【同居・相続】実家のリフォームで検討したいことや費用相場。贈与税についても解説

「古くなってきた実家をリフォームして同居を始めたい」
「しばらく空き家になっている実家をリフォームして移住したい」

そろそろ実家をリフォームしたいけれど、どのような工事をすべきかと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。また予算はどのくらいかかるのか、誰がリフォーム資金を負担すればよいのか、リフォーム費用に贈与税はかかるのかなど、資金面の心配もつきものです。

そこで今回は実家リフォームで検討するべき工事内容や費用相場、贈与税について詳しく解説します。実家リフォームに成功したビフォーアフター事例もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次


1.【目的別】実家リフォームでよく検討される工事内容と費用相場

実家のリフォームでは下記のような工事内容がよく検討されます。

  • スケルトンリフォーム(古い家を構造部分や配管など内側から新しくしたい場合)
  • 水回りリフォーム(寒い・暗い・古い水回りの場合)
  • 断熱リフォーム(家の中で寒暖差を感じやすい場合)
  • 耐震リフォーム(築40年以上の旧耐震基準の家の場合)
  • バリアフリーリフォーム(高齢の親と同居する、ご自身が歳をとっても住みつづける場合)
  • 二世帯住宅リフォーム(親と同居を始める場合)

家の状態やリフォームの目的によって、工事の内容や予算は変わってきます。それぞれのリフォーム内容と、その費用相場について解説していきます。

[スケルトンリフォーム] 構造部分や配管まで劣化しているなら

長く住んできた実家は、間取りや内装やもちろん断熱材・配線・配管などの見えない部分まで劣化していることが少なくありません。そのためあれこれ工事するよりも、骨組みの状態まで解体して間取りや内装を一から作っていく「スケルトンリフォーム」のほうが向いているケースが多いでしょう。

ただし大掛かりなリフォームになるので金額も上がります。建物の状態によっては建て直しと同等の金額になるケースもあるので、綿密な調査と見積もりが必要です。

<スケルトンリフォームの費用相場>
戸建てのスケルトンリフォーム 約1,000〜2,500万円
マンションのスケルトンリフォーム 約650〜1,450万円

▼関連記事

【事例付】スケルトンリフォームの費用相場-費用を抑えるコツも-
【事例付】スケルトンリフォームの費用相場-費用を抑えるコツも-
【事例付】スケルトンリフォームの費用相場-費用を抑えるコツも-
記事を読む

[水回りリフォーム] 寒い・暗い・古い水回りなら

予算に限りがあってスケルトンリフォームが難しい場合、優先的に工事したいのがお風呂・洗面所・トイレ・キッチンといった水回りです。水回り設備は15〜25年周期でリフォームのタイミングを迎えるため、古くなっている設備はまとめてリフォームしましょう

水回りリフォームの費用は、設備のグレードや位置変更の有無などでも大きく変わってきます。設備の交換だけでなく、壁紙や内装を交換したり設備の位置を変えたりすることもあります。

<水回りリフォームの費用相場>
お風呂(ユニットバス交換) 約60〜120万円
洗面所(洗面台交換) 約8〜25万円
トイレ(トイレ交換+CF張り替え) 約12〜50万円
キッチン(システムキッチン交換) 約50〜160万円

▼関連記事

水回りリフォームの費用相場・注意点・安く抑える方法も解説
<