外壁のひび割れ補修にかかる費用やDIYできるかをチェック

アイキャッチ

「外壁のひび割れを発見した!直すのにいくら費用がかかるの?」とお考えのあなたにはこの記事が向いています。

外壁の補修にかかる費用は業者によって大きく異なるため悪質業者に騙されると20万円以上は損をするでしょう。

騙されないためには知識が必要です。

この記事ではひび割れ補修にかかる費用についてやDIYで直せるのか、見積もりのシミュレーション、業者に依頼する手順などを紹介いたします。


1.まずは外壁のひび割れ補修に関する確認事項を知ろう

外壁のひび割れを補修する前に症状の度合いを確認しましょう。ひび割れは「クラック」と呼ばれますが、割れ目の幅や深さ、外壁素材が何かによって補修方法が変わることがあります。

外壁の種類 補修方法
サイディング外壁 塗装、張り替え、重ね張り
モルタル外壁 塗装、モルタル補修

どちらの外壁でも基本は塗装によって補修しますが、症状が重い場合はサイディングの張り替えや重ね張り、モルタルの塗り直しなどが必要です。

1-1.外壁のひび割れの症状と緊急度を確認しよう

ひび割れが目立つ「クラック」

クラックは幅によって大まかに2種類に分かれます。

症状 緊急性 目安
ヘアークラック 幅0.3mm以下
構造クラック 幅0.4mm以下

ヘアークラックは軽度のひび割れです。軽度と言っても外壁が割れていることに変わりはありませんので放置してはいけません。補修しなければ雨の侵入を許してしまうでしょう。

構造クラックは重度のひび割れで、すぐに補修が必要な状況です。雨の他にも風や虫などが侵入するため外壁のみならず建物自体の劣化を招きます。

1-2.外壁のひび割れを放置することで起きてしまう実害

ヘアークラックを放置すると徐々に割れ目が広がって構造クラックへと移行します。

構造クラックになると外壁が内部まで亀裂が入り、雨や風が侵入します。

あまりにひどい場合は雨漏りや隙間風の原因にもなりますのでクラックは軽度であっても放置してはいけません。

他にも外壁塗装の耐用年数である10年程度が過ぎた段階で調査しておくと劣化が早い段階で見つかるため被害を最小限に留