屋根をガルバリウム鋼板にするデメリットや費用をチェック!

ガルバリウム鋼板とはアルミニウムや亜鉛、シリコンによって作られた金属製の屋根素材です。従来の金属素材の弱点であった「耐久性」を向上した屋根材として幅広く利用されています。この記事では、ガルバリウム鋼板の詳細について紹介します。具体的には

  • ガルバリウム鋼板のメリットとデメリット
  • ガルバリウム鋼板の種類
  • ガルバリウム鋼板の耐用年数
  • 工事にかかる費用

を解説していきます。ガルバリウム鋼板の特性を理解すれば、自分の家の屋根に必要かどうかを判断して屋根工事の費用を節約できるでしょう。

 

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.ガルバリウム鋼板を屋根に使うメリットとデメリット

ガルバリウム鋼板は他の屋根素材に比べて以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

デメリット

軽量なため耐震性が高まる

施工が難しい

屋根の勾配の影響を受けにくい

費用が高額

金属屋根としては錆びにくい

断熱性が低い

それぞれの特性を詳しく説明していきましょう。

1-1.屋根材をガルバリウム鋼板にするメリット

他の屋根素材に比べて軽量なため、耐震性が高まります。屋根は軽いほど地震に強くなるため、軽量であるほど安全性が増すでしょう。ガルバリウム鋼板は他の屋根素材に比べると勾配の影響を受けにくい素材です。

一方で、同じ部位に水が長時間溜まると劣化しやすいため平らに近い屋根には適していません。金属製の屋根としては錆びにくいという特徴も備えています。劣化に強い金属屋根素材を選びたいのならガルバリウム鋼板が向いているでしょう。

1-2.屋根材をガルバリウム鋼板にするデメリット

ガルバリウム鋼板は施工が難しいといわれています。このため施工技術がない業者が工事をすると欠陥が生じる可能性があります。

また、他素材に比べるとガルバリウム鋼板は費用が高額になる傾向があります。金属屋根のため熱を吸収しやすく、断熱性が低いというデメリットもガルバリウム鋼板の特徴です。

 

2.屋根に使うガルバリウム鋼板の種類と耐用年数

屋根に使えるガルバリウム鋼板は工法によって「縦葺き」と「横葺き」の2種類にわかれます。種類にかかわらずガルバリウム鋼板の耐用年数は25年以上と考えられています。一部では30〜50年ともいわれていますが、実際には20〜30年程度を目安にしておくとよいでしょう。

では、縦葺きと横葺きでは何が違うのでしょうか?

縦葺き

「縦葺き」はトタン屋根とも呼ばれ、勾配にほとんど左右されずに施工できるガルバリウム鋼板の工法です。地面から見上げたときに縦向きに設置されています。

横葺き

「横葺き」はガルバリウム鋼板で頻繁に利用されている工法で、2.5寸を超える勾配がなければ施工ができません。地面から見上げたときに横向きに設置されています。

 

3.屋根をガルバリウム鋼板にする際の費用相場

ガルバリウム鋼板を使って屋根のリフォームをするには「カバー工法」と「葺き替え工法」の2種類から工事方法を選びます。「カバー工法」は既存の屋根にガルバリウム鋼板を重ね張りする工事方法です。

一方、「葺き替え」は既存の屋根を全て剥がしてガルバリウム鋼板を張り直す工事方法です。どちらの工法を使うかは屋根の劣化状況や工事費用で決めます。屋根内部の劣化が激しい場合は既存素材を剥がさなくてはいけないため、カバー工法が使えません。

ただし、屋根内部があまり劣化していないのであれば費用が安いカバー工法が使えます。

費用相場は、30坪程度の住宅を例にすると、

  • カバー工法 60〜90万円
  • 葺き替え 80~120万円

上記が目安となるでしょう。ガルバリウム鋼板のなかでも材料費が高い商品を使うと10〜20万円ほど高額となる可能性があります。屋根の面積や撤去する屋根素材、張り替え後の素材によって費用は変動します。自宅における正確な工事価格を知りたい場合は業者に見積もり依頼をしなくてはいけません。

 

4.ガルバリウム鋼板を屋根に使う際の工事手順

ガルバリウム鋼板を使って工事を行う手順を知ることで、手抜きをする業者を判別することができます。手抜き工事をされると、リフォームをしても数年で再補修が必要となります。知らないうちに騙されてしまわないよう、工事手順を把握しておきましょう。

4-1.カバー工法の手順

カバー工法の主な手順は以下のとおりです。

  1. 足場設置
  2. 下地処理
  3. 新材建込み
  4. 金物類取り付け
  5. 足場解体

全体としては5日〜10日程度で作業が完了します。既存の屋根の上から下地処理をして、新しい材料を張り付けるため、葺き替えに比べて2〜3日ほど工期が短くなるでしょう。業者の手抜きをチェックするとしたら「下地処理を適切に行なっているか」という点です。下地処理では防水シート作業(ルーフィング)がありますが、シートが適切に張られていないと雨漏りの原因となるため作業状況はチェックしておきましょう。

4-2.葺き替えの手順 

葺き替えは以下の手順で行います。

  1. 足場設置
  2. 既存屋根の解体
  3. 下地処理
  4. 新材建込み
  5. 金物類取り付け
  6. 足場解体

全体としては7日〜11日程度で作業が完了します。既存屋根の解体作業があるためカバー工法に比べてやや工期が延びるでしょう。葺き替えで気をつけるべき点はカバー工法と同じくルーフィング作業です。防水シートをしっかりと張っているかをチェックしておきましょう。既存屋根の解体が丁寧に行われているかも確認しておくと安心できます。

上記の工期は最短での作業日数です。職人の休日や天候不良によって工期は延びる可能性があります。

 

5.業者に騙されないために悪徳業者を見抜く方法

屋根の工事では悪徳業者が存在します。しかし、以下の3つの対策をとるだけで悪徳業者の大半を見抜くことが可能です。悪徳業者への対策をしておけば無駄な費用を使うことがなくなるため、屋根工事をする前にポイントをチェックしておきましょう。

5-1.相見積もりをとる

屋根工事をする際には3社程度から見積もりを取得する「相見積もり」を行いましょう。相見積もりを行えば高額すぎる見積もり金額や、工事内容の不可解さに気づきやすくなります。相見積もりをする際は、同じ工事条件と屋根素材で見積もりを依頼してください。工事条件が違う見積もりでは比較ができないため意味がありません。

5-2.見積書の具体性を確認する

見積書は具体的に記載されているほど信用性が高いです。屋根素材の欄に「ガルバリウム鋼板」とだけ書かれている会社より、商品名とメーカー名が詳しく記載されている業者を選びましょう。

また、見積書の項目が他社と比較して少ない業者は注意してください。悪徳業者は項目を簡素にして抽象化することで、見えない部分で高額な費用を請求してくる場合があります。

5-3.訪問営業の業者は絶対に避ける

屋根工事をする場合、訪問営業でやってきた業者に依頼してはいけません。屋根工事で起こるトラブルの多くが訪問営業の業者によるものです。個人住宅に訪問営業するということは、ゼネコンやハウスメーカーからは相手にされず仕事がもらえない会社ということです。技術的に問題があるか悪徳業者の可能性が高いため、訪問営業の会社は避けましょう。

 

6.まとめ

ガルバリウム鋼板とは、軽量の金属屋根のなかでも耐久性に優れた素材です。メリットは軽量で耐震性が強いことですが、デメリットとして費用が高額になりやすいという特徴があります。ガルバリウム鋼板による屋根工事は、30坪程度の住宅だとカバー工法で60〜90万円、葺き替えでは80〜120万円程度が費用の目安となるでしょう。

また、屋根工事ではガルバリウム鋼板以外にも多くの素材があります。屋根をガルバリウム鋼板以外で補修したい人は「屋根のメンテナンス費用から工事が必要な時期までチェック!」を確認すると、迷わず屋根素材を選ぶことができるでしょう。

 


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

※個人情報は一切公開されません

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。