屋根にアスファルトシングルを使うメリットや施工費用を解説

「アスファルトシングルを使いたいけれどどんなメリットがあるのか」

「屋根にアスファルトシングルを取り付ける工事費用を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。
アスファルトシングルとは、薄いシート状で主に石粒が付着している屋根材を指します。

この記事では、屋根にアスファルトシングルを使うメリットや費用相場を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根にアスファルトシングルを使うメリットとデメリット
  • アスファルトシングルと他の屋根材の違い
  • アスファルトシングル屋根にする場合の費用相場
  • 屋根にアスファルトシングルを使う場合の注意点
  • アスファルトシングル屋根のメンテナンス方法

アスファルトシングルのメリットとデメリットを把握せずに利用すると思わぬトラブルによってストレスがたまります。費用相場と一緒にチェックしてみましょう。


1.屋根にアスファルトシングルを使うメリットとデメリット

アスファルトシングルには軽量というメリットがある一方で、風で吹き飛びやすいデメリットもあります。
メリットとデメリットの両方を把握して、自宅に最適な素材かどうかを判別しましょう。

1-1.メリット

屋根にアスファルトシングルを利用するメリットは以下の4つです。

  1. デザイン性に優れている
  2. 割れにくい
  3. 錆びない
  4. 軽量で耐震性が高い

具体的に解説していきます。

1-1-1.デザイン性に優れている

アスファルトシングル材はシート状で加工しやすいためさまざまなデザインが存在します。
石粒も付着しているため凹凸が多く、デザイン性が高い屋根材だと言えるでしょう。

1-1-2.割れにくい

シート状の素材のため、アスファルトシングルはひび割れの心配がありません。
瓦やスレート材ではひび割れが発生して雨漏りを引き起こすこともあるでしょう。

また、スレートや金属屋根だと仕上げ材を固定するためにビス打ちをします。
ビスの部分が劣化してひび割れを引き起こすこともあるでしょう。

その点、アスファルトシングルにはビスがないため割れる心配がありません。

1-1-3.錆びない

一般的な金属屋根では錆が発生します。
錆が発生すると雨が侵入して雨漏りを引き起こしたり、屋根内部を腐食させてしまったりするでしょう。

アスファルトシングルなら、金属素材ではないため錆びる心配がありません。

1-1-4.軽量で耐震性が高い

アスファルトシングルは、シート状のため屋根材の中でも特に軽量です。
屋根が軽いほど住宅全体への負担が少なく、耐震性が高まります。
軽量な素材のため既存屋根の上から新しい屋根材をかぶせる「カバー工法」にも適しています。

1-2.デメリット

アスファルトシングルを屋根材として使う場合、4つのデメリットがあります。

  1. 風で吹き飛びやすい
  2. 耐久性が低い
  3. カビが生えやすい
  4. 施工業者が少ない

メリットばかりに気を取られて失敗しないようぜひチェックしてみましょう。

1-2-1.風で吹き飛びやすい

軽量なアスファルトシングルは、風で吹き飛びやすいデメリットがあります。
屋根に貼り付けられているため簡単に吹き飛ぶことはありませんが、暴風や台風が来た場合は剥がれるおそれがあるでしょう。

1-2-2.耐久性が低い

アスファルトシングルは薄いシート状の素材のため耐久性が低いです。
屋根材の耐久性は厚さに比例する傾向があるため、スレートや金属よりも劣化しやすいでしょう。

1-2-3.カビが生えやすい

表面に石粒が付着していて凹凸が多いため、アスファルトシングルは湿気が溜まる性質があります。
隙間に水滴が付着しやすいため、カビが発生しやすいのです。
他の屋根材に比べてカビが生える頻度が高く、定期的なメンテナンスが求められます。

1-2-4.施工業者が少ない

アスファルトシングル材は日本では利用頻度が低いため、取り扱っている業者が少ないです。
業者探しで時間をかけたくない人には向いていない屋根材と言