プロが教える!一戸建てリフォームの費用相場を完全解説!

アイキャッチ

「戸建てをリフォームしようと思うけど、どれくらいの費用がかかりそうか」「予算に限りはあるし、どこから手を付けていこうか」などお悩みの方も多いのではないでしょうか。

こんにちは、リフォームガイドです。リフォームガイドでもセカンドライフに備えるための戸建てリフォームや、中古の一軒家を購入してのリフォームなど昨今多く受けます。

その多くが、明確な予算の上限があり、その中でできるだけ多くのことをやりたいというものです。

ここでは、どれくらいの予算でどのような戸建てリフォームができそうか、戸建てリフォームの費用相場を完全解説します。

さらに、業者の選び方やローンの組み方など費用に影響を与えるポイントについてもご説明します。

この記事を読むことで、みなさまの予算でどのような戸建てリフォームができるか分かるだけでなく、業者の選び方やローンの組み方などを理解することで、予算内で満足度高くリフォームできるようになります。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.戸建てリフォームの費用相場はいくら?

ここでは、多くの人がどれくらいの費用を戸建てリフォームにかけているのかデータから見るとともに、どのようなリフォームにどれくらいの費用がかかるのか、ご説明します。

1-1.データで見る!実際に戸建てリフォームにかかった費用

リフォームガイドを通じて、戸建てのリフォームを行った人の費用をグラフでまとめると次の通りです。 

1000万前後かけてる人が多い

戸建てリフォームの費用は、下は200万円から上は2000万円以上と金額幅が広いのが特徴です。

ただし、グラフからも分かるように、多くの人が1000万円前後のリフォーム費用をかけていることが分かります。

1-2.どのようなリフォームをするかで費用が大きく異なる!

「1000万円以上かかることもあることは分かったけど、実際どんなリフォームにどれくらいの費用がかかるの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

戸建てのリフォームでは、どのようなリフォームをするかで大きく費用が異なります。まとめると次の通りです。

戸建てのリフォーム費用相場まとめ

1つは、経年劣化による傷みをもとの状態に戻す、原状回復を目的とするリフォームです。

このリフォームでは、水まわりの設備の交換やクロスや床の張替えが中心となり、費用相場は200~500万円になります。

もう1つは、新築同然に作り直してしまうリノベーションです。

現在の法基準やライフスタイルに合わせて、耐震補強や断熱対策、大きな間取り変更なども行うリフォームで、多くの場合1000万円以上かかります。

あなたがすべきリフォームは家の状態やライフスタイルで変わる!

「どんなリフォームにどれくらいの費用がかかるか、ざっくり分かったけど、どっちのリフォームをすべきか」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

家の状態やあなたのライフスタイルによって、どのようなリフォームをすべきかが変わります。まとめると次の通りです。

あなたがすべきリフォームはどっち

1981年以前に建てられた戸建ては、現在の耐震基準(震度6以上の地震が発生しても倒壊しない)の適用外であるため、築30年以上のものは、耐震補強を伴うリノベーションがおすすめです。

また、築30年未満でも、現状の間取りでは使わない部屋が発生するなど、現在の家族構成やライフスタイルに間取りが合わないのであれば、抜本的に間取りを変更できるリノベーションがおすすめです。

 

2.原状回復リフォームの費用相場の詳細を教えて!

ここでは、水まわりの入替えなど、原状回復を目的とするリフォームの費用相場の詳細や、実際の事例を

ご紹介します。

2-1.原状回復リフォームの詳細費用

水まわりの設備の入替えなどを中心とする戸建てのリフォームの費用相場をまとめると次の通りです。

原状回復リフォーム費用相場

キッチンの移動のイメージ

200万円前後で入れ替えられる水まわり設備ってどんなの?

200万円もあれば、ミドルグレードの水まわり設備に入れ替えられます。

その内訳は、ユニットバス80万円、キッチン80万円、洗面台10万円、トイレ15万円、給湯器15万円ほどで、次のような商品を入れことができます。

ユニットバス 例

キッチン 例

トイレ 例

洗面台 例

水まわり設備は、グレードを上げたり必要なオプションを付けたりすると、10万円単位で費用が変わってきます。

水まわりのリフォームについてより詳しいことを知りたい方は、次の記事でも費用の詳細を取り上げているのでご確認ください。

お風呂のリフォーム費用を完全解説!施工事例、見積り確認ポイントも
成功事例付き!システムキッチンリフォーム完全解説!費用や選び方等
トイレ交換を完全解説!費用や最適な選び方など
給湯器交換にまつわる費用を徹底解説!一目で費用が分かります!

2-2.原状回復リフォームの事例と実際にかかった費用

ここでは、原状回復を目的としたリフォームの事例と実際にかかった費用をご紹介します。実際の事例を通じて、あなたがしたいリフォームの費用感を養ってください。

■16坪の内装・外装リフォーム事例(328万円)

LDKの間仕切り壁を撤去することで、壁付けのキッチンを開放的なオープンタイプの対面式に改築しました。さらに天井にはトップライトを設置し、明るい印象のキッチンに。梁やブレースをあえて見せることでモダンな空間を演出しました。

浴室は既存の出窓を利用することで、0.75坪から1坪へのサイズアップを低価格で行うことができました。

間取り図1

ビフォーアフター1
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/424

■35坪の内装リフォーム事例(441万円)

大きな間取り変更は行わず、内装や設備を中心にリフォームして予算を抑えました。

LDKはクロスとフローリングを張り替え、一番広い壁にはアクセントクロスを張って印象をガラッと変えました。2階の各部屋や屋根裏部屋の内装もシックな色合いのもので統一し、落ち着いた雰囲気に。

また、洗面台は以前よりも幅の狭いものに取り替え、空いたスペースにタオルなどを収納するトールキャビネットを設置。利便性が格段に向上しました。

間取り図2

ビフォーアフター2
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/415

 

3.戸建てのリノベーションの費用相場の詳細を教えて!

ここでは、新築同然に作り直すリノベーションを目的とするリフォームの費用相場の詳細や、実際の事例をご紹介します。

3-1.戸建てのリノベーションの詳細費用

内装のみリノベーションする場合と、内装・外装ともにリノベーションする場合で、施工範囲が異なるため費用は大きく変わります。

戸建てリノベーション費用まとめ

それぞれのリノベーションのイメージ

水まわり設備の費用は共通ですが、木材などの材料費や職人への手間賃は延べ坪に比例してかかるため、延べ坪が大きくなればその分費用も上がる傾向にあります。

3-2.戸建てのリノベーションの事例と実際にかかった費用

ここでは、戸建てのリノベ―ションの事例を2つご紹介します。

実際の事例とその費用を見ることで、あなたがしたいリフォームの費用感を養うのにお役立てください。

■42坪の内装のみのリノベーション事例(1249万円)

築30年で耐震性が気になり、また家全体が寒かったことをきっかけにスケルトンリフォームを決意。

和室をリビングに取込み、広々としたLDKを実現しました。また、壁面収納をフルに活用することで、デッドスペースをなくし、空間を有効活用しております。

間取り図3

ビフォーアフター3
出典:http://www.8044.co.jp/gallery/826

■25坪の内装・外装とものリノベーション事例(1470万円)

1階はLDKを広げ、ゆったり過ごせるように!2階ももともと3部屋ありましたが、2部屋にすることで、より開放感のある空間づくりをしました。

全体的なデザインのコンセプトは、「ほんのり和モダンテイスト」。フローリングはチーク色と、柱やキッチン、棚にアクセントカラーとして濃いブラウンを使い、家具との調和を図りました。

照明はダウンライトやスポットライトを使い分けることで、シーンに応じた照明演出ができるようにしました。

間取り図4ビフォーアフター4
出典:http://www.balleggs.com/portfolio/renovation059/

 

4.戸建てのリフォーム費用を下げる補助金や減税制度

戸建てのリフォームは、費用が膨らみやすいリフォームになるため、少しでも費用を抑えたいと思う方も多いでしょう。

ここでは、戸建てのリフォームで使える可能性のある減税や補助金制度についてまとめております。

4-1.戸建てのリフォームで使える減税制度はこれだ!

いくつかの税金で、リフォームで使える減税制度が存在します。ここではその中でも減税の対象範囲が広く、減税額が大きい所得税の減税についてまとめました。

所得税の増減額まとめ

そのほか、固定資産税や、贈与税についても耐震などのリフォームを行うことによって減税措置を受けることができます。

各種減税制度の詳細については、次の記事でも取り上げておりますので、ご確認ください。

図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

4-2.戸建てのリフォームで使える補助金制度はこれだ!

減税制度と同様に、補助金制度でも耐震、省エネ、バリアフリーを対象としているものが多く存在しております。

詳細な内容については、各自治体に応じて異なるため、それぞれの自治体でどんな制度を実施しているかは、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のWebサイトをご覧ください。

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

 

5.予算内で満足度高く!あなたにピッタリの業者の選び方

「せっかく戸建てをリフォームするのだから、とことんこだわって理想の住まいを手に入れたい!でも、できれば費用は安い方がありがたい・・・」

戸建てのリフォームは費用が膨らみがちのため、こう考えていることでしょう。ここでは、費用をかけるポイントを押えて予算内で満足度の高い戸建てリフォームをするための業者の選び方をお教えします。

5-1.あなたの趣向次第で選ぶべき業者は変わる!

リフォーム工事を扱う業者は多数存在しますが、それぞれの特徴は大きく異なっています。満足できるリフォームを行うためには、希望しているリフォームの内容に応じて業者を選ぶ必要があります。

あなたにおすすめのリフォーム会社はどれ

やりたいリフォームがシンプルで、デザインにそれほどこだわらない代わりに費用はできるだけ抑えたい、という方には地元の工務店がおすすめです。

一方で、使い勝手の良さやおしゃれという意味でのデザイン性を追求したリフォームを希望するのであれば、デザイン料の上乗せは必要となりますが、提案力のある中堅リフォーム会社を選ばれるとよいでしょう。

各業者の違い

5-2.紹介サイトを活用して、あなたの希望に合った業者を見つけよう!

工務店や中堅リフォーム会社の施工品質や提案内容は業者によって異なるため、お客様の満足度はどの業者を選ぶかによって大きく左右されます。

戸建てのリフォームが得意で、かつお客様の満足度が高い会社を見分けることは、一般の方には簡単なことではありません。まずは紹介サイトなど専門家のアドバイスを活用して、リフォームの目的に合う工務店を探しましょう。

業者選び次第でこんなに満足度が違う

紹介サイトでは、各工務店が公開している情報以外に、実際にその会社を利用したお客様の口コミや独自取材により、どの工務店が戸建てのリフォームを得意としているか、お客様からの評判がよいかといった情報が集約されています。

また、複数一括で紹介を受けることで、やりたいリフォームの目的に合っている工務店かどうかの比較検討が容易になります。

リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめて紹介できます。

リフォームガイドとは?○○のリフォーム

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

6.戸建てリフォームのローンの組み方

戸建てのリフォームでは、その費用が500万円以上になることも多くローンを組む人も多いでしょう。

ここでは、戸建てのスケルトンリフォームでローンを組み際に知っておくべきことをご説明します。

6-1.選択できるリフォームローンについて

マンションのスケルトンリフォームでは、リフォームローン(金利2.5~4.5%、無担保)もしくは、住宅ローン(金利0.5~2.5%、有担保)のどちらかを活用できます。

中古マンションの購入に合せてスケルトンリフォームを行う人も多いかと思いますが、その場合、住宅ローンを活用しましょう。なぜなら、中古マンションの購入費と合せても申請できるためです。

リフォームローンと住宅ローンの違いまとめ

 

一方で、現在住んでいる物件で、1000万円以下のローンを組む場合は、その手間などの観点からリフォームローンを組むことの方が多いでしょう。

6-2.金利や返済期間の違いによる支払額シミュレーション

金利や返済期間の違いは、毎月の支払額や支払利息に大きな影響を与えます。ここでは、それらを一覧表にまとめました。返済期限を決める上で是非とも参考にしてください。

住宅ローン金利・期間別支払額まとめ

リフォームローン金利・期間別支払額まとめ

6-3.ローン申請で確定した見積り必要!早めに現地調査を依頼しよう!

ローンの申請の際には工事請負契約書の写し、または確定した見積り書が必要になります。業者を選定し、見積りを確定するまでに現地調査から最低1か月ほどかかるため、この点を考慮し、特に中古マンションの購入にともなうスケルトンリフォームでは、物件の候補が決まったら早めにリフォーム会社に現地調査を依頼しましょう。

6-4.少しでも費用を抑えるためにリフォームローン減税を活用しよう!

「住宅ローン」もしくは返済期間が10年以上の「リフォームローン」を利用する場合、住宅ローン減税という減税を受けられます。具体的には、年末のローン残高の1%が10年間毎年所得税や住民税の減税を受けられます。住宅ローン減税では、最大400万円も所得税や住民税から減税されます。

住宅ローン減税を利用した際の減税額について

※各年度で、所得税の最大減税額40万円を上回った場合は住民税から減税されます。

そのほか、リフォームローンや住宅ローン減税の詳細については、以下の記事でまとめておりますので合わせてご確認ください。

リフォームローンの全て徹底解説!金利相場や返済イメージ、会社選び等
図解!あなたが受けられるリフォ―ム減税額と申請時の注意点

 

7.まとめ

いかがだったでしょうか。戸建てのリフォームと言っても、単なる水まわりの入替えなどを行う原状回復リフォームか、抜本的なリノベーションを行うかで、費用が次のように変わってくることを実際の事例も踏まえてご理解いただけたかと思います。

原状回復を目的としたリフォーム:200~500万円
新築同然に作り直すリノベーション:1000万円以上

戸建ての全面的なリフォームでは、簡単にはやり直せないため、最初にしっかりとした将来設計が必要になります。

費用も重要ですが、まずはあなたの戸建てでどのようなリフォームをすべきかという点からしっかりと見定めるようにしましょう。

また、以下の記事にも戸建てのリフォームをする際に役立つこと間違いなしの情報が満載です。是非合わせてご覧ください。

中古住宅のリフォーム費用相場と費用を抑える3つのコツ
費用相場など戸建てスケルトンリフォーム8つの質問に完全解答
成功事例付き!費用相場など築30年リフォームを完全解説
成功事例付き!費用など築40年戸建てリフォームを完全解説
成功事例付き!費用相場など築50年リフォームを完全解説


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。