となります。
しかし、地域によっては「燃えるゴミ」として処理できたりするのです。

こういった点については、地方自治体のホームページで確認しておきましょう。

また、石膏ボードなどはほぼ確実に産業廃棄物になります。

この場合、

  • 産業廃棄物処理の資格を有する業者に頼む
  • 自分で、最終廃棄場に持っていく

もし処分方法を間違えると、産業廃棄物の不法投棄に該当するかもしれません。

その場合、5年以下の懲役もしくは1000万円の罰金、またはその両方が科せられます。

DIYで出たゴミの処理方法は、事前にしっかり調べておきましょう。

5.参考にしたい!天井をおしゃれにDIYした事例

 続いて、天井における「おしゃれなDIY」の事例について解説します。
「DIYでここまで変わる」と分かれば、モチベーションも高まるでしょう。

また、完成形をイメージするといった部分でも役立つはずです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

で好きを形に。(@akieootsuka)がシェアした投稿

こちらは照明の取り付けですが、照明のデザインが部屋の雰囲気にマッチしています。
シャンデリア風のアイテムは、部屋の雰囲気を大きく様変わりさせるでしょう。

6.まとめ

本記事の内容は下記のとおりでした。

  1. 天井のDIY費用相場は「3万円~5万円」程度
  2. 天井DIYは、「クロスや石膏ボードの張替え・塗装・解体・天井の高低変更」など
  3. DIYをしてよいケースと、業者に任せたよいケースがある
  4. DIYをするなら、注意点についてきちんと知っておく

天井のDIYは難易度が低く、費用もさほどかかりません。

注意点などを理解しておけば、リフォーム業者に頼らなくても、じゅうぶんな仕上がりになるはずです

ぜひ本記事を参考にして、天井のDIYにチャレンジしてください。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。