12畳の壁紙リフォームの費用をクロスの種類別に解説!DIYとの比較も紹介

12畳リフォーム費用

壁紙のリフォームをしたいときに、「どのくらいの期間がかかるのか」「費用はいくらかかるのか」と言う事が気になるところだと思います。

家の中でペットを飼っている人や人がよく集まるリビングルームなどの壁紙をこだわりたい人も多いと思います。

今回、記事では12畳の壁紙リフォームにかかる期間と費用について以下の順に説明していきます。

  1. 壁紙・クロスについて
  2. 12畳の壁紙リフォ–ムの見積もるのか?
  3. 12畳の壁紙リフォ–ム会社の選び方
  4. DIYで12畳の壁紙リフォ–ムをするのに必要な事とは?

壁紙リフォームを考えている人は必ず知っておいて得する情報なので、期間や費用でお困りの方はぜひ参考にしてみてください。

また、リフォームガイドが実際の見積もりを集計して算出した、壁紙リフォームの費用相場はこちらからご覧いただけます。
>>データで見るクロスリフォームの費用と相場


1.壁紙・クロスについて

壁紙のリフォームを考える上で、どんな種類があるのか、壁紙とクロスの違いは何なのかを説明していきます。

1-1.壁紙とクロスの違いとは?

厳密に言えば、壁紙とクロスは別のものと考える事も出来ますが、基本的にこの2つは同一のものと考えて大丈夫です。

壁紙とは?

まず、壁紙と言われるようになった起源は日本の歴史にあります。初めは、壁に土を塗ったり、板をはるようにしていました。その後に、壁に紙を貼るようになりました。

これが起源となり、文字を見たらお分かりのように壁紙と言われるようになりました。その紙は和紙を利用されていました。

本物の和紙は、高い技術が必要でありコストがかかります。

現在はクロスのことを、昔の呼び方の名残で壁紙と呼んでいます。

クロスとは?

壁紙に対して、クロスは英語のクロース(布)が語源で、布状の内装材を指しています。

クロスは、価格が壁紙よりも安価であり、施工しやすい事もあり、一般の住宅で使われるようになりました。

素材は主にビニールで出来ており、「クロス」というと一般的にビニールクロスを指します。

ビニールクロスの他にも紙クロス、織物(布)クロス、最近は自然素材のクロスなども人気です。

1-2.自分にあった壁紙を選ぶポイント

壁紙を選ぶポイントとして、以下の3つを検討しましょう。

  1. 素材
  2. デザイン
  3. 機能性

素材

まず、壁紙を選ぶポイントは素材です。

壁紙の素材は様々なものがあり、自然素材や化学繊維を使ったものやプラスチックやビニールを使ったものもあります。

素材によってデザイン性も変わってくるため選ぶポイントとして重要です。

また、有害物質を含んでいるものがあったり、シックハウス症候群の人の体には合っていないものもあるので、家族やご自身の体に合ったものを選んでいただきたいです。

デザイン

次に選んで頂きたいポイントは、デザインです。

デザインの豊富さで言えば、ビニールクロスが一番多いのですが、他の壁紙も配色だけではなくその素材にしか出せないデザインもあります。

オシャレな壁紙にしたい方はいろんな壁紙を見て決めて頂きたいです。

機能性

壁紙によって機能性に違いがあることを知っておく必要があるのです。

ニオイを吸収する壁紙や湿度をコントロールする壁紙、また乾燥時に水分を放出してくれる壁紙など様々な機能を持った壁紙があります。

12畳のリフォームになるとそこそこ広い範囲の壁紙になるとは思いますが、機能によってもその部屋の雰囲気が変化しますので、壁紙を選ぶ上で重要項目です。


2.12畳の壁紙のリフォームをどのように見積もるのか?

12畳の部屋はスペースが広いため、多くの人はとても広く感じます。

そのため、壁紙も大きくなるのでどのくらいの費用になるのか見積もりが気になるところだと思います。

ここでは、どのように見積もりを出すのかを説明していきます。

2-1.壁紙クロスの1m当たりと1平方メートル当たりってどう違うの?<