屋根や屋上の防水工事における費用や耐用年数を解説!

屋根や屋上の防水工事における費用や耐用年数を解説

「屋根や屋上の防水工事について知りたい」
「防水加工の費用や耐用年数は?」こういった疑問を持っている人も多いでしょう。

この記事では、屋根や屋上の防水加工について紹介します。内容としては、

  • 屋根や屋上に防水が必要な理由
  • 防水の種類
  • 屋根や屋上の防水工事にかかる費用や耐用年数
  • 防水工事を依頼する際の注意点

を解説していきます。適切な知識を身に着けてトラブルを防止しましょう。


1.屋根や屋上に防水が必要な理由

屋根や屋上を保護するために10年に1度は防水工事が必要です。以下では、防水をしなければいけない理由を2つ解説します。

1-1.外壁素材や建物全体の劣化を防ぐため

屋根や屋上は雨が当たりやすい部位です。このため防水加工をしなければ雨水が内部に侵入し、建物が腐食します。

建物が腐食してしまうと、最悪の場合は建て直しが必要となって2,000万円以上の費用が必要となるでしょう。屋根や屋上に防水加工をしなければ雨漏りも発生しかねません。

1-2.陸屋根や屋上の見た目を良くするため

 防水の種類によっては見た目をよくする役割もあります。FRP防水やウレタン防水が当てはまるでしょう。

防水加工をしなければ屋上などは剥き出しのコンクリートですが、塗装することでツヤが出て見栄えがよくなります。


2.屋根や屋上に利用する防水の種類

防水加工をする屋根や屋上は基本的に平らなものに限られます。傾斜がある屋根の場合は内部に専用の防水シートが張られており、表面に防水加工をすることは滅多にありません。

屋根や屋上に使う防水加工には主に3種類があります。

詳しく解説していきます。

2-1.シート防水

塩ビ樹脂やゴムを利用したシート状の素材です。シートなので塗装防水に比べると隙間があります。また、形状を変化させられないため単純な構造の屋根や屋上にしか対応していません。

「価格が安い」「工事期間が短い」「耐用年数が長い」というメリットがあります。しかし「形状が固定されているため複雑な構造の下地には利用できない」というデメリットも存在します。防水加工をする屋根や屋上の構造が単純な場合に適しています。

2-2.FRP防水

プラスチックやガラス繊維を利用した防水塗料です。塗料防水のため隙間なく施工ができます。また、屋根や屋上の形状に関係なく防水加工ができます。

「複雑な形状の下地にも使える」「工事期間が短い」「腐食に強い」というメリットがあります