築50年の住宅はリフォームか建て替えか?費用や判断ポイントで比較

築50年リフォームか建て替えか

築50年ともなると家のあちこちに不具合や傷みが目立ちます。
「リフォームするとしたらどのくらい費用がかかるのか」「リフォーム後は何年くらい住めるのか」「安全面も考えると建て替えたほうがよいのだろうか」など、悩みは尽きません。

この記事では、リフォームと建て替えのどちらを選ぶかを判断するためのチェックポイントを紹介し、それぞれのメリット・デメリットや費用相場について解説します。快適な住まいを手に入れるために役立ててください。


【4つの判断ポイント】築50年の家はリフォームか?建て替えか?

リフォームと建て替えのどちらがいいかはケースバイケースです。
築50年を経た家は劣化が進んでいるため、リフォームをする場合も大規模な工事になることが予想されます。家の状態や予算はもちろん、将来のライフプランも見据えて慎重に検討する必要があるでしょう。

以下に紹介する4つの観点から、どちらが適しているかを判断してみてください。

[1]将来のライフプラン・家族構成

まず、現在の家にあと何年くらい住むのかを考えましょう。

例えば「子どもが独立して夫婦二人の生活になったら、コンパクトな間取りのマンションに住み替えたい」といった希望がある場合、住み替えまでの期間が10~20年程度であればリフォームのほうが費用を抑えられます。建物の傷み具合にもよりますが、屋根や柱などの状態が良ければ、内装と水回り設備のフルリフォームで随分と暮らしやすい家になるはずです。水回り設備の寿命は15年前後なので、その頃を目安に住み替えの検討ができます。

反対に「老後も現在の家に住み続けたい」「子世帯と暮らせる二世帯住宅に住みたい」といった場合は、バリアフリー住宅や二世帯住宅に建て替えたほうがよいでしょう。家がまるごと新しくなるので、リフォームするよりも長く住み続けられます。

この先長く住む想定なら住み替え、住み替える予定があるならリフォームがおすすめです。
回答