古い家でもリフォームしたい!築年数別のおすすめプラン、費用、注意点を徹底解説

画像出典:http://www.8044.co.jp/gallery/381

「築年数が経過した古い家をリフォームしたい!」
「古い家のリフォームに費用はいくらかかるんだろう?」
「自分の家の築年数なら、どんなリフォームをすればよいのか分からない」

このようにお考えではないでしょうか?

築年数が古い家でもリフォームして快適に住むことはできます。ただし、家の状態によっては費用が大きくかかり、場合によっては建て替えたほうが安いことも。大事なのは費用対効果を考えることです。

この記事では、築年数別のリフォーム内容や費用、注意点などを解説します。

事例も合わせて紹介していますので、実際の価格とリフォームの完成形も分かります。

記事を読めば、ご自宅の築年数に合ったリフォームプランが具体的に組めるようになります。

古い家をリフォームしたいと思っている方は、この記事を参考にリフォームを行ってください。


1. プロがおすすめする築年数別古い家のリフォーム内容

1章では、検討すべきリフォームついて、費用や内容などを詳しく解説します。

1章を読んでご自宅に必要なリフォームを想像しながら2章以降を読み進めると、より注意点や費用を抑えるためのコツなどが分かりやすくなります。

1-1.築30年以上はスケルトンリフォームがおすすめ

築30年以上の物件はいずれもスケルトンリフォームがおすすめです。

スケルトンリフォームとは、骨組みだけを残して住宅を解体し、内装をすべて新しく作り直すリフォームのことを指します。戸建ての場合は外装まで解体する場合もあります。

古い家となると劣化が進んでいる場合が多く、家の内部に様々な問題があるからです。

スケルトンリフォームについてさらに知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

スケルトンリフォームとは?どんな時に選ぶ?費用・事例など徹底解説
スケルトンリフォームとは?どんな時に選ぶ?費用・事例など徹底解説
スケルトンリフォームとは?どんな時に選ぶ?費用・事例など徹底解説
記事を読む

図・築年数30年以上の物件が抱える5つの課題

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/372(外装)

上記の図にあるような課題は、スケルトンリフォームを行うことで解決できます。

ですが、実際の劣化状態によってリフォーム内容は変わってきますので、スケルトンリフォームを行わなくても良いこともあります。築年数の古い家であれば、スケルトンリフォームは検討しておきましょう。

下ではさらに築年数に分けてリフォーム内容について解説しています。

築30年の場合は2種類のスケルトンリフォームを検討

築30年で行われるスケルトンリフォームには種類が2つあります。

内装のみのスケルトンリフォームと、スケルトンリフォームで内装と外装を一新する工事の2つです。