お風呂リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

「お風呂のリフォームって、どれくらいかかるの?」

「どんなリフォームには、いくらくらいかかるんだろう?」

「予算内で、ちゃんとリフォームできるかな?」

といった疑問や不安を持っている人は、非常に多いのではないでしょうか?

特にお風呂のリフォームが初めての人には、ピンとこない部分が多いはずです。

もしかしたら、「何百万円もかかるのでは?」と思う人もいるかもしれませんね。

本記事では、

  • お風呂のリフォームにかかる費用相場
  • 費用ごとでの、お風呂のリフォーム例
  • お風呂をリフォームする際のポイントや、メーカー・業者の選び方

などについて、詳しく解説します。

お風呂のリフォームで失敗したくない人は、ぜひ参考にしてください。

お風呂リフォームの費用と相場


1.お風呂のリフォームの相場費用

お風呂のリフォームについては、おおむね以下のような費用が相場として挙げられます。

グレード 在来浴室からユニットバスにリフォーム ユニットバス交換 機能
高い 96万円〜124万円 109万円〜127万円 多機能なシャワー・高級感あるデザインなど
中間 72万円〜109万円 65万円〜102万円 断熱材入り
低い 63万円〜98万円 56万円〜91万円 最低限の水栓

お風呂のリフォームについては、上記のような費用を想定しておけば、まず問題ないでしょう。

同じ条件でも、費用にはやや開きがある点には注意してください。

お風呂のリフォームにおける費用は、「在来浴室」か「ユニットバスか」以外にも、

  • 下地の補修があるかないか
  • 広さはどの程度か
  • リフォームの内容はどういったものか

などによって変動する部分があります。

あくまでも相場であり、多少は上下する点については注意してください。

この点については、個別で「相場が分かる!お風呂・浴室のリフォーム費用をスッキリ解説」にて、より詳しく解説しています。

とはいえ、「いくらかければ、どのようなリフォームが可能なのか?」という点が疑問として残っている人も多いでしょう。

下記では、どんなお風呂リフォームができるのかを費用ごとにまとめました。予算が決まっている方はぜひ参考にしてください。

1-1.50万以下の施工例

まずは、リフォーム費用50万円以下の施工例について紹介します。

50万円以下ですとユニットバスを交換することはできないので、形や機能性が大幅に変わることはありませんが、部分的な補修で新品時同様の状態に近づけることができます。

例えば、壁にパネルを上貼りすることで新品のユニットバス風にみせたり、浴槽のみ交換することも可能です。浴室内の汚れや若干のひび割れは、塗装で補修することもできます。

目的 施工内容 費用
浴槽と壁をオシャレかつキレイに仕上げる 浴槽の再塗装

床・天井のシート貼り
25万円〜30万円
浴槽と床をオシャレに仕上げる

壁と天井をパネルで埋めて、高級感あふれるバスルームにする
浴槽の再塗装

床のシート貼り

壁・天井パネルの埋め込み
30万円〜40万円
浴槽を新しいものに交換する
(埋め込みタイプ)
旧浴槽の撤去

新しい浴槽の設置
30万円〜35万円

要するに、浴槽や壁・天井などについては、50万円以下でじゅうぶんリフォームできるわけですね。

より詳しい施工例は、「10万~30万でできるお風呂リフォームと業者選びのコツを解説」で解説しています。

1-2.100万以下の施工例

続いて、リフォーム費用100万円以下の施工例について紹介します。

100万円以下であれ