トイレの増設をお考えの方必見!増設費用・設置場所・注意点

トイレ増設

「トイレが寝室から遠くて行くのがめんどう。」
「トイレが1階にしかなく、階段の昇り降りがつらい。」
「家族が多く、朝トイレが混む。」

これらのお悩みを解決するためにトイレを増設しようとお考えの方は少なくないのではないでしょうか。

 トイレの増設は、今ある間取りを変えるリフォームになりますので、慎重に行わなければなりません。

生活導線をよく考え住みやすいように十分考えられているのが現状の間取りです。現時点で完成しているものに手を加えて住みやすさ向上させるのはとても難しいことなのです。

そのため、ご自身でもどこにトイレを設置したらよいか、おおよそのイメージを持っておくことが必要です。

 トイレを増設する際に知っておきたい費用・設置の条件・注意点などを分かりやすく解説いたします。

こちらでトイレの増設に関する知識を習得し、イメージを固めることでトイレの増設を成功させましょう。


1.トイレ増設の費用

トイレ増設にかかる費用は50~100万円です。費用の内訳は以下の通りです。

トイレ設備費用:15~50万円
工事費:25~50万円

1-1.トイレの増設費用が変わる要因

トイレの増設費用は以下の項目によって変わります。

  • トイレ本体のグレード
  • 給排水管の工事費用(給排水管との繋ぎやすさ・距離)

詳しい費用は以下の通りです。

トイレのグレード 給排水管の工事
既存の配管繋ぎやすい 既存の配管に繋ぎにくい
ベーシック
【10~25万円】
50~70万円 65~85万円
ハイグレード
【20~30万円】
60~80万円 75~100万円

トイレ本体のグレード

トイレには様々なグレードがあり、15万円以下の比較的手頃なものから30万円以上するものもあります。

トイレの大きさにも違いがあり、タンクがあるタイプとタンクレスのタイプだとサイズが10㎝ほど違います。増設をお考えのスペースにあったサイズのトイレや、お使いになる方にあったトイレを検討してください。

給排水管の工事費用

今ある給排水管に繋ぎやすい位置ですと費用が安くなり、繋ぎにくいと費用が高くなってしまいます。

また、配管の距離や曲がる回数によっても2~3万円ほど差がでます。距離が長く、曲がる回数が多くなると費用が高くなります。

例えば、一階のトイレの真上のスペースに増設する場合ですと、給排水管を上に伸ばせばよいだけなので費用は安くなります。

さらに、給排水管を外壁づたいで持ってくるか、床を壊して持ってくるかによっても費用が変わってきます。見た目の印象は少し悪くなりますが、外壁づたいの方が費用を抑えられます。

>>【データで見るトイレリフォームの費用と相場】はこちら