【300万円支給も】戸建てリフォームで活用できる補助金・助成金とは?

戸建てリフォーム補助金

戸建てリフォームにおいては、やはり補助金や助成金を利用したいところです。

補助金や助成金を利用すれば、リフォーム費用はグッとおさえられるでしょう。

しかし制度自体を知らず、「リフォームしてから補助金が使えたことに気づいた」といったケースもあります。

あとで後悔しないように、戸建てリフォームでは利用できる補助金・助成金を、きちんと把握しておくことがポイントです。

本記事では、戸建てリフォームで活用できる補助金や助成金について解説します。

ぜひ、参考にしてください。

>>実際の見積もりデータから算出した戸建てのリフォーム費用と相場をチェック!


1.戸建てリフォームで活用できる補助金・助成金

戸建てリフォームで活用できる補助金や助成金は、数多く存在します。

地方自治体における独自の制度を含めればキリがないほどです。

ただ、主要な補助金・助成金制度としては、下記7点が挙げられます。

これらは戸建てリフォームにおいてたいへん重要なので、かならず確認しておきましょう。

1-1.耐震リフォームへの補助金

耐震リフォームとは、一言で言えば地震に対する耐性を高める戸建てリフォームです。

具体的にいうと、「1981年5月31日以前の”旧耐震基準”で建てられたのを、新基準に合わせるための工事」になります。

すでに新基準と適合する場合は、対象とはなりません。

耐震リフォームは、市区町村ごとでさまざまな補助金が制度として定められているのが特徴。

たとえば京都府京都市の場合、最高で100万円の補助金が支給されます。
(参考:京都市情報館

基本的は多くの市区町村が、上記と似た条件と補助金額が用意されている様子です。
まだ住宅が新しい耐震基準でない場合、耐震リフォームを活用しましょう。

そして、市区町村ごとでの補助金制度について、きちんと確認しておくことが重要です。

1-2.介護・バリアフリーに関する戸建てリフォームへの補助金

介護・バリアフリーに関する戸建てリフォームでも、さまざま補助金が用意されています。

もっともよく活用されるのは、介護保険による補助金です。
介護保険を利用すれば、最大で20万円の補助金が得られます。

該当する工事内容としては、

  • 洋式トイレへの切り替え
  • 手すりの設置
  • 段差の撤廃
  • 転倒しづらい床への張り替え

などが挙げられます。

ただし、上記一部でも介護保険による補助金は受け取ることが可能です。
将来的に要介護者と同居するなら、同制度についてはきちんと知っておきましょう。

介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?
介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?
介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?
記事を読む

1-3.長期優良住宅化リフォーム事業による補助金

長期優良住宅化リフォームとは、一言で言えば戸建てにおけるあらゆる側面で性能を向上させる工事です。

具体的には、

  • 耐久性がある
  • 維持管理が容易である
  • 耐震性が高い
  • 省エネ性能が高い

という住宅を目指し、より長く、よりよい暮らしが長く続くことを示します。

この場合、同事業団体から、戸建てリフォームに対してなんと最大250万円の補助金が出されます。

もし該当するのであれば、この金額が補助されるのはたいへん重要なポイントです。

長期優良住宅化リフォームの支援対象になっていないか、きちんと確認しておきましょう。

長期優良住宅化リフォームを分かりやすく解説【最大250万円で長く住める家に】
長期優良住宅化リフォームを分かりやすく解説【最大250万円で長く住める家に】
長期優良住宅化リフォームを分かりやすく解説【最大250万円で長く住める家に】
記事を読む

1-5.断熱リフォーム支援事業による補助金

窓・玄関ドア・断熱材など高性能の断熱建材を使用した断熱リフォームで受けられる補助金制度です。

戸建て住宅で断熱改修と同時に高性能な家庭用設備(家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備)・熱交換型換気設備などの導入・改修をした場合にも支援されます。

一戸あたり120万円の補助がでるので、断熱性能も上げるリフォームを検討している方はチェックしてみてください。

▼詳細はこちらの記事で解説しています。

【2024年度】断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)を全解説!
【2024年度】断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)を全解説!
【2024年度】断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)を全解説!