外壁のひび割れ補修にかかる費用やDIYできるかをチェック

アイキャッチ

「外壁のひび割れを発見した!直すのにいくら費用がかかるの?」とお考えのあなたにはこの記事が向いています。

外壁の補修にかかる費用は業者によって大きく異なるため悪質業者に騙されると20万円以上は損をするでしょう。

騙されないためには知識が必要です。

この記事ではひび割れ補修にかかる費用についてやDIYで直せるのか、見積もりのシミュレーション、業者に依頼する手順などを紹介いたします。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.まずは外壁のひび割れ補修に関する確認事項を知ろう

外壁のひび割れを補修する前に症状の度合いを確認しましょう。ひび割れは「クラック」と呼ばれますが、割れ目の幅や深さ、外壁素材が何かによって補修方法が変わることがあります。

まずは外壁のひび割れ補修に関する確認事項を知ろう

どちらの外壁でも基本は塗装によって補修しますが、症状が重い場合はサイディングの張り替えや重ね張り、モルタルの塗り直しなどが必要です。

1-1.外壁のひび割れの症状と緊急度を確認しよう

ひび割れが目立つ「クラック」

クラックは幅によって大まかに2種類に分かれます。

外壁のひび割れの症状と緊急度を確認しよう1

ヘアークラックは軽度のひび割れです。軽度と言っても外壁が割れていることに変わりはありませんので放置してはいけません。補修しなければ雨の侵入を許してしまうでしょう。

構造クラックは重度のひび割れで、すぐに補修が必要な状況です。雨の他にも風や虫などが侵入するため外壁のみならず建物自体の劣化を招きます。

1-2.外壁のひび割れを放置することで起きてしまう実害

ヘアークラックを放置すると徐々に割れ目が広がって構造クラックへと移行します。

構造クラックになると外壁が内部まで亀裂が入り、雨や風が侵入します。

あまりにひどい場合は雨漏りや隙間風の原因にもなりますのでクラックは軽度であっても放置してはいけません。

他にも外壁塗装の耐用年数である10年程度が過ぎた段階で調査しておくと劣化が早い段階で見つかるため被害を最小限に留めることができるでしょう。

1-3.DIYで外壁のひび割れ補修を行うメリット/デメリット

クラックの補修をDIYで行うことができないかと考える人のためにメリットとデメリットを紹介しましょう。

DIYで外壁のひび割れ補修を行うメリット/デメリット

100万円かかる工事であれば50万円程度で補修できることでしょう。外壁のひび割れ補修をDIYで行う唯一のメリットは、業者に依頼するよりも半額程度の費用ですみます。

一方でデメリットは以下の2つです。

  • 時間と手間がかかる
  • 1年で剥がれやすくなる

【デメリット1】時間と手間がかかる

業者が行えば2週間で終わる作業が、DIYでは3ヵ月かかります。業者は3人程度で行いますが、DIYだと1人ということが多いからです。慣れている職人と一般人では作業速度に2倍以上の差が生まれるでしょう。

また外壁の補修工事は非常に重労働で手間がかかる作業です。会社から帰ってきて毎日3時間の作業をしたとしても3ヵ月以上かかるため過労で倒れる危険性もあります。

【デメリット2】1年で剥がれやすくなる

クラックの補修はコーキングやモルタルで穴埋めした後に塗装することが多いです。重度のクラックの場合はV字カットと呼ばれる技法を施します。

見よう見まねであればコーキングやモルタルでの補修も可能でしょう。しかし塗装まで行うとなると成功する可能性は低いです。専門のノウハウがなければ乾燥時間や下地処理の方法が不十分となり、補修部分が1年で剥がれてしまうでしょう。

 

2.外壁のひび割れ補修にかかる費用

外壁のひび割れ補修にかかる費用

外壁のひび割れ補修にかかる費用は塗装の場合で60万円〜120万円程度です。

一般的な住宅で30坪〜40坪程度であれば屋根まで補修したとしてもこの範囲で収まることが多いでしょう。

外壁のひび割れ補修にかかる費用

外壁のひび割れ補修にかかる費用2

(※人件費+工事費内訳)

上記はあくまで一例です。複雑な構造の住宅や、使う塗料によって大きく差があります。

2-1.塗料の種類で費用が変わる。価格と特徴を確認しよう

塗料の種類で費用が変わる。価格と特徴を確認しよう

外壁補修の費用に差が生まれる要因の1つが使う塗料の種類です。住宅塗装で使用する塗料には主に以下の5種類があります。

塗料の種類で費用が変わる。価格と特徴を確認しよう

安さを重視するのか機能性を重視するのかで、選ぶ塗料は変わってきます。

アクリル系塗料の特徴

耐用年数は5〜7年。安いが耐用年数が短い。

ウレタン系塗料の特徴

耐用年数は6〜10年。シリコンよりコストパフォーマンスが悪い

シリコン系塗料の特徴

耐用年数は8〜15年。最も普及している塗料。

ラジカル系塗料の特徴

耐用年数は12〜15年。発売して間もないため信頼性に疑問がある。

フッ素系塗料の特徴

耐用年数は15〜20年。高価だが耐用年数が長い。

それぞれ一長一短ありますので、よく比較検討してみてください。

 

3.実際の見積もりをみてシュミレーションをしてみる

実際の見積もりをみてシミュレーションをしてみる

では、実際の見積もり額を算出する時にどのように計算されるのかを上の写真の住宅をイメージしてシミュレーションしてみましょう。

30坪で100㎡の住宅と想定しています。以下は屋根塗装も一緒に行った例です。

実際の見積もりをみてシミュレーションをしてみる

調整額とは、合計のキリが良くなるようにした値引き額のことでほとんどの業者が行っています。

この工事によって今後10〜15年は経年劣化による補修が必要なくなることでしょう。

 

4.外壁のひび割れ補修の手順を紹介

外壁のひび割れ補修を業者に依頼する際の手順を紹介いたします。トラブルを避けるために以下の3つをしっかりと実践して下さい。

  • 見積もりを3社以上からとる
  • 使う塗料を決める
  • 作業現場を見せてもらう

見積もりを3社以上からとりましょう

見積もりを3社以上からとりましょう

まず行うのが3社以上から見積もりを取得することです。1社や2社では悪質業者に騙される可能性があります。「2社なら大丈夫では?」と思うかもしれませんが、極端に安い業者と高い業者に別れたらどちらが悪質業者かは見抜けないでしょう。

業者選びで迷うようならリフォームガイドで見積もりを取得すれば比較的安心して選ぶことが可能でしょう。リフォームガイドは審査を通過した優良な業者のみが登録されています。その中からお客様のお住まいや要望に合った業者をピックアップし、同時に複数社から見積もりを取ることができます。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめてご紹介できます。

リフォームガイドとは?2

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

使う塗料を決めましょう

次に使う塗料を決めて下さい。基本的には耐用年数と価格で検討します。迷ったらシリコン系塗料を使用すれば間違いありません。

作業現場を見せてもらいましょう

作業現場を見せてもらいましょう

業者を絞ったら現在工事している作業現場を見せてもらいましょう。悪質業者であれば拒否するか現場を見ればわかる可能性が高いです。

現場のチェックポイントとしては「塗料が周囲に飛散していないか」や「塗料が垂れていないか」などです。

 

5.塗装作業中・作業後に確認すべきこと

塗装作業中・作業後に確認すべき

塗装工事が始まったら実施することがあります。

  • 近隣住宅への挨拶
  • 3回塗りをしているかの確認
  • 2階の窓の施錠

5-1.塗装作業中に確認すべきこと

近隣住宅への挨拶をしましょう

工事が始まると業者が近隣住民への挨拶に行きますが、あなた自身も実行したほうが良いです。塗装工事には騒音や悪臭がつきものなので近隣住民の協力が欠かせないからです。

業者だけが挨拶に来て依頼主本人が来ないと不満に思う人もいるので可能な限り挨拶に行きましょう。自宅の隣3件程度に挨拶すれば十分です。

3回塗りをしているかの確認しましょう

業者がしっかりと工事をしているかを確認する必要もあります。

一般的な塗料は下塗り、中塗り、上塗りの3回を行いますので適切に塗装されているかを確認しましょう。

下塗りは白色が多く、中塗りや上塗りとは色が違うのでわかりやすいと思います。

中塗りと上塗りは同じ色を使うことが多いので作業後に使用済みの空き缶の量を見せてもらうと良いでしょう。

2階の窓の施錠を確実にしましょう

意外と知られていないのが窓の施錠の重要性です。

工事中は足場が設置されますので泥棒が簡単に2階にたどり着けます。

普段は油断して2階の窓の鍵を開けているかもしれませんが、工事期間中は忘れずに施錠しましょう。

5-2.塗装後に必要な作業

  • 色の確認
  • 塗り残しの確認
  • 雨漏りの確認

色の確認をしましょう

稀に、指定した色と異なる外壁で仕上がることがあります。

光の当たり方ではなく明らかに色が違うという場合は業者に確認しましょう。

塗り残しの確認をしましょう

塗り残しの確認も必要です。下手な職人が塗装した場合、上から見ると正常でも下や横から見ると下地が見えているなんてことが起こりえます。

様々な角度から観察して塗り残しがないかをチェックしましょう。

雨漏りの確認をしましょう

雨漏りの確認も行いましょう。工事の際に行った高圧洗浄によって外壁に隙間ができてしまい雨漏りしやすくなる場合があります。

室内を見回して壁や天井に湿った部分がないかを調べましょう。

 

6.外壁のひび割れ補修で着目するべきポイント

外壁のひび割れ補修で着目するべきポイント

外壁補修をする際に注意したいポイントがあります。

  • 保険等が使えるケースではないか
  • 見積もりをきちんと確認する
  • 優良な業者を選ぶ方法を知る

知っておくと費用が安くなることがあるのでしっかりと確認して下さい。

6-1.保険等が使えるケースがないか確認する

住宅火災保険や総合保険などで外壁補修にお金がもらえる可能性があります。

ただし板金や屋根の張り替えならともかく、塗装に関しては保険がおりないケースが多いため気軽に利用できるとは考えないで下さい。

例としては、火災保険では火災、落雷、爆発、風害などで保険がおりる可能性があります。

自身が加入している保険内容を熟読して対象範囲を確認することが重要でしょう。

6-2.見積もりをきちんと確認する

6-2.見積もりをきちんと確認する

3社以上の見積もりを取得するのは前提条件です。その上で各項目をしっかりと確認することを忘れないで下さい。

以下では見積もりで特に注意したい点をまとめました。

税抜き表記がされていないか?

法律により2021年の3月31日まで税込み表記を行わなくても問題がありません。これを利用して税抜きでしか合計額を表示せず少しでも価格を釣り上げようとする業者が存在します。

相見積もりを取得する時に注意したい点です。

塗料の価格が上乗せされていないか?

この記事に書いてある相場は中塗りと上塗りの2回分の価格です。

これを1回塗りの価格として扱い、本来の2倍の金額を請求する業者もいます。

塗料が「一式」でまとめられていないか?

まっとうな会社なら塗料代まで一式でまとめることはありません。

足場や塗料などすべてが一式でまとめられている見積書を提出してくるのなら注意して下さい。適正な価格かどうかがわからないため、安かったとしてもその業者は避けたほうが良いでしょう。

6-3.優良な業者を選ぶ

ここでは悪質業者にだまされないためによくある手口を紹介いたします。

大手メーカーより優れた耐用年数のオリジナル塗料を勧めてくる

大手とほぼ同じ価格のオリジナル塗料で耐用年数が遥かに長いものを勧めてくる業者は危険です。

大手メーカーは常に競い合って最高の性能の塗料を研究しています。そのため現在販売されている商品以上のオリジナル塗料など存在しないでしょう。

悪質業者だとオリジナル塗料と言いつつも実際には大手メーカーの商品を再利用したものが多いです。

手抜き工事をする

3回塗りが必要な工事で2回塗りをして塗料代を節約する業者がいます。また、面倒だからといって下地処理が不十分な状態で塗装をしてしまい数年で剥がれてくることもあるでしょう。

手抜き工事は施工が完了すると手抜きを見抜くのは難しいため、工事前の見積書や作業中の様子を確認する必要があります。

いきなり直接訪問してきた業者は危険

外壁リフォームをする業者がいきなり訪問してくることは基本的にありません。

「お宅の外壁がボロボロでしたので気になって」などと訪ねてきたら悪質業者の可能性が高いでしょう。

そもそも訪問営業をするということは仕事が足りていないということです。

優良業者であれば待っていても仕事が来るので訪問営業する必要がありません。

 

7.まとめ

外壁のひび割れを塗装で補修するのなら60万円〜120万円程度の費用が目安となります。

ただし悪質業者を選んでしまうと200万円を超える可能性もあるため、見積もりは3社以上から取得して見比べるようにしましょう。

優良業者を探すのは難しいと感じるかもしれません。しかし、リフォームガイドでまとめて見積もりを取得すれば短時間で優良業者を簡単に見つけることができます。

悪質業者に騙されたくない人は積極的に見積もりを取得していきましょう。


必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォームコンシェルジュがあなたの価値観に合った
ピッタリのリフォーム会社を選びます!

10の質問に答えるだけ!

コンシェルジュに相談する

ぜひ、私たちにお任せください!

ページ先頭へ