お風呂が寒い原因は?手軽な対策からリフォーム事例まで紹介

お風呂寒い

冬の時期にお風呂に入るとき、脱衣所や浴室の寒さが気になることがあります。お風呂が寒いと、お風呂に入るのが面倒になったり、家の中の寒暖差が大きいことでヒートショックのリスクが高まってしまったりします。お風呂の寒さは適切な対策を取ることで、軽減することができます。

本記事ではお風呂が寒いと感じる原因や、効果的な対策方法を解説します。寒いお風呂を快適に変えるリフォーム事例もご紹介しますので、ぜひ最後までご一読ください。


1.お風呂が寒いと感じる主な原因

お風呂が寒いと感じる主な原因は、断熱性の低さにあります。特に、日本の古い家などで多いタイル張りの在来工法の浴室では、寒さ対策が不十分なことが多いようです。
また、お風呂には窓や換気扇の開口部があり、配管回りの隙間などからも外気・冷気が入りやすい環境であることが主な寒さの原因です。

その他、日当たりが悪いために、お風呂が寒いと感じる場合もあります。一般的な住宅では、お風呂は北側などの日当たりが悪い場所に置かれることが多く、十分に採光が確保できないと、浴室が寒くなる原因となります。

特に古い家では、間取り・構造の特徴から、お風呂は寒くなりがちです。冬場は脱衣所に暖房器具を設置するなどして、快適に過ごせる場にしたいですね。
回答

2.お風呂の寒さ対策11選|手軽なものから根本的な解決策まで

お風呂の寒さはどのように対策できるのでしょうか。「手軽にできる対策」と「リフォームによる対策」の2つに分けて解説します。

2-1 手軽にできる対策6選

まずは、手軽に取り入れられる対策から紹介していきます。

[1]入浴前に浴室内の床や壁に熱めのシャワーをかける

シャワーを掛けるイメージ

入浴前に熱めのシャワーを浴室内の床や壁にかけ、蒸気で暖めておきましょう。床や壁がタイルなどの冷えやすい素材であれば、熱めのシャワーをかけることで温度を上げられ、浴室内全体の温度も上がります。入浴時に感じるヒヤッと感を防げるでしょう。

[2]入浴前に浴槽の蓋を外しておく

入浴前に浴槽の蓋を外してお湯を溜めると、お湯の蒸気で浴室内を暖められます。ただし、蓋を外すと浴槽のお湯が冷めやすくなるので、お湯が溜まって入浴直前に蓋を外すようにしたり、熱めの温度に設定して溜めたりして適温を保つように工夫しましょう。
また、蒸気によるカビを防ぐために、お風呂あがりには壁や天井の水気を拭いておくことをおすすめします。

[3]浴室・脱衣所の床にマットを敷く

浴室や脱衣所に専用のマットを敷くと、床の冷たさから来る寒さを防げます。足の裏は第二の心臓ともいわれるほど敏感な場所であり、ヒートショックを予防するためにも床への対策は効果的です。浴室マットを敷くことで床の冷たさを感じずに済むほか、転倒対策にもなります。
マットを選ぶ際は水はけの良いものや、厚めの素材で保温性の高いものを選ぶと良いでしょ