スレート屋根のメリットや補修方法、寿命、費用を解説!

「スレート屋根ってどんな特徴があるの?」
「スレート屋根に変える場合にかかる費用を知りたい」
このような疑問をもってはいませんか?

「スレート屋根」とは、セメントなどを利用して作る厚さ5mm程度の屋根材です。
「カラーベスト」や「コロニアル」とも呼ばれます。

この記事では「スレート屋根」に関する以下のことを紹介します。

  • 屋根をスレートに変えるメリットとデメリット
  • スレート屋根に変える際の費用相場
  • スレート屋根の耐用年数
  • スレート屋根の補修を業者に依頼する手順

スレート屋根のメリットや費用を知って、自分に適した屋根素材を選びましょう。


1.屋根をスレートにするメリットとデメリット

屋根素材をスレートにするメリットとデメリットを把握すると、費用と耐久性のバランスを把握できるため屋根工事にかかる費用を抑えやすくなります。

スレート屋根には以下のメリットとデメリットがあります。

1-1.スレート屋根のメリット

スレート屋根は、瓦と比べて軽量の屋根素材です。屋根は軽いほど耐震性が増すため、地震で崩れにくい素材を使いたい場合はスレート屋根が向いています。

また、スレート屋根は価格が安いため、屋根工事の予算が捻出しにくいときに適しています。屋根の交換が必要だけれど費用を抑えたい人は、スレート屋根を選びましょう。

スレート屋根は工事できる業者が多いこともメリットのひとつです。工事が難しい素材だと依頼先を探すだけで時間がかかります。しかし、スレート屋根であれば業者選びで困ることは少ないでしょう。

1-2.スレート屋根のデメリット

スレート屋根はひび割れが起こりやすいデメリットがあります。薄い板のため耐久性が低く、破損しやすいのです。

瓦に比べると寿命が短いのもスレート屋根の欠点です。寿命が短いと劣化が早くなるため雨漏りなどが起こりやすくなります。

スレートはメンテナンス頻度が高い屋根素材です。10年以上も塗装しないで放置すると屋根はボロボロになるでしょう。メンテナンスの手間を省きたい、耐久性の高い屋根材を使いたいという人にはスレートはオススメできません。