食洗機の電気代は手洗いより高い?補助金は使える?

食洗機電気代

ボタン1つでたくさんの食器を洗える食洗器は、家事にかかる時間を大幅に短縮してくれる人気の設備のひとつです。
しかし一方で、「毎日使用すると電気代がかさむのでは?」「手洗いのほうが経済的なのでは?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

今回は食洗器を使用するとどれくらいの電気代がかかるのか、手洗いと比較してどちらが経済的なのかを分析します。

食洗器を設置する際に使える補助金制度についてもご紹介しますので、現在食洗器を使用している方だけではなく、今後食洗器の設置を検討している方も、ぜひ参考にしてください。


1.食洗機にかかる電気代。手洗いではどちらがお得?

食洗器は食器洗いのたびに電気を使うため、「便利になった分光熱費がかさんでしまうのでは?」と考えている人も多いのではないでしょうか。
まずは食洗機を使用したら、どれくらいの電気代がかかるのか、手洗いと比較してどちらがお得なのかを、具体的な数字を基に比較してみましょう。

1-1.食洗機にかかる電気代

食洗器には、シンク下やキャビネットなどに組み込む「ビルトインタイプ」と、キッチンの上に置いて使用する「卓上タイプ」の2つの種類があります。ここでは国内某メーカーから発売されているビルトインタイプ・卓上タイプの食洗器使用時の電気代を比較します。

食洗器のタイプビルトインタイプ卓上タイプ
1回あたりの消費電力約0.48〜0.52kWh約0.67〜0.77kWh
1回あたりの電気代約14.88〜16.12円約20.77〜23.87円
1回あたりの電気代(平均)約15.5円約22.32円

※電気料金目安単価:31円/kWh(2022年7月22日改定)

仮に毎日朝と夜の2回食洗器を使用した場合、1カ月間・1年間の電気代の概算は下記のようになります。

食洗機のタイプ別電気代の比較 ※ガス代・水道代を除く試算による

【ビルトインタイプ】
1回あたりの電気代(平均)15.5円×1日2回使用×30日=930円
1年間の電気代=930円×12カ月=11,160円

【卓上タイプ】
1回あたりの電気代(平均)22.32円×1日2回使用×30日=1339.2円
1年間の電気代=1139.2円×12カ月=16,070.4円

電気代だけを見ると、ビルトインタイプが11,160円、卓上タイプが16,070.4円と、卓上タイプより、キッチンに埋め込むビルトインタイプのほうが、5,000円ほど安くなっています。

ただし、上記の試算においては、ビルトインタイプでかかるガス代が含まれていないことに注意してください。
1日2回使用した場合のビルトインタイプのガス代の平均は年間5,000〜6,000円です。光熱費トータルでみると、ビルトインタイプ・卓上タイプに大きな差はありません。

1-2.食洗機と手洗いの光熱費を比較

次に、食洗器を使用した場合と手洗いのみの場合、光熱費にどれくらいの違いがあるのかを比較します。

資源エネルギー庁のシミュレーションによると、1日2回の食器洗いで必要な光熱費は、食洗機の場合と手洗いの場合で以下のような差があります。

食洗機の場合手洗いの場合
1年間の使用料電気:525kWh
水道:10.80㎥
ガス:81.62㎥
水道:47.45㎥
1年間の光熱費約19,090円約25,560円

※給湯器(40℃)、使用水量65L/回(冷房期間は、給湯器を使用しない)の手洗いの場合と給水接続タイプで標準モードを利用した食器洗い乾燥機の場合の比較

出典:資源エネルギー庁シミュレーション

食洗機を使用した場合、年間約6,470円もの光熱費を節約できる計算です。

上記のシミュレーションからも、毎日食器を手洗いし続けるより食洗機を取り入れたほうが、長期的に見て大幅な節約になるということがお分かり頂けるのではないでしょうか。