マンションでも断熱リフォームはできる!方法や費用などプロが解説

アイキャッチ

「マンションに住んでいるけれど、最近部屋が寒くて過ごしにくい…」
「マンションでも断熱リフォームは可能なの?」

このようにお悩みではありませんか?

マンションにお住まいの場合でも、断熱リフォームは可能です。各マンションに定められた管理規約を守った工事であれば、床や壁・窓などもリフォームすることができます。

こちらの記事では、マンションでできる断熱リフォームの工事内容やそれにかかる費用などを中心に解説していきます。また、リフォームの前にしておくべきこと・お得に工事するために活用できる補助金制度などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


1.マンションでも断熱リフォームは可能!2つの方法を解説

マンションは戸建てに比べるとできる工事は限られますが、断熱リフォームをすることが可能です。

ただし、マンションでは管理規約の範囲内かつ個人が所有している専有部分のみ工事が認められます。断熱リフォームの場合でもこのルールに従い、プランを検討する必要があります。

ここでは、以上のような条件の中でも可能な断熱工事を2つに分けてご紹介します。

すぐにできる工事から順に解説していきますので、ご自身の住まいの状態に合わせて最適なリフォームプランを検討してみてください。

1-1.窓の断熱リフォーム(内窓設置)

内窓設置

マンションの断熱リフォームで最も手軽にできる工事は、内窓の設置です。

内窓を設置することで断熱性を高められるほか、結露を防止することもできます。窓の内側は共用部分ではないため、リフォームできる場合が多いです

ただし取り付けには既存の窓枠に内窓を取り付けるだけの奥行き(約7cm)が必要です。事前に取り付けが可能かどうか確認しておきましょう。

マンションで二重窓を設置するリフォームについて、以下の記事も合わせて参考にしてください。

【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
記事を読む

承認が下りれば窓の「カバー工法」も有効な断熱方法

既存の窓枠の上から新たな窓枠をかぶせる「カバー工法」という窓の交換も、断熱性能を上げるには有効な工事方法です。

こちらの工事はマンションの管理規約で認められることはまれですが、断熱性を高めるのはもちろん、内窓設置のように窓が複数枚にならないため開閉が楽になります。

リフォーム予定のマンションの規約を必ず確認し、カバー工法が認められている場合はこちらも工事方法として視野に入れてみましょう。

1-2.床・壁・天井の断熱リフォーム(内断熱)

窓の次にオーソドックスな断熱工事は、床・壁・天井のリフォームです。

内断熱工事はさらに乾式断熱・湿式断熱の2種類の方法があります。以下で、それぞれの工事方法について解説します。

乾式断熱

乾式断熱写真提供:あなぶき興産

乾式断熱は、木材で下地を造りボード状の断熱材をはめ込む方法です。

マンションの階数に関係なく施工ができ、使用できる断熱材も種類豊富です。

しかし、入り組んだ場所には施工が難しいほか、断熱材と木下地の間にわずかな隙間ができるため、気密性が低くなってしまうのがデメリットです。

湿式断熱

湿式断熱写真提供:あなぶき興産

湿式断熱は、木材で下地を造り泡状の断熱材を吹き付ける方法です。

複雑な形の壁でも隙間を作らず施工できるため、乾式断熱よりも気密性の高いリフォームが実現できます。

ただし、工事の際は泡状の断熱材をトラックに積んだ大型コンプレッサーからホースを通じて圧送する必要があるため、マンションの高層階には施工できないこともあります。また施工では専用の機械や断熱材を使用するため、専門技術のある業者に依頼する必要があります。

床・壁・天井の工事の際は多くの場合「電気工事」が必要になります。壁や床への施工に伴いシステムキッチンや家電製品の撤去・取付が発生するからです。電気工事には専門の職人を追加で手配する必要があるため、事前にリフォーム会社に確認しておきましょう。