ユニットバスの寿命は約15年!交換のサインと寿命を延ばす方法

一日の疲れをさっぱりと洗い流すバスルーム。

なかなか落ちないカビや汚れがあると気になりますよね。
プロにクリーニングしてもらうか、思いきってリフォームするか、判断に悩むところではないでしょうか。

そこで今回は、ユニットバス交換のサインと寿命を延ばす方法について解説します。


1.ユニットバスの寿命は10~15年

ユニットバスの寿命は使用頻度や環境によって異なりますが、一般的には15年程度が目安といわれています。

ただし、15年を過ぎても問題なく使用できるのであれば、無理に交換する必要はありません。こまめなお手入れを続けることで、20年以上使用できる可能性もあります。

ちなみに、法的な観点では浴室は建物の一部であると考えられ、ユニットバスの法定耐用年数は建物と同じく、木造住宅なら22年、鉄骨鉄筋コンクリート造なら47年と定められています。

なお、法定耐用年数とは会計処理上に使用する減価償却期間のことで、設備そのものの寿命とは別物です。


2.寿命かも?ユニットバス交換の目安

ユニットバスの寿命は15年程度とお伝えしましたが、あくまで目安です。

使用年数に関係なく次のような症状が見られるときは、ユニットバス全体またはパーツの交換を検討するタイミングかもしれません。

①掃除をしてもカビが発生する

こまめにお掃除をしていてもすぐにカビが生えてしまう場合、小さなヒビ割れや腐食した部分などから水が浸入して、壁や床の裏側にもカビが発生している可能性があります。

または、換気が十分に行われていないのかもしれません。ユニットバスの壁や床にヒビ割れがないか、換気扇に問題がないかなど、一度専門業者に点検をしてもらいましょう。

②サビが浮いている

壁のつなぎ目や水栓金具の取り付け部分などに見られる赤茶色のサビは、ユニットバス全体が劣化しているサインです。

そのままにしておくと金属部が腐食して水漏れにつながり、土台や柱を傷めてしまいます。ユニットバス内に赤茶色のサビが見られたら、なるべく早くリフォーム会社に相談することがおすすめです。

③悪臭や異臭がする

ユニットバスから下水のような臭いが流れてくる場合は、排水口をチェックしてみましょう。

排水トラップが破損して、封水がなくなっているのかもしれません。封水とは、排水管