【ひび・欠け・剥がれ等】サイディング補修方法・費用・期間を全解説

サイディング 補修

「サイディングの劣化が気になるが、補修が必要かわからない」

「サイディングの補修にかかる費用を知りたい」

このような悩みを抱えてはいませんか?

家を建ててから何年も経過し、ふと気がついたらサイディングがボロボロになっていた、というのは珍しくありません。住宅の劣化はゆっくり進むため、変化に気づきにくいためです。

しかしサイディングの劣化に気づいた時点で補修しないと、雨水の浸入を許して建物自体の老朽化を早めてしまうかもしれません。

そこで今回は、サイディングの劣化症状から補修の必要性や適切な補修方法、かかる費用や期間などをご紹介します。劣化に応じた適切な補修を行い、大切なマイホームを守りましょう。


1.【劣化症状別】サイディングの補修方法と緊急度

まずは、サイディングの劣化症状に応じた補修方法と、緊急度を確認しましょう。

1-1.塗膜のひび割れ(幅0.3㎜以下)

塗膜のひび割れ

サイディングの表面に施された塗装の表面に、幅0.3mm以下の細かなひび割れが入っている場合には、まだ緊急度は高くありません。ただしそのまま放置すると、サイディング本体にまで劣化が進行してしまいます。

塗膜