築50年の住宅はリフォームか建て替えか?費用や判断ポイントで比較

築50年リフォームか建て替えか

築50年ともなると家のあちこちに不具合や傷みが目立ちます。
「リフォームするとしたらどのくらい費用がかかるのか」「リフォーム後は何年くらい住めるのか」「安全面も考えると建て替えたほうがよいのだろうか」など、悩みは尽きません。

この記事では、リフォームと建て替えのどちらを選ぶかを判断するためのチェックポイントを紹介し、それぞれのメリット・デメリットや費用相場について解説します。快適な住まいを手に入れるために役立ててください。


【4つの判断ポイント】築50年の家はリフォームか?建て替えか?

リフォームと建て替えのどちらがいいかはケースバイケースです。
築50年を経た家は劣化が進んでいるため、リフォームをする場合も大規模な工事になることが予想されます。家の状態や予算はもちろん、将来のライフプランも見据えて慎重に検討する必要があるでしょう。

以下に紹介する4つの観点から、どちらが適しているかを判断してみてください。

[1]将来のライフプラン・家族構成

まず、現在の家にあと何年くらい住むのかを考えましょう。

例えば「子どもが独立して夫婦二人の生活になったら、コンパクトな間取りのマンションに住み替えたい」といった希望がある場合、住み替えまでの期間が10~20年程度であればリフォームのほうが費用を抑えられます。建物の傷み具合にもよりますが、屋根や柱などの状態が良ければ、内装と水回り設備のフルリフォームで随分と暮らしやすい家になるはずです。水回り設備の寿命は15年前後なので、その頃を目安に住み替えの検討ができます。

反対に「老後も現在の家に住み続けたい」「子世帯と暮らせる二世帯住宅に住みたい」といった場合は、バリアフリー住宅や二世帯住宅に建て替えたほうがよいでしょう。家がまるごと新しくなるので、リフォームするよりも長く住み続けられます。

この先長く住む想定なら住み替え、住み替える予定があるならリフォームがおすすめです。
回答

[2]建物の状態

築50年を経た家では、雨漏りやシロアリ被害で木部がボロボロになっていたり、給排水管にサビが出ていたりと、外からは見えないところに問題があるケースが珍しくありません。
そのため、リフォームでは「スケルトンリフォーム」を行うケースが多くなります。スケルトンリフォームでは屋根・柱・基礎などの主要構造部を残して解体し、柱や土台の状態を入念にチェックします。傷んだ部分があれば補強したり部材を交換したりするため、隠れていた問題はすべて解決できます。

ただし、あまりに傷みが激しく修繕で対応しきれない場合は、建て替えたほうが安心です。まずは建物診断の専門家に調査を依頼し、家の状態を正確に把握してからリフォームか建て替えかを選択しましょう。

建物の傷みが激しい場合は、建て替えがおすすめです。
回答

[3]耐震性

築50年の家は1981年以降の「新耐震基準」に適合していない可能性が高いでしょう。
リフォームか建て替えかを決める前に、専門家の耐震診断を受けることをおすすめします。リフォームと同時に耐震補強工事を行うのも方法ですが、費用は高額です。建て替えたほうがコストを抑えられる可能性もあるので、まずは確認してみましょう。

築50年の住宅は、耐震性に問題がある場合が多く、リフォーム時には耐震補強工事も必要になることが。建て替えてしまったほうがコストがかからないかもしれません。
回答

[4]費用

基本的には建て替えよりもリフォームのほうが費用を抑えられます。ただし、築50年の家は補修すべき箇所が多く、建て替えのほうが安くつくこともあります。
業者に見積もりを依頼するときはリフォーム・建て替え両方のプランを出してもらい、比較検討するようにしましょう。

築50年の家の場合、リフォームと建て替えでどちらが安くなるかは判断しづらいところです。
回答

[参考]リフォームを選ばざるをえない場合

建物が現行の建築基準法に適合していない「再建築不可」の建物の場合、広さなどが同じ条件の建物に建て替えしようとすると建築確認申請が通らないため、リフォームで対応することになります。例えば、敷地が幅4m以上の道路に2m以上接していない「接道義務違反」の建物などが「再建築不可物件」にあたります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

スケルトンリフォームとは?どんな時に選ぶ?費用・事例など徹底解説
スケルトンリフォームとは?どんな時に選ぶ?費用・事例など徹底解説