成功事例付き!費用など築40年戸建てリフォームを完全解説

アイキャッチ

「築40年の戸建てを相続したが、どんなリフォームが必要か?」

「築40年の戸建てをリフォームしたら、どれくらい費用がかかるのか?」

「建て替えとリフォーム、どちらにするべき?」

築40年の戸建ては、内装も外装もボロボロになっており、耐震性や断熱性などの面で課題があります。耐震補強なども含めた全面リフォームが必要になり、その費用は1,000万円以上かかるのが一般的です。

この記事では築40年という状況を踏まえて、どんなリフォームが必要で、どれくらい費用がかかりそうかをご説明します。さらに、築40年の戸建てでも建て替えよりもリフォームがおすすめな理由もご説明します。

目次


1.築40年では、スケルトンリフォームがおすすめ!

築40年の戸建てでは、内装・外装を全て解体してスケルトン状態(柱や基礎だけの状態)にし、一から作り直すスケルトンリフォームがおすすめです。

この章では、築40年の戸建てにはどのような課題があり、その課題をスケルトンリフォームでどのように解決するかをご説明します。

1-1.築40年の戸建てが抱える5つの課題

築40年の一戸建てでは次のような課題を抱えております。

  • 屋根・外壁など外装の劣化がひどく、いつ雨漏りしてもおかしくない
  • 給排水管がサビつき、いつ漏水してもおかしくない
  • 壁で仕切った狭い部屋が多いなど、間取りが現在の家族構成やライフスタイルに合っていない
  • 新耐震基準(1981年制定)以前の建築になるため、耐震性に問題がある可能性が高い
  • 断熱材が入っておらず、夏は暑く、冬は寒い