外壁に穴をあける手順や塞ぐ方法、費用相場、注意点を紹介!

「外壁に穴をあけても大丈夫なの?」

「外壁に穴をあける際の注意点を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、外壁に穴をあける方法や費用相場を紹介します。具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁に穴をあけても大丈夫なのか
  • 穴をあける手順と費用相場
  • 穴を塞ぐ方法と費用相場
  • 外壁に穴をあける際の注意点

記事を読まずに外壁にネジ穴をあけると雨漏りを引き起こす恐れがあります。
住宅トラブル防止のために、事前にチェックしておきましょう。


1.外壁に穴をあけても大丈夫?

外壁の穴

外壁に穴をあけることは可能です。
ただし、あける場所や素材を考慮する必要があります。

誤った方法で外壁に穴をあけると、建築材の腐食や雨漏りを引き起こすでしょう。

外壁に穴をあける方法は2つあります。

  1. 自分であける
  2. 業者にあけてもらう

小さなネジ穴を2〜3つ程度なら自分であけても構いません。

しかし、多数の穴をあける場合や、バイプを通すようなサイズの大穴を作りたいのならリスクが高いため業者に依頼しましょう。

失敗すると外壁の交換が必要なケースもあります。
外壁の知識がない人や、穴あけに失敗したくない人は業者に依頼することをおすすめします。

自分で穴をあける場合の注意点は記事の後半で解説します。


2.外壁に穴をあける手順と費用相場