屋根をガルバリウム鋼板にするデメリットや費用をチェック!

ガルバリウム鋼板とはアルミニウムや亜鉛、シリコンによって作られた金属製の屋根素材です。従来の金属素材の弱点であった「耐久性」を向上した屋根材として幅広く利用されています。この記事では、ガルバリウム鋼板の詳細について紹介します。具体的には

  • ガルバリウム鋼板のメリットとデメリット
  • ガルバリウム鋼板の種類
  • ガルバリウム鋼板の耐用年数
  • 工事にかかる費用

を解説していきます。ガルバリウム鋼板の特性を理解すれば、自分の家の屋根に必要かどうかを判断して屋根工事の費用を節約できるでしょう。


1.ガルバリウム鋼板を屋根に使うメリットとデメリット

ガルバリウム鋼板は他の屋根素材に比べて以下のメリットとデメリットがあります。

それぞれの特性を詳しく説明していきましょう。

1-1.屋根材をガルバリウム鋼板にするメリット

他の屋根素材に比べて軽量なため、耐震性が高まります。屋根は軽いほど地震に強くなるため、軽量であるほど安全性が増すでしょう。ガルバリウム鋼板は他の屋根素材に比べると勾配の影響を受けにくい素材です。

一方で、同じ部位に水が長時間溜まると劣化しやすいため平らに近い屋根には適していません。金属製の屋根としては錆びにくいという特徴も備えています。劣化に強い金属屋根素材を選びたいのならガルバリウム鋼板が向いているでしょう。

1-2.屋根材をガルバリウム鋼板にするデメリット

ガルバリウム鋼板は施工が難しいといわれています。このため施工技術がない業者が工事をすると欠陥が生じる可能性があります。

また、他素材に比べるとガルバリウム鋼板は費用が高額になる傾向があります。金属屋根のため熱を吸収しやすく、断熱性が低いというデメリットもガルバリウム鋼板の特徴です。