マンションの窓リフォームは可能?リフォームの費用&方法を解説

お住まいのマンションで「窓の周辺がひんやりと寒い」「窓にびっしりと結露がつくのが気になっている」という方は多いのではないでしょうか。窓の断熱性が低いと、エアコンが効きにくくなり、光熱費も上がってしまいます。

そこで検討したいのが窓リフォーム。寒さや結露対策として効果が高く、また補助金などもおりやすいため注目されているリフォームです。
しかしマンションで窓リフォームはできるんだろうかと、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マンションで窓リフォームが実施できるかどうかについて解説します。マンションでも実施しやすいリフォームの方法や工事費用もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。


1.マンションの窓はリフォームできる?

窓リフォームができるかどうかは、各マンションの管理規約の内容によって異なります。
ほとんどのマンションで窓は「共用部分」に含まれており、許可なく交換することはできません。しかし内窓の設置であれば、リフォームできる場合が多いでしょう。

1-1.管理規約に書かれているため要確認

マンションには管理規約というルールがあり、ルールを守ってリフォームを実施しなければなりません。

基本的には管理組合が修繕積立金を使ってまとめて窓リフォームをしますが、理事長からの許可をとれば個人でもリフォームできるというのが一般的なルールです。

以下は標準的な管理規約の例です。

第22条 共用部分のうち各住戸に附属する窓枠、窓ガラス、玄関扉その他の開口部に係る改良工事であって、防犯、防音又は断熱等の住宅の性能の向上等に資するものについては、管理組合がその責任と負担において、計画修繕としてこれを実施するものとする。

2 区分所有者は、管理組合が前項の工事を速やかに実施できない場合には、あらかじめ理事長に申請して書面による承認を受けることにより、当該工事を当該区分所有者の責任と負担において実施することができる。

引用:マンション標準管理規約(単棟型)

なお上記ルールはあくまでも標準的な内容で、マンションによって管理規約の内容は異なります。必ずお住まいのマンションの管理規約の内容を確認しましょう。

1-2.内窓の設置なら実施しやすい

窓リフォームといってもさまざまな種類があり、その中でも大抵のマンションで許可がおりるのが内窓設置リフォームです。今ある窓はそのまま残し、室内側にもう1枚の窓を設置することで、断熱・防音・防犯性を高めます。

なぜ内窓の設置が実施しやすいかというと、多くのマンションで「室内側=専有部分の工事」と見なされるからです。ただし室内側といっても必ず管理規約の内容は確認し、リフォーム前に必要な申請手続きがあれば行いましょう。

【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
【事例あり】マンションで二重窓(二重サッシ・内窓)を取り付けるリフォームの費用相場
記事を読む

<