【2024年度】古民家再生リフォームで使える補助金・助成金制度

古民家リフォーム補助金_アイキャッチ

「古民家に住みたい」と思ったときに、リフォーム費用が気になる人も多いでしょう。古民家に明確な定義はありませんが、築50年を超える木造住宅を指すのが一般的です。古い家なので、住み続けるにはリフォームが必要になるケースが少なくありません。

そんなとき、補助金を活用すると費用を抑えられる可能性があります。この記事では、古民家のリフォームで使える補助金制度や、リフォーム後に適用される可能性がある減税制度などを紹介します。


1. 古民家のリフォームで使える補助金

古民家のリフォームで使える補助金制度を、

  • 耐震
  • 省エネ
  • バリアフリー

の3つの目的に分けて紹介します。

1-1.耐震

築後50年たった家を古民家とするなら、すべての古民家は新耐震基準(1981年6月1日施行)ではなく、旧耐震基準で建てられていることになります。

旧耐震基準は「震度5程度で倒壊・崩壊しない」とされており、震度6以上の地震が想定されていません。耐震性に不安があるため、耐震リフォームを検討する人が多くなります。

まずは耐震リフォームで使える補助金制度を確認しましょう。

自治体の補助事業

住宅の耐震性は地域の安全に深く関わるので、多くの自治体が補助金・助成金制度を設けています。

たとえば静岡県静岡市では、「木造住宅耐震事業」をおこなっています。これは1981年(昭和56年)5月31日以前に建てられた旧耐震基準の木造住宅について、最大100万円を上限として補強計画(設計)と補強工事にかかる費用を補助する制度です。

旧耐震基準で建てられた古民家は、自治体の耐震リフォーム事業の対象になるケースがほとんどと考えられます。対象の自治体に必ず確認しましょう。

【2024年度版】耐震リフォームに使える補助金は?条件や申請の流れを確認
【2024年度版】耐震リフォームに使える補助金は?条件や申請の流れを確認