リノベーションで後悔したくない!やりがちな失敗30例から学ぶ成功のポイント

リノベーションの失敗例

「これからリノベーションをするつもりだけど、後悔したくない」

「リノベーションで後悔しがちな事例が知りたい」

このようにお考えではありませんか?家をさらに快適にしたいなら、リノベーションは適切な手段です。

ですが、リノベーションをしたのに結局後悔してしまった、という事例も後を立ちません。せっかくリノベーションをするのなら、満足のいく結果にしたいですよね。

そこでこの記事では、リノベーションを行って実際に後悔してしまった例を30個紹介していきます。デザインや機能性、費用などの観点から解説しますので、自分が気を付けなければいけないことが具体的に分かるはずです。

記事を読んで失敗例から学び、後悔しないリノベーションを行ってください。


1.リノベーションで後悔した事例30例

1章では、リノベーションで実際に後悔してしまった例を以下の3つに分けて紹介します。

  • デザインで後悔
  • 利便性・機能性で後悔
  • 費用で後悔

他の方の失敗を活かして、自分があてはまりそうな例が出てきたらリノベーションプランをもう一度見直しましょう。

1-1.デザインで後悔した7事例

リノベーションでありがちなのが、デザイン面での後悔です。リノベーションでは家のデザインを重視する反面、こだわりと違ったという後悔が多いからです。オシャレな家にしようとはりきり過ぎた結果、後悔してしまう事例が多くありますので紹介していきます。

デザインに飽きて後悔

デザインに飽きて後悔

デザイナーとセンスが合わず後悔

デザイナーとセンスが合わず後悔