屋根の葺き替えや部分修理にかかる費用や火災保険の適用方法

アイキャッチ

「屋根の修理やメンテナンスを行いたいけれど、どのくらいの費用がかかるか調べたい」

こういった思いからこの記事にたどり着いた人は多いでしょう。屋根の修理方法には全体を張り替える「葺き替え(ふきかえ)」と「部分修理」があります。

修理方法によって費用は大きく異なりますので、可能な限り出費を抑えるために屋根修理の相場を把握しておきましょう。

費用の相場以外にもあなたの家の屋根がどちらの修理方法に適しているのか、優良業者に依頼する方法なども紹介いたします。この記事を読むことで、無駄な費用を抑えることができるでしょう。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.屋根の修理にかかる費用の相場

1.屋根の修理にかかる費用の相場

屋根の修理には2つの種類があります。それが「部分修理」と「吹き替え」です。症状によりどちらが最適か異なる上に費用が大きく変わってきます。自宅の屋根の修理にどちらを採用するか、その見極め方と費用を紹介します。

1-1.屋根の部分修理にかかる費用の相場

屋根の部分修理にかかる費用は修理部位や素材によって大きく異なります。しかし一部だけの修理であれば1万円〜40万円程度で済みますので葺き替えよりは安くなるでしょう。

では、部分修理にかかる費用はどのくらいになるのでしょうか。

部分修理にかかる費用の例を以下にまとめました。

屋根の部分修理にかかる費用の相場

※「棟」とは屋根の面同士が交差する部分で、最上部などについています。

屋根の部分修理にかかる費用の相場

業者ごとに価格設定の基準が異なりますので実際の価格とは異なる場合があります。

葺き替えと比べた時の部分修理のメリットとデメリットには以下があります。

屋根の部分修理にかかる費用の相場

修理範囲が狭い分、部分修理は葺き替えよりも価格が安く済みます。

葺き替えは工事中に下地がむき出しになるため雨漏りのリスクがあります。もちろん雨漏り対策はするのですが、部分修理であれば一部しか露出しませんのでリスクを下げることができるでしょう。

一方で、部分修理を行うと周囲の素材と全く同じものを使えるとは限らないため色や素材に違いが出ることが多いです。屋根ですので見た目を気にすることは無いかもしれません。

しかし統一感が無いと我慢出来ないという場合には塗装などが必要ですので、部分修理だけで対応するのは難しいでしょう。

1-2.葺き替えする屋根の種類による相場

屋根の葺き替え修理の相場は、30坪程度の住宅で60万円〜200万円です 。屋根の葺き替え工事にかかる費用は大きく分けると「材料費」と「工事費」の2つがあります。このうちの材料費、つまりどの屋根材を使うかにより値段が変わってきます。後ほど屋根材の種類と特徴を説明します。

屋根の葺き替えは費用が高額なため可能なら部分修理をしたいところです。しかし、以下のような例では葺き替えが必要な場合があります。

  • 修理箇所が広範囲に及ぶ
  • 全体的な下地補修が必要
  • 修理部位の色を周辺と合わせたい

広範囲の修理でも部分修理を全体に行うことで対処が可能ですが、費用が高額になりすぎるため葺き替えで対応したほうが良いでしょう。

また、部分修理した箇所は周辺部分にくらべて色が変わってしまいます。同じ色にしたい場合は全面塗装や葺き替えが適しているでしょう。

葺き替えは屋根の素材によって価格が大きく異なります。材料ごとの相場は以下のようになっています。

葺き替えする屋根の種類による相場

※同じ坪数の住宅でも屋根の数や角度によって屋根面積が2倍ほど変わります。

化粧スレートの特徴

化粧スレートの特徴

新築住宅で多く利用している屋根材です。

【メリット】

施工内容が簡単なため取り扱える業者が多く、低価格で工事ができる点です。色の種類が豊富というのも魅力の1つでしょう。

ガルバリウムほどではありませんが軽量性に優れているため地震の際に落下しにくい素材です。

【デメリット】

寿命が短く30年程度しかもちません。屋根素材の寿命は50年以上のものが多いため化粧スレートの耐用年数は短いと言えるでしょう。

色の種類が多い一方で単調なデザイン性のため日本家屋には適さない場合があります。

アスファルトシングルの特徴

 アスファルトシングルの特徴

アスファルトを使用した屋根材です。

【メリット】

曲線の屋根でも使用できる点と、価格の安さ、軽量性です。

【デメリット】

メンテナンスの頻度が高いことと、コケやカビがつきやすいことでしょう。

また、軽量でサイズが小さいため台風などで飛ばされやすい素材です。耐用年数は20年〜30年程度と短いです。

ガルバリウムの特徴

ガルバリウムの特徴

現在「金属屋根」と言えば多くがガルバリウムを指します。強度こそありませんが耐用年数が長く、50年以上あります。

【メリット】

メンテナンス頻度が化粧スレートに比べると少ないことです。デザイン性やカラーバリエーションも豊富なため日本家屋でも不自然さがありません。

【デメリット】

浸水に弱いことと、工事費用が化粧スレートより高額となることです。特に浸水は深刻で、同じ部位に水滴が長いあいだ付着していると劣化していくので、水が流れやすい角度のついた屋根に使うことが多いです。

セメント瓦の特徴

 セメント瓦の特徴

セメントと砂を使って作られた瓦です。

【メリット】

他の瓦と違って洋風や北欧風などのデザインが選べるため見た目が良くなることです。

【デメリット】

耐用年数が短く30年〜40年程度で劣化します。

日本瓦の特徴

日本瓦の特徴

日本の多くの住宅で使用されている屋根材です。

【メリット】

50年〜100年という寿命の長さと、昔からある日本家屋とのデザイン的な相性が良いことです。

【デメリット】

瓦自体が重いため耐震性が低いこと、台風などの際に飛んでしまうと危険性が高いこと、初期費用やメンテナンスが高額となることが挙げられます。

銅板の特徴

銅板の特徴

昔から使用されている屋根の材料で、寿命が60年以上と非常に長いです。

【メリット】

寿命の長さの他に非常に軽いこと、メンテナンスがほとんどいらないことです。

【デメリット】

費用が高額という点でしょう。近年では寺院などで使用されているだけで住宅に利用することが少なくなっています。

 

2.屋根修理の見積もり書の一例

屋根修理の見積もり書の一例

屋根修理の価格は住宅の構造や業者によって異なります。「部分補修」「葺き替え」それぞれの見積もり例を紹介します。30坪の住宅での全面葺き替えでは、どの程度の価格になるかを紹介いたします。 

【部分補修】瓦屋根が10枚破損した場合

【部分補修】瓦屋根が10枚破損した場合

【部分補修】雨漏りの修理 

【部分補修】雨漏りの修理

【葺き替え】30坪の場合

【葺き替え】30坪の場合

この他に足場費用などが増える場合があります。

上記は一例です。内部の腐食具合や業者によって価格は異なります。部分修理では梯子で作業ができない場合に足場費用がかかります。

見積書では「一式」という項目が多すぎないかに注目しましょう。材料費などの本来は面積を記載するべき項目まで「一式」となっていた場合は信用できない業者の可能性が高いです。

 

3.屋根の修理費用が相場よりも高くなるケース

屋根の修理費用が相場よりも高くなるケース

屋根の修理費用が今回紹介した相場よりも高くなるケースには以下のようなものがあります。

3-1.屋根の角度が急な場合

屋根の角度が急な場合、工事の難易度が上がるのに加えて屋根面積が増えますので費用が高くなる傾向があります。

部分修理であればほとんど変わりませんが葺き替えの場合には屋根に角度があるほど面積が増しますので費用が高くなるでしょう。

3-2.業者の拠点から遠すぎて材料の運搬が難しい場合

業者の拠点から50km以上離れているような場所だと工事費用が高くなる場合があります。

1日に作業できる時間が短くなるため工期が伸びやすくなるという理由と、移動のために使用するガソリン代などがかかるためです。

他にも山の中で工事をする場合は材料の運搬にも影響が出ますので出張費用が高くつくことがあります。

 

4.屋根修理の費用を抑えるために確認するべきポイント

屋根修理の費用を抑えるために確認するべきポイント

屋根の葺き替えや修理を依頼するときに気をつけなくてはいけないポイントがあります。

何も考えずに業者に依頼してしまうと「費用が50万円以上も増えた」なんてことになりかねません。

無駄な出費を抑えるために以下のポイントはチェックしておきましょう。

4-1.火災保険が使えるケースなら節約できる

屋根修理には火災保険や補助金を利用できる可能性があります。

台風や竜巻による瓦の破損などは火災保険が適用されるかもしれませんので、以下のような症状を見つけたら保険会社に連絡してみましょう。

  • 強風で屋根が破損した
  • 強風で瓦が剥がれた・ズレた・飛んでいった
  • 雪やひょうで屋根が破損した

ただし、下記の場合には火災保険が適用されにくいでしょう。

  • 破損から3年以上が経過した
  • 修理費用が20万円以下
  • 過失や故意による破損
  • 年月の経過による劣化

4-2.相見積もりを取得して費用を抑える

屋根修理をする上で費用を節約する最も重要な方法は相見積もりを取得することです。

1社から見積もりを取得した場合、提示された費用が適正なのかを素人が知ることは困難です。

しかし、3社以上から見積もりを取得すれば比較ができますので判断しやすくなるでしょう。

2社だけの場合、極端に価格が安い業者と高い業者に分かれたらどちらが適正価格化を知ることができません。

3社以上に見積もりを依頼すれば2社は価格が近くなりやすいので適正価格がわかりやすくなるでしょう。

もし業者選びで迷うようならリフォームガイドで見積もりを取得すれば比較的安心して選ぶことが可能でしょう。

リフォームガイドは審査を通過した優良な業者のみが登録されています。その中からお客様のお住まいや要望に合った業者をピックアップし、同時に複数社から見積もりを取ることができますので、ぜひ活用してみましょう。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめてご紹介できます。

リフォームガイドとは?2

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

5.まとめ

屋根の修理を行うのなら自宅に適した修理方法を知る必要があります。

一部だけの修理で済むなら部分修理で十分ですが、広範囲の修理を行うのなら葺き替えが必要になることもあるでしょう。

自宅に適した修理方法を知るのは素人では難しいため見積もり業者に適した修理方法を選択してもらいましょう。

業者に見積もり依頼をする際は3社以上の相見積もりを取り、適正価格が判別しましょう。その上で、屋根の工事費用を抑えるために優良業者を見抜けるようにしましょう。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。