屋根リフォームが必要な時期から費用相場、工事の種類まで解説

屋根をリフォームする時期は、年数と劣化状況を目安にします。以下では、具体的な年数や劣化状況を紹介していきましょう。

「屋根リフォームが必要な時期を知りたい」
「屋根をリフォームする費用の相場は?」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、屋根のリフォームをする時期や費用などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根リフォームが必要な時期の目安
  • 屋根リフォームの種類
  • リフォームする費用相場と工期
  • 屋根をリフォームする際の注意点

屋根のリフォーム時期や費用を知っておけば、放置しすぎて雨漏りしたり、工事が早すぎて改修費用を無駄にしたりすることがなくなるでしょう。


1.屋根リフォームが必要な時期の目安

屋根をリフォームする時期は、年数と劣化状況を目安にします。
以下では、具体的な年数や劣化状況を紹介していきましょう。

1-1.年数の目安

屋根をリフォームする年数の目安は10年程度です。
10年というのは、塗装をする屋根材に限られます。
粘土瓦のように塗装が不要な場合は、破損しないかぎり素材の耐用年数までは全面リフォームが必要ありません。

また、年数は大雑把な目安でしかありません。
10年が経過した時点で、屋根の劣化状況を確認してからリフォームの有無を検討しましょう。

1-2.劣化状況の目安

屋根のリフォーム時期を明確に知るためには劣化状況を確認します。
リフォームが必要な劣化状況の例としては以下があります。

  • 塗装が剥がれている
  • 屋根材が破損している
  • 雨漏りしている

他にも、業者に診断してもらって屋根材が寿命を超えていると判断された場合は、交換リフォームが必要です。