災害から住宅を守る防災リフォーム|工事内容や事例・補助金制度を解説

防災リフォーム

近年、台風や豪雨などによる被害報告が増えており、自然災害への備えの重要性を感じている方も多いでしょう。地震をはじめ、台風や洪水、火災といったトラブルから住宅を守るためには、不具合を解消して耐性を高められる防災リフォームが効果的です。

本記事では、防災リフォームの工事内容や事例について解説します。補助金・助成金制度についても紹介しますので、災害に備えた住宅リフォームを検討している方はぜひご覧ください。


1.防災リフォームとは

防災リフォームは地震や台風などの自然災害に備え、住宅を補修・補強するリフォームのことです。見た目や使い勝手を整える一般的なリフォームと違い、自然災害による被害を少なくし、建物や住民の安全を確保することを目的とします。

防災リフォームの対象である災害やトラブルは、強風や落雷、火災、停電、断水、ガスの遮断などです。近年は規模の大きな自然災害が増えており、住宅の立地環境や設備などと照らし合わせて必要なリフォームを検討することが大切です。


2.防災リフォームの内容

防災リフォームでは、具体的にどのような工事をおこなうのでしょうか。ここでは、防災リフォームの主な内容を「地震対策」「暴風対策」「火災対策」「ライフライン対策」の4つに分けて紹介します。

2-1 地震対策

住宅の耐震性を高める地震対策工事は、「耐震リフォーム」や「耐震補強リフォーム」とも呼ばれます。地震対策としての建物の補強では、壁や屋根を中心に以下のような工事をおこなうのが特徴です。

  • 制震装置の設置
  • 耐力壁や耐震壁の取り付け
  • 屋根の軽量化
  • 柱や梁、土台および金物の補強・交換

外構では、地震や強風などでブロック塀が倒壊することを避けるために、ブロック塀の交換や補強、高さを低くするなどの対策が有用です。

大事な人を守れる耐震リフォーム|重要ポイントを全て解説!