耐震診断の費用相場を診断方法別に完全解説!補助金制度や業者選びも

耐震診断は、耐震補強工事の前に必要不可欠なものです。

耐震診断をして現在の耐震性能を正確に調査・分析しなければ、精度の高い耐震補強工事をすることができません。

気になる費用については、耐震診断が補助金の対象となる自治体が多いので、費用を安く抑えられるケースが多くなっています。また、耐震診断は技術力が問われますので、質の高い業者を選ぶことが大切です。 

そこで今回は、耐震診断の費用、補助金、業者の探し方についてご紹介いたします。


1.耐震診断の費用は10~20万円程度

耐震診断には簡易診断、一般診断、精密診断の3つの方法があります。

診断の流れは以下のようになっております。

耐震診断の流れ

耐震補強工事を行う必要性があるかどうかわからない場合は、精密診断よりも安い一般診断で必要性を判断します。通常は一般診断をしてから精密診断を行う流れとなります。耐震補強工事を行う必要性が明確な場合は、一般診断をせずに精密診断を行うこともできます。

それでは、診断方法ごとの費用を紹介いたします。

1-1.簡易診断:無料

簡易診断は、居住者自身が診断表をもとに自分で診断し、家のどこが強く、どこが弱いのかを確認します。ご自身でできる簡単な診断ですので費用はかかりません。

以下、診断表でご自身で耐震性を診断してみましょう。

1.建てたのはいつ頃ですか? 1981年6月以降 1点
1981年5月以前 0点
よくわからない 0点
2.今までに大きな災害に見舞われたことがありますか? 大きな災害に見舞われたことがない 1点
床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・大震災・崖上隣地の崩落等の災害に遭遇した 0点
よくわからない 0点
3.増築について 増築していない。または、建築確認など必要な手続きをして増築を行った 1点
必要な手続きを省略して増築し、または増築を2回以上繰り返している。その際、壁や柱を一部撤去するなどした 0点
よくわからない 0点
4.傷み具合や補修・改修について 傷んだところは無い。または、傷んだところはその都度補修している。健全であると思う 1点
老朽化している。腐ったシロアリの被害など不都合が発生している 0点
よくわからない 0点
5.建物の平面はどのような形ですか? どちらかというと長方形に近い平面 1点
どちらかというとLの字、Tの字等複雑な平面 0点
よくわからない 0点
6.大きな吹き抜けはありますか? 一辺が4m以上の大きな吹き抜けはない 1点
一辺が4m以上の大きな吹き抜けがある 0点
よくわからない 0点
7.一階と二階の壁面が一致していますか 2階外壁の直下に1階の内壁、または外壁がある。または平屋建てである 1点
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁なし 0点
よくわからない 0点
8.壁の配置バランスはとてれいますか? 1階外装の東西南北どの面にも壁がある 1点
1階外装の東西南北各方面のうち、壁が全くない面がある 0点
よくわからない 0点
9.屋根葺材と壁の多さは? 瓦など比較的重い屋根葺材であるが、1階に壁が多い。または、ストレート・鉄板葺・銅板葺等、比較的軽い屋根葺材である。 1点
和瓦・洋瓦など、比重の重い屋根葺材で1階に壁が少ない 0点
よくわからない 0点
10.どのような基礎ですか? 鉄筋コンクリートの布基礎またはベタ基礎・抗基礎 1点
その他の基礎 0点
よくわからない 0点
判定 評価の合計 判定・今後の対策
10点 ひとまず安心ですが、念のため専門家に診てもらいましょう
8~9点 専門家に診てもらいましょう
7点 心配ですので、早めに専門家に診てもらいましょう

出典:http://www.kenchiku-bosai.or.jp/ 

評点が9点以下の方は、専門家による一般診断をおすすめします。

以下サイトでより詳しく説明されています。
>>誰でもできるわが家の耐震診断

 1-2.一般診断:約10万円