シャワールームを設置する費用とデメリット、注意点を解説!

シャワールームを設置する費用とデメリット、 注意点を解説

「シャワールームを設置したいけれどどうすればいいの?」

「シャワールームの種類や費用相場を知りたい」

こういった疑問を持ってはいませんか。シャワールームは浴室より狭い面積で作れて掃除の手間もかからないメリットがあります。

この記事では、シャワールームを設置する場合のポイントや費用、商品例などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • シャワールームを設置する際のポイントや注意点
  • シャワールームの種類と費用相場、選びかた
  • シャワールームを設置するリフォーム業者の選びかた

上記を知っておけば、シャワールームの設置に失敗して後悔することがなくなるでしょう。

お風呂リフォームの費用と相場


1.シャワールームを設置する前に知っておきたいこと

シャワールームを設置しようと考えたとき、知っておきたいポイントが3つあります。

  1. 必要な広さ
  2. 工期
  3. 設置場所
  4. 輸入品か国産品か

何も考えずに設置すると工事後に問題が起こるため事前に確認しておきましょう。

1-1.必要な広さ

シャワールームの設置に必要な広さは商品によって異なりますが、1坪もあれば十分でしょう。小さなサイズであれば700×700mm、大きなサイズでも900×1400mm程度です(どちらも内寸法)。

1-2.工期

シャワールームの設置工事にかかる工期は3日〜1ヶ月程度です。工法によって工事期間は大きく異なります。工事期間を知っておけば、予定を立てやすくなるでしょう。

1-3.設置場所

シャワールームは1階でも2階でも設置は可能です。ただし、給排水管から遠い位置だと延長工事が必要となり、別途費用がかかるでしょう。

2階以上の高い場所にシャワールームを設置する場合、下の部屋に排水音が響きやすいです。このため、シャワールームの設置場所は寝室や書斎を避け、音が響いても構わない部屋の上に作りましょう。

給排水管の位置は、工事前に業者に確認してもらってください。

1-4.輸入品か国産品か

ユニット工法では国産製品を選びましょう。輸入品は防水性に難があるケースが多いです。

また、輸入品が優れていても、国産品に比べると工事業者が扱いなれていなくて水漏れリスクが高まるでしょう。