外壁塗装をする費用相場は?費用を抑えるコツを徹底解説!

「外壁塗装の相場を知りたい」
「外壁塗装の工事費用を安くするには?」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、外壁塗装に必要な費用の相場と、工事価格を安くするコツを紹介します。

記事の内容を知らずに工事をすると高額な工事費用を請求されるおそれがあります。内容をチェックして事前に対策を立てておきましょう。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.外壁塗装にかかる費用の相場はいくら?

外壁塗装にかかる費用の相場は70〜100万円です。上記は一般的な30坪の住宅の場合です。塗料の種類や住宅の坪数によって工事価格は変動するでしょう。

以下では、坪数別の工事費用や、作業内容ごとの費用内訳などを紹介します。

1-1.工事にかかる坪数別の合計費用

シリコン塗料を使って工事をした場合、外壁塗装の工事にかかる坪数別の合計費用は以下のようになります。

  • 20坪 60万円
  • 30坪 80万円
  • 40坪 95万円
  • 50坪 105万円
  • 60坪 125万円

価格は上下20万円程度の変動があると考えておきましょう。また、ウレタン塗料を使う場合は-10万円、フッ素塗料なら+10万円程度が相場となります。

1-2.作業内容ごとの費用内訳

外壁塗装の作業内容ごとの費用相場は以下のようになります(30坪の住宅でシリコン塗料を使う場合)。

  • 足場 23万円
  • 養生 11万円
  • 高圧洗浄 3万円
  • 塗装 28万円
  • 破風 3万円
  • 雨樋 3万円
  • 諸経費 11万円

工事内容ごとの単価は以下の表を参考にしてください。 この価格を目安にして、業者の見積もりが高いかどうかを判断するとよいでしょう。

1-3.材料ごとの費用内訳

30坪の住宅で工事をする場合の費用相場は以下のようになります。価格は目安であり、商品によって変動します。

  • ウレタン塗料 70万円
  • シリコン塗料 80万円
  • ラジカル塗料 83万円
  • フッ素塗料 90万円

各塗料の単価を以下の表にまとめましたのでチェックしてみてください。 この価格を目安にして、業者の見積もりが高いかどうかを判断してみてください。

1-4.建物の外壁の種類ごとの費用相場

建物の外壁の種類によって費用が変動するケースがあります。外壁の種類による明確な相場はありませんが、材質ごとの価格変動については以下のように考えるとよいでしょう。

  • サイディング外壁:上記で紹介した相場どおりの価格
  • モルタル外壁:相場価格より1〜10万円高い
  • 金属外壁:相場価格より1〜10万円高い
  • コンクリート外壁:相場価格より2〜15万円高い
  • 木製外壁:相場価格より3〜20万円高い

費用が高くなる理由は、下地処理に手間がかかるためです。モルタル外壁なら弾力性をもたせた塗料が求められるとか、金属外壁なら錆び落としの作業があるなどです。

坪数と塗料別の費用相場を以下にまとめましたので参考にしてください。

 

2.外壁塗装の費用を安全な方法で相場より安くするコツ

外壁塗装の費用を抑えようとすると、安い業者に依頼すると考える人が多いでしょう。しかし、価格の安さだけで業者を選ぶと手抜き工事をされるリスクが高くなります。

安全な方法で工事費用を相場より安くするには8つのコツがあります。

  1. 訪問営業の業者は避ける
  2. 相見積もりで優良業者を探す
  3. 自社施工の会社に依頼する
  4. 補助金や助成金を利用する
  5. 火災保険を利用する
  6. 外壁と屋根を同時に塗装する
  7. コストパフォーマンスに優れた塗料を使う
  8. 職人を若手にして人件費を節約する

8つのコツを使って工事をすれば費用を安くできるでしょう

2-1.訪問営業の業者は避ける

唐突に訪問してくる業者には、依頼しないようにしましょう。なぜなら、優良業者は待っていても依頼が来るため訪問営業をしていないからです。

訪問営業をする必要があるのは、評判が良くなくて営業をしなければ成り立たない業者だと考えられます。工事を依頼しても費用が後から増やされたり、満足な品質にならなかったりするでしょう。

2-2.相見積もりで優良業者を探す

複数の業者に同じ工事内容で見積もりを出してもらう方法が相見積もりです。相見積もりをすると業者を比較できるため安い優良業者を見つけやすくなります。

相見積もりで優良業者を探す際には以下の3つをチェックしましょう。

値引きを10万円以上していないか確認

値引きを10万円以上している業者は注意が必要です。外壁塗装で10万円以上の値引きをすると業者の利益はほとんどありません。

手抜き工事を前提として大幅な値引きをしている危険があるため、該当するような会社には依頼しないようにしましょう。

他社と比べて価格が離れすぎていないか確認

他の会社に比べて価格が安すぎる業者は手抜き工事のおそれがあります。相見積もりでは工事条件を揃えるため、他の業者よりも工事価格が3割以上安くなることは考えにくいです。

工事方法や使う材料が同じなのに価格に3割以上の差がある会社は、手抜き工事の危険があるため候補から除外しましょう。

工程ごとに費用が明確に記載されているか確認

外壁塗装には、足場の設置や養生といった数々の工程があります。優良な業者であれば工程ごとに費用を記載してくれます。

優良業者を探すのであれば、工程ごとに費用を記載していない 業者は候補から除外するとよいでしょう。

工程ごとに費用を記載していない例としては、「外壁塗装工事」といった項目ですべての工程をひとまとめにしている場合があります。

2-3.自社施工の会社に依頼する

外壁塗装の企業には以下の2種類があります。

  • 依頼を受けるだけで工事自体は下請け会社に任せてしまう「営業専門企業」
  • 依頼を受けて工事も自社でおこなう「自社施工企業」

「営業専門企業」の場合、仲介料として1〜3割の費用を抜いたあとに下請け業者に工事を委託します。

「営業専門企業」と「下請け業者」の2社分の利益を抜いた後の金額が実際の工事費となってしまい、工事の質が低下します。

「自社施工企業」であれば仲介料はかからないため、あなたが渡した金額から1社分の利益を差し引いた額が工事費となり、質は低下しません。

自社施工の会社はホームページを見て判別できる場合があります。ホームページに職人の写真が掲載されていれば自社施工の可能性が高いです。

また、ホームセンターやハウスメーカー、ゼネコンは「営業専門企業」のため、依頼するのは避けるとよいでしょう。

2-4.補助金や助成金を利用する

外壁塗装では、遮熱塗料を使った場合に自治体から補助金や助成金を受け取れる場合があります。

多くの自治体では、補助額として10〜20万円程度を上限として支給しています。所属する自治体で補助金や助成金を使えるかは地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイトで確認が可能です。最新の情報は載っていない場合もあるため、市区町村の役所に尋ねてみるとよいでしょう。

2-5.火災保険を利用する

外壁塗装だけのリフォームでは難しいですが、外壁の修復と一緒に塗装をする場合は火災保険が適用できる可能性があります。

具体的には「台風で外壁が破損した場合に補修する」といった工事です。どのようなケースで保険が適用できるかは保険会社が決めるため一概には言えませんが、台風や強風といった「風災害による被害」であれば適用できる可能性は高まるでしょう。

火災保険を使う場合は、保険の適用実績が豊富な業者を探してください。細かい手続きがあるため、実績がない業者に依頼すると保険金が受け取れないおそれがあります。

火災保険の適用実績があるかどうかは、見積もりを依頼する際に業者に「火災保険を使って外壁塗装をした実績はありますか?」と尋ねるとよいでしょう。

2-6.外壁と屋根を同時に塗装する

長期的なコストを削減するのなら、外壁と屋根を同時に塗装することをおすすめします。外壁のほかに屋根も塗装するため一時的には費用は増えますが、1度の工事で屋根も工事ができるため、別々で工事をするよりも足場を設置する費用を節約できます。

足場の設置費用は20万円ほどかかるため、長期的には工事費用を安くできます。

2-7.コストパフォーマンスに優れた塗料を使う

価格の割に長持ちする塗料を使えば長期的には工事費用を節約できます。おすすめの塗料は「シリコン塗料」です。

現在販売されているなかで、耐用年数と価格のコストパフォーマンスが特に高いと考えられています。

最もコストパフォーマンスが高いのは「ラジカル塗料」だと言われています。ただし、ラジカル塗料は登場して10年に満たない材料のため信頼性に疑問があります。確実性を考えるのならシリコン塗料が望ましいでしょう。

2-8.職人を若手にして人件費を節約する

他の7つの対策をしたうえでさらに費用を節約するのなら、工事をする職人を熟練ではなく若手にしてもらう手法があります。

職人の人件費は熟練度や経験年数に比例します。若手職人に工事をしてもらえば人件費を節約できるでしょう。

ただし、会社によっては職人を選べません。また、繁忙期となる夏〜秋は業者が人手不足のため、職人を選ばせてもらえる可能性は低いでしょう。

若手職人に工事を任せると品質が低下するおそれもあるため、どうしても価格を抑えたいという場合のリスクが高い手段と考えておきましょう。

 

3.まとめ

外壁塗装にかかる費用の相場は70〜100万円程度です。外壁の面積や塗料の品質などによって価格は変動するでしょう。

費用を安くする対策としては、補助金や火災保険を使う方法があります。外壁塗装で補助金を受け取る方法や手順は「外壁工事で補助金・助成金を受け取る方法と注意点をチェック」をご覧ください。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。